@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:焼き飯

今日は朝から気温の高い10月序盤、最高気温28℃の中をランチに伺ったのは今年4月にオープンされた「中華料理 味祥」さん、改装物件ですが以前が何のお店だったか記憶にありません...( ・◇・)?

DSC_1389

店内はまだ真新しい印象です、手前がテーブル席で一番奥が厨房、カウンター席は厨房前の構成、お一人様なのでカウンター席端っこに着きます。

DSC_1367
DSC_1369-b

注文は日替わり(880円)、今日のメインは鮭入りレタス炒飯、サブは半ラーメン、小鉢は唐揚げの構成です。無料のサラダ(漬け野菜)ありますので、2品取ってのんびり待ちます。

DSC_1378
DSC_1373

鮭入りレタス炒飯、量が多いですね、二合近くあります^^; レタスの水分が出てかなりしっとりの仕上がり、味付けは塩だけとかなりシンプル、鮭のほぐし身入っていますが量は少ないです。

DSC_1381

半ラーメン、中華スープっぽい鶏ガラ醤油味、麺は縮れの強い中華麺、極小チャーシューの他にシナチク・もやし・青ネギが入っています。特に特徴はありませんが、スープ替わりに頂くには申し分ありません!!

DSC_1383
(。-ω-)ノll
DSC_1386

唐揚げ2個&無料漬け野菜もあり食べきるとかなりの満腹感です、夜は安価なコース料理もありますので宵呑みにも使い勝手良さげな大陸中華料理店さんですね^^

(お店の情報)
中華料理 味祥 (中華料理 アジショウ)
086-284-5723

秋雨前線で朝から雨模様の10月序盤、ランチに伺ったのは南区藤田の「ラーメン道」さん、国道から少し西に入った立地、前回訪問からは3~4年経ってそうです。外観はご自宅改造型の雰囲気、駐車場は店舗前に確保されています。

DSC_3834

店内はカウンターとテーブル席の構成、真新しい雰囲気は未だ残っており、天井も高く快適な空間です。12時前後で近隣の仕事人さんがどんどん入店されてきました。

DSC_3826-b

注文は「炒飯セット(900円)」、待つこと6~7分でやって来ました。炒飯はハーフサイズ、マカロニサラダの小鉢が付いてきます。

DSC_3828

スープは昔ながらの醤油豚骨、醤油がかなり前面に出ており塩分濃度はかなり高いです。岡山ラーメンの甘さはなくご飯が欲しくなる味わいですね^^; 麺は中細ストレート、デフォで若干軟いです。チャーシューはバラ肉より少し厚めの中サイズが3枚、他の具材は細シナチクと青ネギです。

(。-ω-)ノll
DSC_3833

炒飯はパラパラ寄りの仕上げ、具材は人参・青ネギのみじん切り、味付けは醤油ベース、シンプルさ際立つ印象です。

DSC_3830

古き良き時代の懐かしラーメン、今流行の洒落た味わいではありませんが安定感はかなりあるように思いました。

(お店の情報)
ラーメン道
086-296-2066

30℃近くまで気温上昇の岡山市内、未だ半袖が気持ちいいですね、晴天の中をランチに伺ったのはモンゴル料理の「青空アイル」さん。以前は大陸ラーメン店、その前は大陸中華料理店、内観はそのまま、居抜きで入居されています。

DSC_1265

12時少し前の入店でテーブル席は埋まり、その後数人来店され小上がりも満席になりました、人気ありますね。

DSC_1272-b
DSC_1273

注文は「ラム肉餃子定食(800円)」、待つこと10分弱で配膳です。餃子と半炒飯のセットですが、どちらもかなりボリュームあります^^

DSC_1278

ラム肉餃子、皮はもっちりで中のラム肉はたっぷり、野菜は少なめで肉餃子の印象です。子羊肉独特の風味はしっかり残っていますがかなり大きく(関東サイズ)、食べ応えありました。

DSC_1284

半炒飯はカレー風味でスパイシーな味付け、ハーフとなっていますが量はほぼ一人前でしょう。肉片はラム肉でしょうか、香草のみじん切りも入っていますがカレー風味が勝っており、最後まで飽きずに美味しく頂きました。

DSC_1282

夜メニューも充実、美味しそうな一品料理も数多くラインナップされていますので次回は宵呑みに訪れたいと思います。

(お店の情報)
青空アイル
電話:086-959-4631

今日は福岡市内で打ち合わせ、腹拵えでやって来たのは博多駅構内にある「博多らーめん Shin-Shin」さん、こちら(博多めん街道)で頂くのは3回目、以前は一幸舎さん・だるまさんでお世話になりました。Shin-Shinさん、開店前に10人程度並んでいますがお店が広いので大丈夫だろうと判断、最後尾に付きます!!

DSC_0829-b

お一人様なのでカウンター席に案内されます、こちらは食券ではなく席での注文が可能です。ランチ限定価格のラーメン+半焼き飯セット(880円)を注文、待つこと7~8分で着丼です。

DSC_0809-b
DSC_0811

スープは言わずと知れたオーソドックな豚骨、獣臭はなく割と濃いめですが癖ないですね、クリーミィなタイプではありません。

DSC_0819

硬めでお願いした細麺ストレートはドンピシャ、喉越し良くツルツル頂けます、チャーシューはこぶりなサイズが2枚、脂がしっかりのっています。他の具材はキクラゲ・青ネギ、後半は卓上の白ごまと紅しょうがを投入し味変させました。

DSC_0824

半焼き飯、ハーフサイズにしては量があるでしょうか。具材は卵・チャーシュー片・青ネギとシンプル、パラパラとしっとりの中間、脂がしっかり回っていました、私的にはもう少しあっさり仕上げの方が好みです。

DSC_0815

王道の博多ラーメンを味わえるShin-Shinさん、開店後10分でかなりの待ち行列出来てました、博多めん街道の中では一番人気のように思います!!

(お店の情報)
博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店
050-5570-2915

今日のランチは玉野市の天芸さん、地元のTV番組(Voice愛)で”入りにくいお店・見つけにくい お店”として紹介されました、開業して6年、3年程前に前を通りかかりましたが”民家台所の勝手口”に圧倒され立ち去った記憶があります^^;

DSC00094
DSC00072

店内は...やっぱり民家の雰囲気ですね、多少リノベされているとは思いますが親戚の家にお邪魔した印象、隣接の厨房も普通の台所です!

DSC00078

注文は「餃子セット(600円)」、日本語堪能な女将さんが台所で丁寧焼いてくださいます。待つこと10分弱で配膳、中サイズの餃子が8個もあります(・∀・)

DSC00080

中の具材はしっかり詰まっています、辣油&香草の風味が大陸中華を感じさせますが癖がありません。大蒜もしっかり効いていて、かなり好みの味わいでした。

DSC00084

同行者の焼き飯、醤油の味わいが絶妙でこれはかなりいい感じ、しっとり系ですが今まで食べた焼き飯(炒飯)ではかなり上位に来ますね!! 次回はこれの大盛りを頂きましょう^^

DSC00085
DSC00088


(お店の情報)
天芸
050-5593-4461

↑このページのトップヘ