@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:空芯菜

同僚4人で宵呑みに伺ったのは蒲田駅近くの「歓迎 本店」さん、直営の支店2店舗は昨年訪れていましたが本店さんはかなり久々です。
 
DSC_7779

20時前の訪問で満席、暫く待って円形テーブルに案内、相席で3組目に入ります、その後もずーっと満席状態、平日でも人気ありますね、店内全体が活気に満ち溢れています。
 
DSC_7781-b

まずは生ビールで乾杯、各自入り乱れて好きなものをガンガン注文します^^; 餃子はしっかり羽付、羽根に厚みがあり箸で持ち上げても羽根付きで食べられます。棒々鶏、少し甘めのタレが掛っています、私はピリ辛のほうが好みでしょうか。
 
DSC_7786
DSC_7783
DSC_7788

空芯菜炒めはしんなり食感、本場台湾のシャキシャキとは違いました。卵キクラゲ炒め、海老が大きいですね、味付も薄味で良かったです。酢豚は肉が大きいです、野菜も一片が大きく食べ応えありました。
 
DSC_7790
DSC_7792
DSC_7793

麻婆豆腐は安定感のある味わい、辛さはほどほど、苦手な方でも大丈夫な味付けです。カシューナッツ炒め、ピリ辛の方を選択、このナッツの食感は好みなんです^^ ネギチャーシュー炒め、かなり濃い味付け、価格も安くビールに最適です!!
 
DSC_7795
DSC_7797
DSC_7799

油淋鶏、これも一片のサイズが大きいですね、濃いめのタレが絶品です。春巻きは2人前、これもサイズが大きく終盤では一つ食べると満足です。

DSC_7801
DSC_7803

最後は卵炒飯で〆ます、画像撮り忘れましたが今回は酔うより先に満腹になりました^^;

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
歓迎 本店 (ホアンヨン)
03-3730-7811
 

睦月終盤週末、遅くなりましたが東京地区の同僚と新年会にやって来たのは田町駅近くのシンガポール料理店「威南記海南鶏飯」さん。ビジネス街のビルの中庭立地、夜は周辺のイルミネーションが綺麗ですね。
 
DSCF2770

DSCF2771

店内はオープンキッチン、窓の外には沢山の緑、高い天井では緩やかに天井扇が回っています。春~秋は緑に囲まれたテラス席も快適だと思います。
 
DSCF2774

生ビールで乾杯、その後各々好きな料理を注文します。名物お勧めのローストチキン、スチームチキンを最初に注文。ローストチキンは皮が香ばしく北京ダッグに通じる味わい、ローストチキンは蛋白でタレをしっかり付けて頂きます。両方共に1/2サイズをお願いしましたがかなり食べ応えある量、色々注文するなら1/4サイズが正解だと思います。
 
DSC_4886

DSCF2788

DSCF2786

サンバル・カンコン(空芯菜のサンバルソース炒め)はピリ辛仕上げ、台湾屋台で頂くシンプル空芯菜とは違い、しっかり濃い味わいです。BBQ&ローストポークは香ばしい仕上がりでビールに一番合うと思います。
 
DSCF2777

DSCF2780

DSC_4888

生春巻き揚げ・豆苗のニンニク炒め ・エビオムレツ、どれも癖がなくお酒のアテになりますね。タイ料理・ベトナム料理より味付けが日本人の味覚に合った印象を受けました。特に鶏料理は広州料理の流れを汲むように感じた次第です。
 
DSCF2781

DSCF2792

DSCF2776

締めに当店オリジナル炒飯とチキンライス、炒飯は長米を使用したパラパラ仕上げ、チキンライスは鳥煮汁で炊き込んだしっとり仕上げ、どちらもシンプルな味わいで美味しかったです^^

DSCF2795

DSCF2793

DSCF2783


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
威南記海南鶏飯 日本本店 (Wee Nam Kee Chicken Rice/ウィーナムキーチキンライス)
03-5439-9120
 

東京営業所の同僚が美味しい中華料理を食べに行こうと誘ってくれましたので渋谷まで夕御飯を頂きにやって来ました。渋谷109を超えて右手側の路地に入ります。ぐっと怪しさが増してくる通りですね(^^ お目当ての麗郷さんはすぐに見つかりました、レンガ外壁の素敵な外観です。
 
DSC_1896

19時前の入店でしたがほぼ満席状態です、同僚は先行していましたのでそのまま二階に上がります。丸テーブルがびっしり、席の間隔は狭いのでギッシリ感が半端ないですね。この庶民的な丸テーブルで頂く感覚は台南の海鮮系料理店に近いでしょうか。
 
