@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:田町駅

仕事を終えて田町駅まで移動、今日は旧友との宵呑み、友人が良く訪れるモツ兵衛さんを予約してくれました。田町駅からだと徒歩5~6分、三田駅からだと至近ですね!

DSC_2500

ビルの地階ですが店内はかなり広々空間、火曜日の夜ということもあり店内は4割程度でしょうか、友人と板の間の掘りごたつ席に着きます!

DSC_2523

生ビールで乾杯、二杯目からは友人キープの焼酎湯割りに切り替えです。突き出しはマカロニサラダ、嬉しいですね^^; その後のアテは五月雨式に友人がおすすめを注文してくれます。サラダはほうれん草と山芋の短冊切りがしっかり、和風の味付けは食べやすいです。

DSC_2504
DSC_2506
DSC_2509

さつま揚げはおろし生姜で頂きます、定番アテですがこちらのは一味違う本場仕様、酒が進みます。鰹のたたき、下には玉ねぎがしっかり、初夏の恵みをガッツリ頂きましょう^^

DSC_2513
DSC_2516

モツの味噌ダレ炒めはワイルドな味わい、大きめのモツがゴロゴロ入っていました、これは焼酎よりビールに合いますね。天ぷら盛り合わせは野菜天がしっかり、旬野菜の茄子やズッキーニが特においしかったです!

DSC_2517
DSC_2522

ボトル入っていると安価で頂けますね、友人の好意に感謝、初夏の都内で素敵な宵呑みが出来ました(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
モツ兵衛 三田店
 三田NNビルB1
050-5595-2831

仲間内での忘年会、月曜日ですが忘年会シーズンなので予約をして「二代目 魚屋町」さんまでやって来ました。田町駅から徒歩5~6分でしょうか、繁華街の端っこに位置します。

DSC_5651

19時訪問、カウンターは空いていますが二階の座敷席は忘年会で満席ですね。仕切りのあるこじんまりした個室ですが隣席の賑やかな話し声はガンガン入ってきます^^;

DSC_5655

3500円のコースに1500円の飲み放題、黒霧ロックでスタートです。突き出しはに2種、ひじき和えとおぼろ豆腐、豆腐は自家製のようで美味しかったです。2品目は芋炊き、愛媛の郷土料理とのこと、けんちん汁に似た味わいですね!

DSC_5657
DSC_5661
DSC_5665

サラダは山盛りですね、12種あるそうです、早めに食べてカロリー摂取を抑制しましょう!。刺し身の盛り合わせは5種、鯛・ハマチ・イワシ・貝柱...最後は忘れました^^; イワシが新鮮で良かったです!

DSC_5662
DSC_5668
DSC_5670

中盤戦のモツ鍋登場、かなり大きな鍋ですが野菜がシナっとなるので適量でしょう。甘めのだし汁に各種野菜が溶け込んで良いアテになりますね、冬鍋の王様でしょう。だし巻きは大根おろしが添えられています、定番ですが安定感ありますね!

DSC_5671
DSC_5677
DSC_5680

鶏皮餃子、西ではめったに見かけないメニュー、香ばしい鶏皮はお酒が進みます。〆は鯛めし、白湯をかけてお茶漬けにして頂きます。適度な塩味にわさびが効いて美味しいです^^

DSC_5682
DSC_5683

フロアスタッフさんは全員外国の方ですがきちんと料理説明出来ており、飲み物提供もスピーディー、居心地よく年忘れ出来ました^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
二代目 魚屋町
050-5595-8650

桜も遠い記憶になりつつある4月中盤、同僚と宵呑みにやって来たのは三田駅近くの「中国家庭料理大連」さん、この界隈では評判の高い店舗さんです。外観は鄙びた感あり、家庭料理の雰囲気が出ています^^

DSC_7277

1フロアーは若干手狭ですが3階までありますのでかなりの人数を収容可能です、今日は2階席に案内されました。19時前では多少余裕ありましたが19時半ころで満席になりました!!

