@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:野菜天

秋晴れの休日、備前市吉永の八塔寺ふるさと村を散策、標高400mの高原に広がる茅葺き屋根の家々、丁度稲の刈り入れ時節、日本の原風景をしっかり楽しみました。帰る前に壽光庵さんで蕎麦を頂きましょう。

DSCF0404

古民家を綺麗に改装されていますね、蕎麦屋さんの前は宿泊施設だったらしくかなり広いです。当日は観光客で店内は満席、かなり時間が掛かると言うことでしたが座敷席でのんびり待ちます!

DSCF0401

注文はざる蕎麦(600円)と野菜天(300円)、かなり待って配膳です^^; 蕎麦はかなり細い仕上がりの二八仕様、つけ汁はかえしが甘めであっさり仕上げ、量が多いのでジャブっと漬けて啜ります。細身だけあって喉越し良く好みのタイプでした。

DSCF0390
DSCF0391

野菜天はかき揚げの他に4種、ごま油配合でしょうかね、カラッと濃く揚がって風味強め、南瓜が甘く素材を活かした秀逸な天ぷらでした!!

DSCF0397

食後には熱いお茶を頂きながら暫しまったり...「八塔寺の村」は1300年あまりの歴史がある山岳仏教の地でもありますね、もう少し散策してから帰りましょう^^

(八塔寺ふるさと村)
DSCF0416
DSCF0413

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
壽光庵
090-5906-5533

美味しい製麺所うどんを求めて今日は和気町にやって来ました。和気駅からも徒歩圏内の「大森製麺所」さん、駐車場は道を挟んで西側に6~7台分確保されています。昭和中期の風情を感じさせる素敵な外観、近隣の静寂さも素晴らしく耳にはセミの鳴き声しか届きません。

DSC_9910

店内はかなり薄暗いですね、外から中に入ると一瞬真っ暗で営業されていない? と思ってしまう程です。11時半頃の訪問で先客2名さん、私の後にも地元の方々次々と入店、ジモティーに愛されるうどん屋さんです。

DSC_9885

注文は「うどん定食(750円)」、今日は冷たいうどんでお願いしました。待つこと10分弱で配膳、冷やしうどん・野菜天ぷら・ご飯の組み合わせです!

DSC_9895

うどんは幅のある平打ち麺、コシはそれほどでもありませんがもっちりしており喉越しも良いですね、この艶々のうどんは見た目でも美味さが伝わってきます^^ つけ汁はポン酢ベースで薄口仕様、薬味の生姜と山葵を混ぜ込むとさっぱりした風味に、冷たいうどんをツルツルとしっかり楽しみます^^

DSC_9902
(。-ω-)ノll
DSC_9903

野菜天は揚げたてサクサク、ころもが軽くうどんのお供に最適仕様、特にちくわ天と玉ねぎのかき揚げが好みの味わいでした!

DSC_9899

岡山県内にも製麺所うどんが何店舗かありますが、個人的にはベスト3に入る好みの平打ちうどんでした。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
大森 (大森製麺所)
0869-93-1616

今日のお昼は胃に優しいうどんを頂きにやって来ました、古京町の玉扇さん、この界隈ではかなり老舗のうどん屋さん、久々の訪問です!!

DSC_8965

店内は奥に長い構造、二階は上がったことありませんがお座敷があるようです。少し早い時間帯でしたのでお一人様でしたが奥の4人掛けテーブルに着きます!

DSC_8988

注文は「定食(700円)」、待つこと6~7分で三段重ねの器で登場、かけうどん・ご飯・おかずの構成、うどん定食のお手本みたいな内容です(・∀・)

DSC_8974
DSC_8971

うどんは少し透明感のある喉越しの良いつるつる平打ち麺、コシは強くありません。出汁はかなりあっさりですね、いりこ&カツオベースだと思いますが薄味の中に上品さがあります。

(。-ω-)ノll
DSC_8986

今日の定食おかずは天ぷらとおから、野菜天(ごぼう・インゲン・茄子・人参・さつまいも)は揚げてからさほど時間も経過しておらずどれも美味しく頂きました!! おから&もろきゅうは白ご飯に合いますね、最後まで勢い良く完食です。

DSC_8977

700円の定食としてはとても頑張られていると思います、優しい味わいのつるつるうどん、少し緩めがお好きな方にお勧めします!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
さぬき手打ちうどん 玉扇 (ぎょくせん)
086-272-0337

↑このページのトップヘ