DSC_1898-b

まずは生ビールで喉を潤し注文は既訪の同僚に任せます。名物しじみ、大蒜がしっかり聞いていますね、味付けは醤油と豆板醤でしょうか、酒のアテになります。腸詰めは本場で食べるよりあっさり味、食べやすいです。空芯菜は少し汁気が多く本場と違った味です。麻婆豆腐は胡椒が多くかなり濃い味わい、食べやすい日式麻婆豆腐とは全く違いますが、私は好みでした。
 
DSC_1899

DSC_1903

DSC_1901

DSC_1905

水餃子は外かわもっちりで具材少なめ、皮を味わうタイプです。焼きビーフンともやし炒めは定番の美味しさ、後半に頂くのがよろしいかと。締めのちまきは出てくるまでに時間が掛かりましたが、これは最高でした。中には椎茸・豚旨煮が入っていて、もっちり食感と濃厚な味わいが好みに合致です!!

DSC_1909

DSC_1910

DSC_1912

DSC_1915

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)

麗郷 渋谷店 (レイキョウ)
03-3461-4220

同僚と宵呑みにやって来たのは蒲田の春香園さん、羽付き餃子で有名なお店でもあります。既に”羽付き餃子御三家(金春本館歓迎あやめ橋ニイハオ別館)”は制覇しましたので、次なるターゲットをランダムに攻略しています!
 
DSC_1806-b

19時前の入店で一階は既に満席、二階のテーブル席に案内されます。まずは生ビールと餃子(焼き・水)・空芯菜炒め・ニラ玉・きゅうり浸けを注文し杯を重ねていきます。
 
DSC_1824-b

焼き餃子は大きな羽が付いています、当店の餃子はしっかり肉が入っていてボリュームもあります。肉汁も適度に入っており、御三家を上回る美味しさでした。水餃子はこの焼き餃子を蒸した印象でボリュームはありますが少し大味に感じました。
 
DSC_1813

DSC_1815

餃子以外で印象に残ったもの、ニラ玉は日本人向けの味付けで食べやすいです、空芯菜炒めは少しべったりした仕様で台湾で頂くものより少し落ちる印象です。きゅうり浸けは甘く、酒のアテには向いていませんでした。
 
DSC_1809

DSC_1810

DSC_1808

締めで頂いた海鮮ビーフンはさっぱりした味付けでとても美味しかったです。ワンタンスープはボリュームがあり二人で頂くには十二分な量でありました。ビールや酎ハイを適度にお替りして一人3000円程度、コスパはかなり良いですね!

DSC_1821

DSC_1822

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)

春香園
03-3733-7677
 

<2015年4月>
台北出張三日目、仕事も佳境に入ってきました。今回の出張では地元食堂ばかりを巡ってきましたが、初台湾の同僚に美味しい小籠包を食べさせるべくやって来たのは「京鼎小館」さん。鼎泰豊で修行された陳三兄弟 次男さんのお店になります。場所は市内中心部からは少し離れたオフィス街の裏手になります、地下鉄南京復興駅からも10分以上歩く立地です。

P4240344

13時過ぎの訪問で店内は6割程度の入り、現地ビジネスマン7割・観光客3割の比率でしょうか?。メニューは現地食堂と違い、しっかりした日本語メニューがあります。スタッフの方も片言の日本語を話されますので、観光で訪れる方も安心ですね。

P4240342-b

まずは定番の小籠包を注文、小皿に薬味とタレを入れ準備万端で待ち構えます。待つこと7分少々で蒸されたアツアツの小籠包登場、肉汁がジューシーで最初はかなり高温、小皿で適度に冷ましながら頂きます。外かわ薄く軽い食感がやはり本場小籠包の特徴ですね。当店には烏龍茶小籠包もありますが、私は定番の方が好みです。

P4240337

P4240341

定番の蝦炒飯は玉子でコーティングされパラパラ状態ですが、味は薄めで若干ぱさついた感があります。醤油系調味料で少し味付けして頂きました。

P4240331

空芯菜炒めは流石本場の味わい、油たっぷりなのに軽い味付けが最高です。一皿の量はかなりありますが、いつも一番先になくなります^^;

P4240330

ジャージャー麺は日本で頂くよりあっさりした味わいです、肉味噌だれ自体が辛くありません。量はかなり多かったです。サイコロ状の肉片も沢山入っていましたよ!!

P4240335

牛肉スープは香草がかなり効いていますので好き嫌い分かれそうです、すじ肉の塊が沢山入っていました。個人的にはスープは鶏肉の方が好きです^^

P4240333

いつもは長春路の京鼎楼さんを訪れるのですが、基本的な味付けは京鼎小館さんも変わりありません。仕事で近隣を訪れた時にはまた寄りたいと思います。

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
京鼎小館 (ジンディンショウカン)
台湾台北市敦化北路155-13号
(+886) 0225467711

↑このページのトップヘ