@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:田舎そば

連休中日、美星町界隈をドライブ、ランチに訪れたのは「つくしんぼ 美星」さん、美星町から成羽方面に向ける谷間立地...周辺には何もありません^^;

DSCF1155

店内は二間の座敷に座卓ふたつ、縁側にはカウンター席、フルで10席程度でしょうか。かなりの山里ですので盛夏でも自然風が気持ち良いです^^

DSCF1151

注文は「鴨ざる」、待つこと10分少々でやって来ました。そばの他に天ぷら・鶏フライ付き...なかなか豪勢な構成になっていますね!

DSCF1128

そばは田舎仕様、細切りですが更科系と違いもっちり食感、水分含有量も多く優しい味わいです。癖はなく、細切りもあって喉越し良好です。つけ汁は鴨の旨味がしっかりですね、濃厚な味わいで厚みのある鴨肉も入っていました。

DSCF1136
DSCF1147

天ぷらは揚げたてさくさく、旬の野菜は美味しいですね。だし巻き、別皿の鶏フライも手作り感の良さが出ていました^^

DSCF1142
DSCF1141

元々は高梁市本町で営業されていた「つくしんぼ」さん、美星町の山間そば屋さんとして移転営業されていますので是非~!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
つくしんぼ 美星
090-4652-1460

矢掛町宿場町を散策し、車で約15分ほど西へ移動、美味しいお蕎麦目的で「案山子」さんを訪れました。山間の静かな農村地帯、当店は自宅開放型のお蕎麦屋さんになります。
 
PB050953

普通の玄関をあがり右手側の座敷へ入ります、メインは座卓になりますが一番奥にはテーブル席があり、そちらへ着きます。遅い時間帯、先客6名さんが帰られたあとは貸し切り状態になりました。
 
PB050936
PB050949
PB050932

注文はもりそば(650円)と天ぷら(150円)、蕎麦かりんとう頂きながら待つこと10分少々で配膳です。

PB050939

蕎麦は自家製、生憎新蕎麦に切り替わる直前でしたので、風味は弱いですが綺麗に切り揃えられた美しい蕎麦です。コシは強めで独特の弾力があります、丈はとても長く、高く掲げても切れ目がありません!! 出汁は甘辛いタイプ、適度な濃さでどぶんっと浸けても大丈夫な西日本仕様。

PB050942

天ぷらは薄切りされた野菜天、カラッとあがっており添付の塩で美味しく頂きました。
 
PB050944
PB050948

ご自宅近くで栽培されている蕎麦、近年はイノシシ被害が酷く収穫量も激減、自家製でのそば打ちが難しくなってきたとのこと等々、食後は蕎麦湯を頂きながら色々店主さんと話をさせて頂きました!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
田舎そば 案山子 (カカシ)
080-1645-1289
 

今日はお昼の便で東京移動、搭乗前の腹拵えでランチに伺ったのはターミナル二階の「桃太郎」さん。場所柄朝早くから開店、お昼時も結構な混み具合の店舗さんです。国際線搭乗口も近くにありますので海外のお客さんも多いですね。
 
DSC_3947
DSC_3948-b

店内はカウンター5席とテーブル3つ、思いの外収容人数は少ないので待ち行列も頻繁、当日もしっかりこんでいました。
 
DSC_3949

注文はざるそば(600円)、待つこと6~7分でやって来ました。

DSC_3951

田舎そばを連想させる黒っぽい蕎麦、細身でコシは弱め、風味は強くありません。出汁は甘辛いタイプ、カエシの中にみりん風味を少し感じます。

(。-ω-)ノll
DSC_3956

うどんは手打ちのようですが、蕎麦はそれほどオリジナリティを感じませんでした。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
手打うどん 桃太郎
086-294-4161

<2015年5月>
吹屋の紅やさんで美味しい珈琲を頂いたあと、再度吹屋ふるさと村メインストリートを見学、通りには観光客が溢れる時間帯になりました。ベンガラの色合いは独特ですね、少しくすんだ色調が山深い吹屋ふるさと村によく合っています。

DSCF0746


混み合う前にランチを頂きにやってきたのは創業33年の藤森食堂さん、外観は他の建物と同様にベンガラ色の壁板・格子窓になっています。11時オープン直後に入店、一番乗りでした。

DSCF0813


内観は昭和食堂の雰囲気ですね、壁には吹屋ふるさと村の古い写真が沢山飾られていました。テーブル席の奥にはかなり広い座敷席があります、広々使うならこの座敷席が正解かもしれませんね。

DSCF0802

DSCF0803

私はざるそば(600円)を、連れは田舎そば(650円)注文、待つこと6~7分で配膳です。蕎麦は色の濃い太めの田舎蕎麦です、コシは強くなく若干もっちりした食感、素朴な味わいです。出汁は鰹ベースで少し甘い味わい、薬味の胡麻粉を入れると一層甘さが強調されます。

DSCF0808


連れの田舎そばは具材たっぷり、筍・山菜・揚げ・牛蒡・大根・茸・豆腐・鶏肉・葱をこれも甘い出汁で楽しみます。この味付けは岡山県中部高梁市成羽地方の伝統かもしれませんね、素朴な味わいをしっかり堪能しました^^

DSCF0810

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
藤森食堂
岡山県高梁市成羽町 吹屋380
0866-29-2907

↑このページのトップヘ