@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:鴨せいろ

知人の御見舞を済ませランチに訪れたのは泉田の「とち蕎麦」さん、自宅からも近いのでちょくちょく訪れています。開店時間少し前に訪問、準備が整ったようで早めに入れて貰えました^^

DSC_3580
店頭の(。-ω-)ノll
DSC_3583

この時期は年越しそばで忙しいでしょうからアルバイトのスタッフさんも2名いらっしゃいますね。友人と入口近くのテーブル席に着きメニューを眺めます。

DSC_3578

注文は「鴨せいろ 大盛り(1300円)」、待つこと7~8分で配膳、大盛りなので蕎麦はボリュームありますね^^ 薬味は葱・大根おろし・山葵の3種です。

DSC_3591

蕎麦は細切り、風味は若干弱いですが喉越しの良いタイプ、二八仕様で鴨汁にあいます。鴨つけ汁は脂がいい感じで溶け出していますがしつこさはありません、長ネギが良い役割を果たしているようです。鴨肉は脂身の少ない硬質なタイプ、噛むと旨味がじんわり出てきます!

DSC_3597
DSC_3593
DSC_3602

そば湯を頂きながら暫しまったり...年の瀬感は年々薄れつつありますが年越しそばを頂くと年末が近づいている実感が出てきます!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
とち蕎麦
086-224-6677

<2014年12月>
年越しそばを食べに水谷さんまでやって来ました、例年は自宅近所の
藤正庵さんに伺うことが多いのですが、街中に所用があり立ち寄りました。10時30分開店で15分前に到着、既に8名ほど並んでおられます。やはり実力のあるお蕎麦屋さんの年越しは気合が入っています!!

DSC00010-b

DSC_0408

一巡目でカウンターに座り、私は鴨せいろ(1300円)を、連れはにしんそば(1070円)を注文。店内は開店と同時に満席になり、一気に活気づいてきました。大将・女将の的確な指示の下、若いスタッフがてきぱきと動かれています。恐らく今日は蕎麦が切れるまで終日この状態が続くのでしょうね。

DSC_0406

待つこと10分少々でやって来ました。綺麗な二八そば、色白美人で綺麗に切り揃えられています。コシは強めで香りは若干薄いです、量は標準的ですね。大盛りはなく枚数を重ねる作法です。

DSC_0412

DSC_0409

DSC_0414

つけ汁はしっかり濃厚ですがあくまで上品な味わい、醤油ベースですが甘みと鴨の旨味が凝縮されています。鴨は煮立てとひき肉団子仕様の二本立て、しっかり煮込まれ肉自体にもしっかり味が付いています。

DSC_0410

大晦日に美味しいお蕎麦を頂き、2014年もしっかり年が越せそうであります^^

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
そば処 水谷 (みずたに)
086-226-8266 

<2014年12月>
一人ランチで訪れたのは表町の花野さん、久々の訪問になります。ちょっと狭い裏路地に佇む蕎麦屋さん、はるやま(紳士服)さん本社の南側に位置します。

DSC_0373

13時30分訪問で先客6名、お一人様なので中央の大きな相席テーブルへ通されます。テーブルには茶器や陶器がオブジェとして飾られています。シンプルなせいろに傾きかけましたが、外気温低めなので温かいつけ汁の鴨せいろ(1480円)を注文。待つこと10分程度でやって来ました。

DSC_0372

何も付けずに蕎麦を口に含むと...二八の細切りですが若干幅にばらつきがありますね、新そばなので香り高く、かなりコシも強めです。

DSC_0367

DSC_0369

鴨出汁は鰹ベースで醤油がキリッと立ったタイプ、醤油強めでしょっぱい感があります。鴨肉は多めでしっかり煮込まれおり、旨味が出た濃厚な出汁になっています。葱や三つ葉も入っていますが醤油の強さに負けた感がありました。

DSC_0371

最後はそば湯で薄めて頂きましたが、冬場の鴨出汁はやはり良いですね^^


ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
そば処 花野 (はなの)
086-233-1033 

<2014年11月>
川崎方面の仕事を済ませ都内に戻る前に立ち寄ったのは鴨せいろで有名な”満留賀”さん、京急川崎駅から徒歩7~8分です。18時訪問で先客1名、宵の口なのでこれから賑やかになってくるのでしょう。

DSCF1469
DSCF1470

全国で15店舗しか提供できない登録商標のきざみ鴨せいろ(980円)を注文、横浜の「平沼田中屋」さんが商標を持たれているそうです。待つこと6~7分で配膳されました、普通盛りで2段ありますが量はそれほど多くありません。(この後の飲酒を考え大盛りにしませんでした^^;

DSC_0013

色白美人の二八蕎麦です、コシは弱めで少し粘りが感じられます。つけ汁は鴨肉の入った暖かいものですが上質な鴨脂と醤油鰹出汁が見事に調和して抜群の旨味を出しています。一見するとしつこいように思えますが、脂の質がいいのでスルスルと最後まで美味しく頂けました。

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
満留賀
044-511-4845 

↑このページのトップヘ