DSC_7279-b

ハイボールで乾杯、定番アテの数々でお腹を満たしましょう。まずは卵と豚肉とキクラゲ料理、卵のトロトロ感が絶妙、少し甘い味付けも良かったです。定番の酢豚、豚肉が塊で入っていますね、甘酸っぱさは適度に抑えられ、野菜のシャキシャキ感もしっかり、かなりレベルの高い酢豚です。

DSC_7285
DSC_7287
DSC_7283

水餃子は海老を選択、皮は厚みがあり中の海老をしっかり包んでいます。ツルッとした食感でいくらでも食べられそうです^^; 焼餃子は見事な羽根つき、蒲田の有名店に負けていませんね。中は肉汁たっぷりで美味しく頂きました。

DSC_7289
DSC_7295
DSC_7297

八宝菜は少し濃い目の味付け、野菜はしっとり感が出ており、烏賊・うずらの卵と一体感を増しています。定番のエビマヨ、マヨネーズは適量で甘い味付け、海老は大きくて食べ応えあるサイズでした。

DSC_7301
DSC_7306
DSC_7299

ニラ玉、シンプルなだけにお店の特徴が出やすいメニューですね、卵のトロミと甘さがニラの風味を増していました。〆はやきそばを選択、各種野菜の他には豚肉とキクラゲ、あっさりした味わいの塩焼きそば、ツルツル食感のそばも〆には最適でした。

DSC_7309
DSC_7311

今回は定番中華料理オンリーのアテを選択しましたが、どの料理もレベル高く美味しく頂きました。料理の提供も早く、一人あたり3000円とリーズナブル、定期で訪れたい大連さんです!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
中国家庭料理 大連
03-5443-0488

小雨が降り続く都内、今日は会社の同僚と近くの「MEAT&WINE ワインホールグラマー」さんで宵呑みです。JR田町駅至近の当店、ビルの二階に位置します。

DSC_1876
DSC_1877

店内はテーブル配置もゆったりの広々空間、週中でしたが20時近くになると7割程度の入客になりました。店名にも付くワインの種類は多く、ワイン好きの方が多く来店されるのでしょう!!

DSC_1882
DSC_1879

飲み放題付きのコース料理、追加で4~5品単品料理を追加しました。
コース料理は

・焼き立てパン 2種
・つくば鶏のカルパッチョ
・生ハムとレンコンのスパイシー シーザーサラダ
・アンチョビ風味にフライドポテト
・海老ときのこのアヒージョ
・熟成豚肩ロースの低温ロースト
・淡路製麺 濃厚ボロネーゼ

DSC_1888
DSC_1890
DSC_1894
DSC_1896
DSC_1908
DSC_1916
DSC_1918

追加でポテトサラダ・オイルサーディン・ステーキ・マルゲリータ...それほど若くはない同僚なんですが喰って飲む本能は人一倍優れているようですね^^;

DSC_1900
DSC_1902
DSC_1924
DSC_1926

3時間の飲み放題ですが特筆すべきは量と濃さ、ウィスキーロックは並々注がれ、ジントニックはほとんどジン...当店で強めの酒を3~4杯頂くとノックダウンの恐れあります!

DSC_1884
DSC_1892
DSC_1913
DSC_1920

料理も高級なものはありませんが作りたて、どの料理も素材の良さを活かして美味しかったです、手軽に楽しめる肉バル、お薦めです^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
MEAT&WINE ワインホールグラマー 田町 (WINEHALL GLAMOUR)
050-5592-6579

会社の同僚が”美味いチキンを食べさせてくれる”お店があるということで、ウィークデーランチに訪れたのは芝4丁目の「ファーマーズチキン」さん。三田駅近く、第一京浜沿いに位置します。外観はパステルグリーンの外壁が多少目立ちますが間口狭いので気付かず通り越してしまうこともありそうです^^;
 
DSC_5004-b

店内はカウンター席オンリー、背中側が通路ですがかなり狭いです。店内で食べられる人数は限られれいるのでテイクアウトを積極的に取られているようです。当日も13時頃でしたがひっきりなしにテイクアウトされる方がいらっしゃいました。
 
DSC_4997

注文は「クォーターチキンプレート(800円)、ハーフで注文したかったのですがガラスケース内でローストされているチキンがクォーターサイズ分しか取れないということでサイズダウンしました。待つこと6~7分でやって来ました。
 
DSC_5001

クォーターサイズでもそれなりに量はあります。付け合わせはサラダとローストポテト、ライスもデフォで量多めです。ローストチキンはしっかりハーブとスパイスが効いています、焼き加減も絶妙、皮のパリパリ感がいいですね。骨と身の間も部分も絶妙の火加減で鶏の旨さが凝縮されています。

DSC_5003

鶏肉を知り尽くし、ハーブ&スパイス使いが絶妙の職人さんが作った美味しいローストチキン、これはお勧めですよ!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ファーマーズチキン (Farmer's Chicken)
03-3457-0707

↑このページのトップヘ