@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:鶏ガラ醤油

盛夏の中をランチに伺ったのは沖新町の「香風食堂」さん、久々の訪問です。お昼少し前でしたが店舗前の駐車場は満車、相変わらずの人気店です。

DSC_9754

店内は満席でしたが、カウンター端が一席空いたので待つことなく着席、座るとすぐに水が出てきて注文を取ってくださいます、抜群の段取りです^^

DSC_9736-b

注文は「そばランチ(750円)」、待つこと3~4分でラーメンが着丼、その後すぐに”ちょいのせ丼”も到着です。スープは濃い目の鶏ガラ醤油、醤油が前面に出て且つ濃い目の味わいです。

DSC_9741

麺は中細ストレート、デフォで少し硬めの仕上がりです。チャーシューは脂のバランスが良い中サイズ3枚、食感硬めですが濃厚な味付けは好みです。同様に濃い目のシナチクと青ネギの構成になります。

(。-ω-)ノll
DSC_9751

今日のちょいのせ丼は、親鶏の唐辛子和えです。親鳥のしっかりした食感と辛口の味付けは大人の味わい、炊きたて白ご飯にとても合いますね!!

DSC_9745

鶏ガラ醤油スープは数年前に頂いたときよりかなり濃い目になっていました、甘さの少ない醤油感際立つスープはキレがありますが、かなり濃口な味わいは好みが別れるように思いました!

(お店の情報)
香風食堂(かふうしょくどう)
086-422-5521

蒸し暑いウィークデー、梅雨も終盤に来て本領発揮、そろそろ明けて欲しいですね。新規開店のラーメンを頂きに訪れたのは北区野田の「花ざかり 野田店」さん。近隣でステーキメインのお店を営まれていますが今回はラーメン業界に進出です。駐車場の一角にこじんまりした店舗を建築、コンテナハウスの様な外観です。

DSC_9367

店内はカウンターのみ6席、入り口の番号札を取ってカウンター奥から詰めて座ります。通常メニューは中華そばとご飯だけ、ご飯有無はカウンターでスタッフさんに告げます。

DSC_9374

中華そば(750円)を注文、待つこと5~6分で着丼、配置が綺麗なラーメンは見た目で美味さが伝わってきますね^^ スープは鶏ガラ醤油、癖のない味わいの中に鶏出汁がしっかり出ています。

DSC_3379

麺は中細ストレート、デフォでいい塩梅の硬さ、加水率もスープに合わせてあるようで馴染んでいます。チャーシューは脂身のバランスが良くあっさり中サイズが4枚、他の具材はゆで卵半身・細もやし・シナチク・青葱・かまぼこです。全体バランスはよく最初から完成度高い中華そば、何処かで頂いた懐かしい味わいを思い起こす記憶スープ、私は好みの中華そばでした^^

(。-ω-)ノll
DSC_3380

偶然裏メニューを発見、掲示は一箇所だけ...途中で見つけたので注文は次回送り、裏メニューを頂いてから再口コミしたいと思います!!

(お店の情報)
花ざかり 野田店
086-230-6655

湿度が異様に高い文月序盤戦、こう蒸し暑いと外出が億劫になりますね。おぼつかない足取りでランチに伺ったのは京町の「中華家庭料理 浩源」さん、2017年3月新規オープンの大陸中華さん、以前喜来屋さんがあった場所に居抜きで入られました。

DSC_9144

店内は奥に長い構造、入り口は西側ですが裏道の東側からも入店出来るようです。老舗中華のジットリ感は皆無、整然とした雰囲気の店内です。

DSC_9126

定食はほぼラーメンとのセットになっています。今回はその中から「エビチリ+ラーメン+ライス(950円)」を注文、待つこと10分少々で配膳です。

DSC_9128

ラーメンは中華系ではなく食堂系のビジュアルですね。スープは鶏ガラですがかなりあっさり、癖のない味わいです。麺は中細で若干の縮れ、デフォで軟らかいです。チャーシューは厚みがあり歯応えの良い中サイズが1枚、他の具材はシナチク・青ネギです。

