@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:鶏ガラ醤油

お目当ての食堂さんの駐車場が13時過ぎで満車、仕方ないので脇道に進入したらラーメン幟がはためいているではあ~りませんか!! スナックの様な外観ですが営業中の看板ありますので突入です。

DSC_5971
DSC_5969

店内はカウンターとテーブル2つの構成、郊外スナックの内観ですね。椅子も含めて居抜き物件だと思います。先客のおばさまはカウンターで日替わりを食べられていました。

DSC_5967

注文は「ラーメン定食(700円)」、待つこと10分弱で配膳、一品おかずにサラダも付いて中々お得な構成になっていますね^^

DSC_5955

スープは鶏ガラ醤油、キリッと醤油が前面にでたシャープな味わい。麺は中細で若干の縮れ、黄色味の強いツルツル麺です。脂身少なく歯応えの良いチャーシューは2枚で大きなサイズ、他の具材はシナチク・もやし・青ネギです。オーソドックスな昔風のラーメンですがなかなかの出来栄えだと思います。

DSC_5959
(。-ω-)ノll
DSC_5961-b

ちくわと大根の煮物は優しい味わい、サラダはマカロニも入ってボリューム感ありますね。食後には珈琲も出して頂き暫しまったり...

DSC_5957
DSC_5965

大将と少し話をさせて頂きましたが昨年の11月オープン、休みは特に決まってなく昼と夜の営業を頑張られているとのことです。定食は他に6種ありましたので次回はとんかつ定食を頂きましょう!!

(お店の情報)
つねちゃん食堂
電話:不明

小学校の遠足で訪れて以来の池田動物園さん、数十年ぶりに動物たちを観にやって来ました。京山の斜面を切り開いて檻を設置した珍しい構造の動物園、気温がかなり低い休日...南国の動物たちは動きが止まっていましたΣ(・口・)

DSCF2491-b
DSCF2493
DSCF2524

一通り見学しお腹も空いたので園内の「ものしり食堂」さんでランチを頂きましょう。売店と食堂は一つの建屋、レジで食券を購入し食堂の窓口でスタッフさんに手渡し、出来たら引き取りに伺うセルフ方式です。

DSCF2495
DSCF2568

注文は「いけだラーメン(560円)」「チャーハン(610円)」、待つこと10分少々で出来上がり、身体が冷えたのでラーメンから頂きましょう!!

DSCF2584

スープは鶏ガラ醤油、スッキリした味わい...何だか幼少期に頂いた記憶のあるスープです。麺は中細ストレート、デフォで少し軟いです。チャーシューは脂身のない歯応えの良いものが2枚、他の具材はシナチクと青ネギ...動物園名付いていますが、それほど特徴は感じませんでした。

DSCF2586
DSC_5749-b

チャーハンも以前頂いたことのある懐かし味わい、パラパラで癖のない味わいはラーメンと一緒に頂くのに最適ですね。量は多くないのでセットで丁度良いくらいでした^^

DSCF2589

池田動物園は元岡山藩主池田詮政氏のお孫さんが昭和28に開園されました。岡山市民にとても馴染みのある地元動物園、色々運営は大変なご様子ですが末永く続いて欲しいですね!!

(お店の情報)
ものしり食堂
086-252-2131

外観が素晴らしい神田の「栄屋ミルクホール」さん、周りはビルの多い立地ですが当店の一角だけは時間の流れが止まったままの印象です。コカ・コーラ看板&白暖簾が当店の特徴ですが惚れ惚れするバランスの良さですね^^

DSC_5609

店内もテーブルと丸いすだけのシンプルな構成、昭和食堂さんに有りがちな雑多感は皆無、白い壁にはメニューボード&メニュー札が掛かっています。

DSC_5613

注文はラーメン(650円)とおにぎり(120円)、待つこと6~7分でやって来ました。ラーメンは鶏ガラ醤油スープ、野菜と昆布出汁も入っているそうです。昔ながらのあっさりした味わい、食堂系ラーメンですね。

DSC_5622
DSC_5625

麺は中細ストレート、デフォで若干軟いでしょうか。しっかりした歯応えのチャーシューは中サイズ、シナチクは太めで存在感有り、白ネギと小松菜もありました。今風のラーメンではありませんが、鶏ガラの旨さをしっかり味わえます!!

