@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:鶏から

水無月になっても朝晩は涼しい状態が続きますね! 晴天の中をランチに訪れたのは門田屋敷の「雄華」さん、交通量の多い国道沿いの立地、この場所はかなり以前ステーキの三田屋さんがあった場所ですよね!!

DSC_8756

店内は外観同様こじんまりしています、厨房前のカウンター席と壁際のテーブル席、13時過ぎで先客2名さん、カウンター中央部に席を構えます...右側から鋭い視線を感じ振り向くと...大きな招き猫が手招きしてました(ΦωΦ)ニャー

-b
DSC_8768

注文は「日替わりランチ(850円)」、大将が厨房で勢い良くフライパンを振ってくださいます、6~7分で配膳、メインの他にサラダ・小鉢・冷奴・スープが付いています。

DSC_8763

今日のメインは”豚肉とじゃがいもとにんにく茎の炒め”、サブは”鶏のから揚げ”です。メインはしっかり量がありました、全体的にしっとりした食感、にんにく茎が味のアクセントになっており白ご飯が進みます。鶏の唐揚げは甘辛いタレが掛かっており好みの味わいでした!

DSC_8767

新しい中華屋さんが出来ているな~...と思って10年以上、やっとこさ訪れることが出来ました^^;

(お店の情報)
雄華 (YUKA)
086-272-2300

気温上昇と共に花粉飛散量も増えていますね、今日も目を真っ赤にしながらランチに訪れたのは西荻南の路地裏に佇む「多摩家」さん、今年で9月で創業50年を迎えられる威風堂々の昭和食堂さん、狭い路地裏に位置する当店、その激渋の外観はうっとりするほど素敵です(・∀・)
 
DSC_6611

店内はかなり手狭です、席数はカウンター4席ですが実質手前の3席だけです。今日は一番乗りだったようで入店するとお母さんは椅子に座ってのんびりされていました! 厨房への移動は一旦外に出る必要があるようですね。
 
DSC_6616-b

注文は日替り定食(600円)、お母さんが手際よくお膳に並べてくださいます。待つこと5~6分で完成、今日のメインは鶏から、小鉢が4つも付いてお得な内容です。
 
DSC_6619

鶏からは既に揚げてあったようで少ししんなりしていますが、丼ご飯が進む味わい、付け合せのスパゲッティ・サラダも量が多目です。小鉢はもやし和え・厚揚げの餡掛け・こんにゃく煮・大学芋、家庭的な味わいでどれも美味しいです。
 
DSC_6622

御年80歳のお母さん、今も現役で厨房に立たれています。末永く素敵な食堂を守り続けて欲しいですね^^

(お店の情報)
多摩家 
03-3334-7075
 

取引先の台湾企業がビッグサイトに出展、慰労&懇親会で青物横丁駅近隣の「まかないや」さんに伺いました。ビルは改装中で入り口が少し分かり難くなっていますが駅から徒歩数分と便利な立地ですね。
 
DSC_0239

店内は半個室とカウンター席に分かれています、うなぎの寝床のように縦に長い構造、カウンター席は奥の厨房前に位置しています。当方は5人グループなので手前の半個室に入りました。
 
DSC_0241

生ビールで乾杯、その後三々五々に好きなアテを注文します。台湾企業の方は刺し身が好きなのでマグロ・カツオ・三種盛りと刺し身皿が3つも来ました^^; どれも新鮮で美味しいですが量はそれほど多くありません。
DSC_0246

DSC_0249

DSC_0250

DSC_0245

甲羅に入ったカニグラタンは定番の味わい、だし巻きは一つのサイズが大きく食べ応えあります。豚の角煮はしっかり煮込んでトロトロ、しらこポン酢は代金の一部を大震災に寄付されるということで人数分を注文、鶏唐はカラッとあがってビールのアテに最適ですね。
DSC_0256

DSC_0260

DSC_0258

DSC_0243

DSC_0251

最後にクラッカーと玉葱かき揚げを注文、このかき揚げはカラッと香ばしくあがっており出色の出来、水分が適度に飛んでサクサク食感、次回訪問時も必ず注文したいです。
 
DSC_0261

DSC_0254

DSC_0263

台湾企業の若き二代目はお酒がとても強く半端な量では酔いません、生ビール&ハイボールをグイグイ呑まれています^^; 当方は焼酎湯割りに切り変えマイペースを保ちつつビジネスの話で最後まで盛り上がりました!!

(お店の情報)
まかないや 青物横丁店
03-5461-1788
 

↑このページのトップヘ