@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:煮干しラーメン

お店の前を50回以上は通過しているのですが入店は初めてになる「倉敷らーめん 升家」さん、平日ランチで取引先の方と訪問しました!!

20210309_115838

店内は奥に長い構造ですね、厨房とカウンター席が平行に伸びます。12時頃で店内は7割方埋まっていました。

20210309_114420
20210309_114525
20210309_114512

注文は「らーめんAランチ(999円)」、平日11~14時で30食限定になります。待つこと10分程で配膳、ラーメンとサラダを一緒に食べるのは初めてかも^^;

20210309_114709

ラーメンは倉敷煮干しらーめん、スープは煮干しが適度に効いて味わい深いですね、今流行りのセメント系ではなく優しい味わいながら煮干しの主張もしっかりです。

20210309_114724

麺は中細ストレート、加水率は低めで煮干しスープに合います。チャーシューは円形中サイズ、薄めで脂バランス良好。他の具材は煮卵ハーフ・もやし・昆布・材木メンマ・青ネギになります。

(。-ω-)ノll
DSC_8423-b

炒飯はハーフサイズでパラパラに仕上がっています。具材は卵・チャーシュー片・青ネギ、癖のない味わいでラーメンのお供に最適ですね!

20210309_114738

”倉敷らーめん”というジャンルは恐らくないと思いますが、バランス良好な煮干しスープは万人に好まれることでしょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
倉敷らーめん 升家
086-427-5225

長引いた打ち合わせを終えて腹拵えに訪れたのは奉還町の「鬼ぼし」さん、以前”エビバル シモンズ”さんがあった場所ですね、お隣は老舗鮨店”すし幸”さんです。

DSC_1795

店内は奥に長い構造、厨房とカウンター席が平行で奥に延びます。入り口の券売機で発券、スタッフさんに手渡しながらカウンター席端っこに着きます。

DSC_1822
DSC_1798

注文は「鬼ぼしラーメン 極(880円)」、券売機に”鬼ぼしのエグいやつ”と書いてありますので果敢に挑戦です。待つこと5~6分で着丼、濃度の高そうなセメントスープですね^^; 丼を斜めにしてもスープが下りてきませんΣ(・口・) 暫く待ってゴクリ...スープというより煮凝り手前の濃縮汁、煮干しの旨味が怒涛のごとく押し寄せてきます!

DSC_1810

麺は中細ストレート、デフォで少し軟いでしょうか、濃厚煮干しスープに絡んでツルツル感はなく、ズルっと飲み込む感じです。チャーシューはレアと焼きが2枚、どちらも厚みがしっかりで食べごたえあります。他の具材は刻みタマネギと煮干し一匹・青ネギになります。後半には机上の煮干し酢を投入、味が少し引き締まった感じの味変が可能です。

DSC_1805
(。-ω-)ノll
DSC_1815-b

食後には店主さんと暫し歓談、桜木町の煮干し名店さんやラーメン談義で盛り上がります。通常の鬼ぼしラーメンは万人向け煮干しですが、極は煮干しマニアをターゲットにされており、食べ手を選ぶそうです! 一日10食程度しか提供できないそうですので、煮干し好きの方は是非!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
鬼ぼし
086-241-2774

今日は午後から倉敷市内で打合せ、腹拵えにやって来たのは倉敷地方卸売市場内にある「麺屋がる」さん、以前100年食堂 まさや食堂さんがあった場所になります。

DSC_9741-b
DSC_9736

店内はかなり改装されていますね、厨房前にカウンター席を新設、小上がり席はなくなり綺麗なテーブル席が増えていました。

DSC_9735
DSC_9718

注文は「煮干しらーめん(650円)」、待つこと7~8分で着丼、濃紺の双喜紋丼が渋いっすね^^; スープは醤油豚骨ベースにしっかり煮干しが香る美味しいスープですね、煮干しはかなりしっかりですがえぐ味なくすっきり感と奥深さを両立しています!

DSC_9721

麺は中細ストレート、デフォで良いくらいの硬さ、加水率も適度で煮干しスープをしっかり口元まで持ち上げてくれます。チャーシューは脂バランスの良い仕様が1枚、厚みも合って食べごたえあります。他の具材はシナチクと青ネギになります。

DSC_9724
(。-ω-)ノll
DSC_9727-b

100年食堂の跡を継がれる形でオープンされた当店、この先の100年をしっかり営んで欲しいですね^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
麺屋がる
電話:不明

玉野市田井に浜堂さん直系のお店がオープンされたと聞き及び、休日に早速訪問です。住宅街の一角、なかなか趣のある民家を改装させてオープンされたのは「つるかめ食堂」さん、夜は居酒屋営業もされるようです。

DSC_9663-b
DSC_9666

店内も民家構造ですね、靴を脱がずにそのまま上がるスタイル、3部屋に別れており、真ん中に厨房とカウンター席があります!

DSC_9670

注文は平打そば(690円)と餃子(290円)、待つこと7~8分で着丼、スープは綺麗に澄んだ煮干し出汁、和風味であっさりですが奥深さもあります、鶏脂もかなりありスープ温度は食べ終わるまで下がりません。

DSC_9676

麺は平打ち縮れ、デフォでいい塩梅の硬さ、麺自体もしっかり味わえる仕様。具材はレアチャーシュー4枚・シナチク・青ネギ、中でもしっかり旨味あるシナチクは好みの味わいでした!

DSC_9680
(。-ω-)ノll
DSC_9692-b

少し遅れて餃子も登場、中サイズが5個、焦げ目がいい感じで入っていますね。皮は少しもっちりで具材はあっさり仕様、ビールのアテにも最適な美味しい餃子でした^^

DSC_9697

食後には厨房におられた大将の森さんと暫し談笑、相変わらず精力的に動かれる大将に感心です!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
つるかめ食堂
090-7777-4702

午前中の打合せを終えたのが11時50分、小走りで新店の「はやぶさ」さんまでやって来ました。以前中華料理のアプランドル(辰巳から移転)さんがあったビルですね!!

DSC_7813

入口の券売機で食券を購入、スタッフさんに手渡しながらカウンター席端っこに着きます。細長いビルで厨房位置はアプランドルさん時代と同じです。

DSC_7814
DSC_7817
DSC_7816

注文は「にぼし醤油(880円)」、待つこと10分程で着丼...純白のスープに度肝を抜かれますΣ(・口・) 調理器具のエスプーマを使うとあらゆる食材をムースの様に出来るらしいです!! 表面は白泡ですが中はにぼし醤油の褐色、ガツンッと来る濃厚さはないですがしっかり煮干しが感じられる美味いスープです。醤油は6種の醸造所醤油をブレンドされているとのこと、こだわりが凄いですね。

DSC_7820
DSC_7833-b

麺は中細ストレート、デフォで少し軟いでしょうか。レアーチャーシューは一枚で脂身なしの健康的な味わい、他の具材はシナチク・刻み海苔・青ネギと白い物体(未確認!)。

DSC_7823
(。-ω-)ノll
DSC_7828-b

エスプーマ仕様の表面ムーススープがインパクトありますが、煮干しスープはしっかり和風、見た目よりオーソドックで美味しいラーメンでした^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
麺屋 はやぶさ 岡山店
086-231-5757

↑このページのトップヘ