@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:豚骨醤油

赤磐市の「夢百笑」さん、美味しいラーメンを供されると以前より聞いておりましたが日曜定休の為なかなか訪れる機会がなく幾年月...土曜日に近隣を訪れる機会がありましたので満を持して訪問です。

DSC_2178

地元の野菜や食料品・雑貨類を販売されている夢百笑さん、ラーメンを頂くにはレジで代金を支払い、棒状の食券を受取り、奥の夢百笑サロンに入ります!

DSC_2196
DSC_2182

食券を渡すとすぐにスタッフさんが調理開始、6~7分で着丼です。スープは上品な色合いの豚骨醤油、岡山ラーメンの甘みを仄かに感じますが雑味はなく端正な味わいです。

DSC_2184

麺は中細ストレート、デフォでいい塩梅の硬さ、スープに馴染む加水率です。チャーシューは大きなサイズが2枚、脂身少なく丁寧に煮込まれていることが分かります。他の具材は、太もやし・シナチク・青ネギです。

(。-ω-)ノll
DSC_2195

ガツンッとくる派手さはないですが丁寧に作り込まれた豚骨醤油スープは美味しいですね、飽きの来ない味わいだと思います、ご馳走様でした^^

(お店の情報)
夢百笑 (ユメヒャクショウ)
086-958-9008

会社近くの豚平さんが閉店、その後暫くして駅元町に「ラーメンはなふさ」さんと店名も変更され移転オープンされました。セブンイレブン2階にあった時代には津山 豚平さんの暖簾分けとしてPRされていましたが店名変更後はそれらしき表示なし、新たに再出発されたのかな...

DSC_2071

店内はカウンター席のみ、コの字型の変形仕様、眼前に二段目カウンターあって適度に遮蔽感あるのが良いですね^^ 全メニュー、入り口左の券売機で購入する形になります。

DSC_2069

注文はらーめん(680円)、待つこと6~7分で着丼、角の丸い八角形丼がお洒落です。スープは濃い目の豚骨醤油、野菜の甘味が出ています。豚平さん時代の終盤もそうでしたが、以前ほど表面脂が多くなく、それほど高温を維持しなくなりました。

DSC_2062

麺は中細ストレート、適度な加水率で歯ごたえ・喉越しのバランスが良いです。脂が適度に入ったチャーシューは3枚、以前は6~7枚ありましたのでちと寂しいです^^; 青ネギはシャキシャキ感のある良質なものでした。

(。-ω-)ノll
DSC_2065

岡山駅西口からはかなり近くなったのでお客さん増えることでしょう、駐車場も4台確保されておられます、商売繁盛祈念です!!

(お店の情報)
ラーメンはなふさ
086-255-3355

玉野市ラーメン店で一番人気の「ラーメン信」さん、やっとこさ訪問です。玉野市一の繁華街になるのかな、総合スーパーも近くにあります。

DSC_1756

12時ジャストの訪問、最後のテーブル席に滑り込みます。以降、ずーっと待ち行列出来ていましたので人気店なのを再認識です。

DSC_1758-b

注文はこってりラーメン(600円)、待つこと5分少々で着丼です。スープは豚骨醤油系ですね、岡山ラーメンの豚骨醤油とは違い、ネーミングよりあっさりですが醤油とのバランスが取れていて高次元で纏まっています。

DSC_1764

麺は中細ストレート、表面つるつるで喉越しいい仕様ですがスープを絡めるのは苦手な麺ですね。大きな円形チャーシューは脂身が適度に入っています。他の具材はシナチク・青ネギ・糸辛子です。後半は机上の辛子高菜を投入...入れないほうが良かったかな^^;

(。-ω-)ノll
DSC_1769
DSC_1761

同行者のあっさりラーメンのスープを少し頂きましたが、鶏と魚介のダブルスープが激旨でした!! このあっさりラーメンありきのこってり表現なのでしょうね!

大将&スタッフさんのしゃきしゃき動作と丁寧な接客は特筆ものでしょう、必ず再訪してあっさりラーメンを頂きます(・∀・)

(お店の情報)
ラーメン信
0863-31-7787

お盆が近くなり臨休のお店が増えてきました!。お目当ての3店舗に振られて、最後に広松さんに救って頂きました。第一ターゲットを外すと動揺して後はヘロヘロになることが多いです^^;

DSC_0138-b

13時半で2割程度の入客でしたがその後も途切れることがありません、伝統の豚骨醤油ラーメンはやはり人気ありますね。

DSC_0137
DSC_0117

注文は「中華そば定食(830円)」、待つこと6~7分で配膳、中華そばの他に揚げ物(鶏から・揚げシュウマイ)と白ご飯の組み合わせです。

DSC_0121

スープは豚骨醤油、玉松さんを発祥とする松系仙系の店舗さんですが、その中でも一番濃く、今回は蜂蜜の甘さより辛味を感じました。麺は中細ストレート、デフォでいい塩梅の硬さ、薄めのチャーシューはホロホロ崩れる軟らかさでこれもかなり煮詰めた濃厚さを感じます。

(。-ω-)ノll
DSC_0129

ご飯は炊きたて、鶏から&焼賣も揚げたて熱々、ラーメン定食としてはかなり纏まり良い内容ですね。

DSC_0131

松系仙系の広松さんは3店舗体制、東古松の本店さんと南輝店さんとの食べ比べも面白いでしょう!!

(お店の情報)
岡山県玉野市東紅陽台2-19-238
086-371-0029

台風襲来で雨脚の強い中をランチに伺ったのは南区新保の「ラーメン大統領 研究スタジオ」さん、二号線バイパスと並行する側道沿いですが、裏道になりますので目立たない立地です。

DSC_9210

店内は横に長い構造、夜は居酒屋営業される当店、大統領チェーンの中では異色だと思います。カウンター席が多いので構造はラーメン店ですね。

DSC_9189

注文は「唐揚げセット(800円)」、大将が厨房で鶏を揚げてくださいます。待つこと6~7分で配膳、カロリー高そうですが気にしないことにします^^;

DSC_9199

スープは大統領特有の背脂が浮かんだ豚骨醤油、チェーン店でばらつきありますが当店のはスッキリ仕様で好みのタイプ。麺は中細ストレート、デフォでいい塩梅の硬さです。チャーシューは脂バランスの良い小サイズが4枚、他の具材はシナチク・もやし・ゆで卵半身・青ネギ...チェーン店の中ではトップクラスの出来栄えです。

DSC_9192
(。-ω-)ノll
DSC_9200

鶏からは揚げたてジューシー、一片のサイズが大きく食べ応えあります。ご飯は残念ながら好みの仕上がりではありませんでした。

DSC_9207

店名に付く”研究スタジオ”はここが製麺所だから...と聞いていたのですが、製麺所はどこにあるんだろう?

(お店の情報)
ラーメン大統領 研究スタジオ
086-206-2588

↑このページのトップヘ