(。-ω-)ノll
DSC_5632

おにぎりは大きめですね、海苔はご飯を挟んで端をそのまま上に向けています。具材は鮭のほぐし身、シンプルながら味わい深いおにぎり、鶏ガラ醤油ラーメンに合います。お新香も二切れ付いていました!

DSC_5620

創業は昭和20年、終戦直後ですね。店名のミルクホールは牛乳を飲ませるお店だったことに由来するそうです。都内の昭和食堂・大衆食堂さんの中でも外観・内観のバランス良さはトップクラス、店主さんもまだお若いので平成の次も安泰でしょう(*^^*)

(お店の情報)
栄屋ミルクホール 
03-3252-1068

寒風を突いて同僚とランチに訪れたのは辰巳の餐休さん、当店と高柳店はサンエイフーズさんの運営、他の餐休さんとは経営が違うようですね! 自宅からも近いのですが数年ぶりの訪問です。

DSC_5511

以前はえびめしやさんが営業されていた建物を居抜きで使われています。テーブル配置は以前とほとんど変わらないような気がします。

DSC_5532-b
謎の文言...
DSC_5529

注文は支那そば(700円)とチャーシューまぜご飯(165円)、待つこと6~7分で着丼。定番の組み合わせでしっかり栄養補給です^^

DSC_5518

支那そばのスープは綺麗な鶏ガラ醤油、鶏油浮かんでいますが癖のないあっさり仕様です。麺は細麺ストレート、デフォで少し硬め、コシも適度にあります。チャーシューは歯応えの良い中サイズが2枚、肩ロースなので脂身は少ないです。他の具材はシナチクと青ネギになります。

DSC_5523-b

チャーシューまぜご飯、チャーシューはかなり細かいですね、片というよりミンチ状態、温かいご飯に混ぜ込んでちょっと独特なチャーシュー丼になっていました^^;

DSC_5520

大雲寺始祖店直系の泉田本店さん・江崎総本店さんとは微妙に違う伝統の支那そば、食べ比べも面白いですね!!

(お店の情報)
支那そば 餐休 辰巳店
086-244-3939

今日は午後一で新宿の取引さんと打ち合わせ、近隣で美味しいラーメンを探すと「しろ八」さんがヒット、12時20分と微妙な時間帯でしたが入れ替わりで待つことなく席に付けました!

DSC_4995

鍵の字型カウンターだけのこじんまりした店内、入り口横の券売機で発券し席に着いてから食券を手渡します。男性お二人での切り盛り、お二方ともそこそこの年代で落ち着いた雰囲気をお持ちです!

DSC_4983

注文は「追鰹醤油ラーメン(730円)」、待つこと7~8分で着丼、赤い模様が非対称に入ったお洒落な丼です。スープは鶏ガラ醤油ベースに野菜の甘みと節が加わった独特の味わい、見た目よりすっきり感ありますが奥深さが感じられます。

DSC_4987

麺は中太ストレート、シャキッとした食感が印象的なツルツル麺、西日本ではあまり見かけない仕様です。チャーシューは横長で脂のバランスいいタイプが一枚、適度に濃厚で美味しいです。期間限定の青菜は小松菜を品種改良した江戸菜、シャキシャキ食感もありすっきりスープに合っていました。

DSC_4992

レベルの高いオリジナルスープの美味しいラーメン、都内のラーメンはやはり一味違いますね、ご馳走様でした^^

(お店の情報)
しろ八 (しろはち)
03-3341-0207

↑このページのトップヘ