@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:肝吸い

冬から春への季節変動は花粉症もあって苦手な時節です、体調を崩すことも多いので精を付けるべくうなぎ料理のうなせんさんにやって来ました、一年ぶりの訪問です。場所はツシマモールの入り口付近、間口は狭いので暖簾が目印になります。
 
DSC_0125

店内はカウンターとテーブル席、それほど広くはありませんが夏季を外すと混み合うことはないです。先客なかったので一番奥のテーブル席につきました。
 
DSC_0119-b

注文はうな重 上(2700円)、ここ2~3年のうなぎ価格上昇は目を見張るものがありますね。待つこと10分弱でやって来ました、肝吸い・うざく・奈良漬も付いてきます。重箱は少し小ぶりなサイズ、よって鰻も小ぶりになります。
 
DSC_0120
DSC_0121

焼くだけの関西仕様ですが、箸だけで簡単に切断できるほど軟らかいです。タレはすっきりタイプ、甘辛さを抑えてあり焦げ目の香ばしさを堪能できます。うなぎ自体の厚みはなく脂のノリも少なめに思いました。肝吸い・うざくも特徴はなく、あっさり仕立てでした!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
うなせん
086-252-1312 
 

7月第四週は土用丑の日、その前にフライングで近所の丸勝さんへうなぎを頂きにやって来ました。当店は児島線沿いに位置し、かなりの老舗さんになります。鮨・仕出し会席・鰻と和食全般何でも扱われています。外観は年季の入った和風家屋の佇まい、◯に勝の大きな看板が目印になっています。

DSC03300

DSC03299-b

内観はカウンター・小上がり・座席とフルラインナップ、しかしこの土用丑の日週は次々と来店され、店内は12時を前にして満席になりました。

DSC03288-b

早くも夏バテの身体に活を入れるべく特上うな重(3300円)を注文、待つこと15分少々でやって来ました。西日本では蒸しませんので炭火でじっくり焼き上げます、表面の焦げ具合が素敵ですね。真冬の脂がのる時期ではありませんので、鰻身自体はすっきりした印象です。タレはしっかり濃厚、鰻だけではなくご飯にもしっかりかかっています。昔ながらの歯応えある焼き加減、甘辛いタレで頂くと食欲増進します。

DSC03297

DSC03296

肝吸いはしめじ・舞茸も入っており、さっぱしたすまし汁が口中の鰻ダレを緩めてくれます。老舗割烹が造る昔ながらのうな重、美味しく頂き明日への活力になりました^^

DSC03298

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
丸勝 (まるかつ)
岡山県岡山市南区内尾237-6
086-298-3279

<2015年1月>
滋養強壮で夏にうなぎを食しますが、脂がのるこの時節がやはり一番の食べ頃ということで、くりはらさんにやって来ました。うなぎは西低東高、特に岡山市内にうなぎ専門店は少なく、うなぎが食べたくなるとくりはらさんを訪れています。

DSC00248

11時の開店直後に訪れましたが、既に沢山の方で賑わっています。奥の小上がりに座を決め、うなぎ丼(3100円)を注文、待つこと10分少々でやって来ました。恐らく客足が途切れないので厨房では延々と焼き作業をされているのだと思います。

DSC00251-b

当店のうなぎは関東と違い焼き仕上げのみですが、弾力を保ちつつとても軟らかい食感になっています。プルプルの身を箸だけで崩すことが出来ます。タレはしっかり濃厚で甘みもあり、褐色飴色の艶が食欲を増進させます。ご飯にもまんべんなくタレをまぶしてありますので、濃い味が苦手な方は後半ちょっときつく感じるかもしれませんね。

DSC00253

DSC00254

DSC00255

DSC00256

肝吸い・白焼きも専門店ならではの見事な味わい、県内でも一二を争う美味しいうなぎが頂けます。特に真冬のうなぎは絶品です、是非しばれる時節にご賞味あれ!

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
うなぎ料理 くりはら
086-298-2428 

↑このページのトップヘ