(。-ω-)ノll
DSC_9139

エビチリは辛めの仕様、奥深さはなくケチャップの味が前面に出た仕上がり、白ご飯のおかずには良いかもしれません。

DSC_9136

ラーメン定食だけで12種、一品料理も数多くラインナップ、コース料理も安価なので再訪し色々試したいと思います^^

(お店の情報)
中華家庭料理 浩源
086-230-1851

霧雨が降る中をランチに訪れたの中区山崎の餐休さん、大雲寺直系なのか不明ですが20年ほど前に伺った記憶ありますのでかなりの老舗であることは間違いありません。オレンジ色の看板目立ちますが幹線道から少し中に入っているため見落とす可能性大です^^;

DSC_9070

店内はテーブル・カウンター・小上がりとフルラインナップ、外観から想像するよりかなり広いです。作りは居酒屋ですね、夜はそちらがメインになると思われます。

DSC_9056-b

注文は支那そば(680円)、カウンター内の厨房で大将が手早く作ってくださいます。待つこと5分程度で着丼、綺麗な鶏ガラ醤油スープ、開店直後&店休明けで仕上がったばかりのスープはコクの中に旨味があり好みの仕上がり、山陽店で感じた生姜風味も皆無でシャープな味わいでした。

DSC_9060

麺は細麺ストレート、デフォで少し硬め、コシがしっかり出る麺です。チャーシューは歯応えの良い中サイズが2枚、若干塩辛いでしょうか、脂身はほとんどありません。他の具材はシナチクと青ネギ、葱も切った直後でシャキシャキ感ありました。

(。-ω-)ノll
DSC_9067

ドンピシャのタイミングでスープ&麺&具材がとてもバランス良く纏まっていました、泉田本店を凌ぐ味わいに満足です^^

(お店の情報)
支那そば餐休 山崎店
086-276-2077

マイレビさんのリクエストで訪れたのは倉敷市羽島の「萬福食堂」さん、その外観の凄さは岡山では勿論、全国区でも有名な名物ラーメン店さん、前回訪問は2014年7月なので3年ぶりになります。

DSC_8753

店内は少し綺麗になっていました、爪楊枝細工が素晴らしかった冷水機も新品に!! メニューに無かった焼き飯もラインナプ、娘さんが手伝いに入られメディアの取材も受けられていました!!

DSC_8730-b
DSC_8736
DSC_8727

注文は「やきぶたラーメン(650円)」「焼き飯(350円)」、焼き飯はカウンター脇にラップ包状態で置かれていましたので少し大きめなサイズを選択、電子レンジで温めてもらうことも出来ましたが、今回はそのまま3人でがっつきました^^; 冷めていましたので本来の味わいではないですが、昔懐かしい味付けの焼き飯、具材は玉子・人参・玉ねぎ・ネギ・チャーシュー片、萬福ラーメンのお供に最適です。

DSC_8735
DSC_8726

暫くして「やきぶたラーメン」着丼、スープはお馴染みの鶏ガラ醤油、醤油の甘辛さは前面に出ていますが癖のない味わいは素晴らしいですね!

DSC_8741

麺は中サイズストレート、加水率は低くちょっとボソボソ食感ありますが、濃厚なスープには合っています。チャーシューは大鍋で煮込まれ濃厚で素晴らしい味わい、いい塩梅でホロホロ崩れるのも特徴です。

(。-ω-)ノll
DSC_8750

他の具材はシャキシャキもやし・シナチク・青ネギ...今流行のラーメンではなく古き良き懐かしい味わいですが、甘辛い鶏ガラ醤油スープはファンも多く、平日でも混み合う倉敷の銘店です!!

(お店の情報)
萬福食堂
086-425-4856

↑このページのトップヘ