@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:白子

立春前の厳寒期、友人と宵呑みに訪れたのは県庁脇の「ほんだ」さん、間口狭く見逃しそうな立地ですが風情ある外観でもあります。

DSC_7041
DSC_7079

店内は奥に長い構造、手前に座敷席・奥にカウンター席と厨房があります。週末ですが他のお客さんはおられず、カウンター席貸切で宴の開始です!

DSC_7043

最初は茶碗蒸し、熱々なので冬の一番バッターには有り難いですね、はまぐり出汁で濃厚な味わいでした。造りは、鯛・アワビ・サバ・ベイカ、繊細な仕上がりですね。鯛とアワビは醤油で頂きます、引き締まった身は本来の美味さを醸し出しています。脂ののったサバが一番好みの味わい、芋焼酎ロックが進みます。

DSC_7050
DSC_7053
DSC_7046

焼き物は真魚鰹、香ばしく焼かれて身の甘みがしっかり、独特の旨味が醍醐味の魚種です。白子は揚げ物で登場、いつもは酢の物で頂くことが多い白子、揚げても甘みはしっかりでした!。

DSC_7059

天ぷらは盛りだくさん、オコゼはカラッと揚がって香ばしい味わい、ふきのとう・菜の花は春の先取りですね、優しい味わいでした。小鉢には渡り蟹のほぐし身もありました^^

DSC_7063

猪のすき焼きは鉄の器で登場、地元高梁市で獲れた小型サイズの猪は煮ても身が固くならず予想以上に繊細な味わい、濃いめの味付けなので生卵に浸して頂きました。

DSC_7069
DSC_7073

食事は脂ののった鴨肉入にゅうめん、黄ニラも入って真冬には有り難い内容、香の物小皿には猪燻製、いい口直しになりました。

DSC_7085
DSC_7076
DSC_7094

貸切状態でしたのでお酒を頂きながら大将とも歓談、岡山市内の有名懐石3店舗で修行され当店を2013年に創業、通算20年の熟練技は流石ですね、次回は初夏の旬を頂きに伺いましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ほんだ
 武本ビル1F
086-222-4866

師走も後半戦に突入、休日の市街地はかなり混んでいますね!。買い物を済ませランチに訪れたのは天神町の「リヨンペラーシュ」さん、この界隈では老舗のフランス料理店です。

DSC_5578

店内は奥に長い構造、全てテーブル席で橙色のクロスが敷かれています。休日フレンチなので女性比率高いです^^; 予約で満席、師走のフレンチは人気あります!

DSC_5573-b

3500円のランチコース、まずはアミューズの登場、鱈の白子、量は少ないですが繊細な味わいで美味しかったです。前菜はトロワグロ ほーれん草・ベーコン・卵黄のサラダ仕立て、フォアグラのテリーヌ添え。ほうれん草はワインビネガーで和えており、スッキリした味わい。フォアグラはかなり濃厚な味わいなのでパンに塗って頂きました。

PC160513
PC160512
PC160519

鮮やかな朱色のスープ登場、ナンドロン風トマトのクリームスープ、トマトベースでしっかり酸味は効いていますが生クリームとの相性も思いの外良かったです。ガーリックトースト付いていますのでスープに浸して頂きました!

PC160523
PC160526
PC160515

メインは鴨胸肉のオーブン焼き(ハンガリー産)、粒マスタードがしっかりのっていますが効き過ぎることはなく脂ののり始めた鴨肉を引き締めていました!! ソースは鴨肉の肉汁ベース、優しい味わいですね、パンに付けて綺麗に頂きました^^;

PC160528
PC160533

デザートはしっかり3種ありますね、あまり得意ではないスイーツですが昔ながらの濃厚なプリン、当店名物だそうですが何だか懐かしい味わいでホッと出来ます^^;

PC160535
PC160539

デミカップの珈琲を頂きながら暫しまったり...お洒落なフレンチは苦手なジャンルですが家庭的で温かい接客の当店、古き良きフランス料理メニューはどれも美味しかったです!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
リヨンペラーシュ (Lyon Perrache)
086-233-7725

広島からの賓客をお迎えし、ふたり忘年会で伺ったのはオランダ通りの小ぐりさん、予約困難度はかなり高い和食割烹のお店になります。時期的に忘年会シーズンたけなわですが一ヶ月以上の前の予約でカウンター席を確保です。

DSC_5406

店内は奥に長い構造、厨房と平行にカウンター席、奥が座敷席になります。座敷席は5年前より構造が少し変わっていました。月曜日ですが予約で満席、さすがの人気店です!

DSC_5407-b

三岳ロックで乾杯、和え物・貝・鯖寿司の突き出しはどれも繊細な味付けです。二品目は牡蠣酢、牡蠣のシーズンは始まったばかりですがかなり大きなサイズ、酢で引き締まった身は絶品です^^

DSC_5409
DSC_5411
DSC_5419

たたみいわしは炙られて香ばしい味わい、カタクチイワシの稚魚ですから栄養も豊富です!。鯨ベーコンは綺麗な色合いですね、外は鮮やか朱色で中は白く...上質な脂は良いアテになりますね、時間が経過すると脂がまわりますから急いで頂きました^^;

DSC_5426
DSC_5430
DSC_5438

白子の松前焼きは鮮やかな器で登場、白黒赤の対比が芸術的です。昆布船で焼かれた白子は甘さがワンランクアップ、繊細な甘さの中に旨味が凝縮、最高の酒アテです。だし巻きはほのかで自然な甘みが良いですね、大根おろしと一緒に頂くと素朴な甘みが際立ちます。

DSC_5432
DSC_5436
DSC_5442

鶏の炭火焼き、外は香ばしく中はジューシー、鶏本来の旨味が凝縮されています。ラストは葉わさび、近隣だと島根産が有名ですよね。見た目より強めの風味が〆にふさわしいです!

DSC_5447
DSC_5450

今日は焼酎ロック(三岳・赤霧島・白玉の露)オンリーで5~6杯頂きました^^ どのアテも繊細な味付け、見た目でも楽しめる逸品の数々、人気の程が伺える小ぐりさんでした!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
和食 小ぐり
 鳴門ビル1F
086-222-5996

↑このページのトップヘ