@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:真魚鰹

二週連続で井原市内にやって来ました! お昼はIBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼さん一階にあるリバーサイドさんで頂きましょう。

DSCF0964-b

本来のレストランエリアは団体さんの予約が入っていましたので個室(客室)を用意頂けました。窓からは小田川の清流を眺められますよ!

DSCF0970

前菜からスタート、ごま豆腐・豚のタンスモーク・井原産アスパラガス、どれも繊細な味わいですね、酒が欲しくなります^^ 旨味のしっかりあるタンの燻製仕様は美味いですね。

DSCF0975
DSCF0995
DSCF0989
DSCF0990

スープはとうもろこし、ピンクペッパーで味をしっかり引き締めていますね。造りは2種、スズキとカンパチ、どちらもあっさりした味わい、引き締まった夏のスズキは癖がないですね。

DSCF1008
DSCF1012

メインは美星豚のワイン蒸し&野菜のマリネ、地元産ブランドの豚肉は飼料と生育環境に拘っていますのでどのお店で頂いても質の高さに驚きますね、今回は脂バランスが良く夏野菜との相性もバッチリでした。

DSCF1047

茶碗蒸しは松葉蟹と冬瓜と湯葉入り、蟹の旨味が仄かに効いています。揚げ物は旬のマナガツオと茄子、揚げることで真魚鰹独特の旨味をしっかり閉じ込めています。

DSCF1056
DSCF1079

ご飯物は定番の雑魚飯、赤出汁との相性も良いですね。食後にはオリジナルデザートと珈琲を頂きながら暫しまったり...コロナ対策を兼ねての個室で頂く和食コースに大満足です(*^^*)

DSCF1090
DSCF1109

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
リバーサイド
0866-84-1026

立春前の厳寒期、友人と宵呑みに訪れたのは県庁脇の「ほんだ」さん、間口狭く見逃しそうな立地ですが風情ある外観でもあります。

DSC_7041
DSC_7079

店内は奥に長い構造、手前に座敷席・奥にカウンター席と厨房があります。週末ですが他のお客さんはおられず、カウンター席貸切で宴の開始です!

DSC_7043

最初は茶碗蒸し、熱々なので冬の一番バッターには有り難いですね、はまぐり出汁で濃厚な味わいでした。造りは、鯛・アワビ・サバ・ベイカ、繊細な仕上がりですね。鯛とアワビは醤油で頂きます、引き締まった身は本来の美味さを醸し出しています。脂ののったサバが一番好みの味わい、芋焼酎ロックが進みます。

DSC_7050
DSC_7053
DSC_7046

焼き物は真魚鰹、香ばしく焼かれて身の甘みがしっかり、独特の旨味が醍醐味の魚種です。白子は揚げ物で登場、いつもは酢の物で頂くことが多い白子、揚げても甘みはしっかりでした!。

DSC_7059

天ぷらは盛りだくさん、オコゼはカラッと揚がって香ばしい味わい、ふきのとう・菜の花は春の先取りですね、優しい味わいでした。小鉢には渡り蟹のほぐし身もありました^^

DSC_7063

猪のすき焼きは鉄の器で登場、地元高梁市で獲れた小型サイズの猪は煮ても身が固くならず予想以上に繊細な味わい、濃いめの味付けなので生卵に浸して頂きました。

DSC_7069
DSC_7073

食事は脂ののった鴨肉入にゅうめん、黄ニラも入って真冬には有り難い内容、香の物小皿には猪燻製、いい口直しになりました。

DSC_7085
DSC_7076
DSC_7094

貸切状態でしたのでお酒を頂きながら大将とも歓談、岡山市内の有名懐石3店舗で修行され当店を2013年に創業、通算20年の熟練技は流石ですね、次回は初夏の旬を頂きに伺いましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ほんだ
 武本ビル1F
086-222-4866

フェーン現象で猛暑日の週末、友人と涼を求めに京橋の「味創房 麦」さんまでやって来ました。そば切り 來輪さんの通りを少し南に入った立地、通りすがりではなかなか見つけ難いでしょうね。

DSC_1616

店内は厨房を囲むように鍵の字方カウンター、奥には個室あるようですが座敷orテーブルは不明です。先客3名さんでしたがその後満席近くになりました。

DSC_1618-b

夜はおまかせコースオンリー、まずは芋水割りで友人と乾杯、いちじくと生ハムの前菜を頂きます。いちじくは季節の先取りでしょうか、素朴な味わいに秋を感じます。ごま豆腐は少し炙りを入れているのかな、とても繊細な味わい、わさびが良い仕事しています^^

P8240150
P8240152
P8240149

秋の味覚銀杏登場...と思いきや、この銀杏は6月にはあるそうです。秋の銀杏に比べて癖がなく少し甘みのある味わいでした。造りはアコウ・ケンサキイカ・しめ鯖・鯛の4種、やはりアコウが主役でしょうか、思ったよりあっさりで美味しく頂きました。

P8240156
P8240157
P8240168

椀物は真魚鰹と茄子、真魚鰹は少し炙ってあり旨味を閉じ込めた仕様、瀬戸内の夏の代表魚だけのことはあります。鱧のフリッターはふんわり仕上がっています、柔らかな味わいはいつもの鱧とは違いますね、粗塩で美味しく頂きました!

P8240165
P8240171
P8240180

ここから創作系ですね、雲丹パスタの登場、クリームは最小限に抑え雲丹の上品な味わいを前面に持ってきています、これはもっと食べたい欲望に駆られました^^; じっくり時間を掛けて炙った千屋牛はカイノミ、牛のヒレの近くにある貴重な部位です。表面はしっかり焼かれていますが中はいい感じで赤身が残っています。解れるような食感はこの部位ならでは、粒マスタードでシンプルに頂きました。

P8240173
P8240179

〆は先程の千屋牛を使ったカレーライス、日式カレー最上級のビーフカレー、素材と大将の腕が揃わないと出ない極上味わいですね! 懐石系をカレーで〆たのは初めてです^^
この日頂いた飲料は芋水割り4杯・ハイボール・ウィスキー水割り、喉が乾いていたので量が飲めました^^

P8240183
P8240187

バナナの味そのものの自家製アイスクリームを頂きながら大将としばし歓談、岡山の飲食業界話題で盛り上がります。大将は天神町の有名懐石料理店ご出身、先月伺った”錦と吟” の大将の兄弟子になるそうです...岡山はやはり狭いですね!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
味創房 麦
 GBC京橋ビル 1F
086-227-7050

↑このページのトップヘ