@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:深夜ラーメン

呑んだくれた友人と〆ラーメンにやって来ました、薄暗い通りに面した漢口さんの赤い提灯は誘蛾灯の役目をきっちり果たします^^; 夜営業の当店、混み合う時間帯は24時前後ですね!
 
DSC_3335

店内はカウンターのみ、奥に長い構造、ラーメンの他に若干のアテも用意されています。ラーメンは基本の支那そばの他に幾つかありますがトッピング追加になります。
 
DSC_3342
DSC_3340-b

注文は焼豚入り支那そば(700円)、大将がカウンター内で丁寧に作ってくださいます。待つこと5分少々で完成、優しい醤油とんこつの色合いですね、焼豚追加仕様なので見た目豪華です^^
 
DSC_3349

スープは色合い同様優しい味わい、〆向けです。麺は中細ストレート、デフォで若干軟いです。チャーシューは軟らかく脂の入りが絶妙、他の具材はゆで卵半身と青葱、飲み疲れた最後の〆にふさわしい仕上がりでした^^

(。-ω-)ノll 
DSC_3353

当店は平成元年の創業、その前は天瀬町で洋食屋さんをされていたそうです。御年80歳の大将が丁寧に作ってくださる支那そば、酔い醒ましの一杯として美味しく頂きました(・∀・)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
漢口 (カンコウ)
086-226-5375
 

お昼を食べ損ねた週末金曜日、友人と夕食にやって来たのは表町の昭和中華「姚泉」さん。お昼に通りかかると間違いなく閉業されいると勘違いされるであろう激渋の外観、夜になるとネオン効果か、艶めかしく輝きを増してきます(・∀・)
 
DSC_2552

店内はカウンター席オンリー、テーブル席も一席ありますが餃子の皮を包む作業台になっていました。中華屋さんに多い朱色のカウンター席奥に着き、ラーメン・焼き飯・餃子を注文です。
 
DSC_2555-b

一番先に餃子がやって来ました、薄皮仕様で小ぶりの餃子が12個、一口サイズで具材もシンプル、関東の大きな餃子になれていると物足りなさを感じるかもしれません。

DSC_2559

焼き飯は家庭的な仕上がり、しっとり系でシンプルな味わい、塩加減が絶妙、おかん焼き飯の中ではかなりレベル高いですね^^ 小椀のスープ付きです!
 
DSC_2562
DSC_2564

ラーメンは最後に登場、見た目シンプルな中華屋さん仕様です。スープは鶏ガラ系でかなり薄味、麺は細ストレート・加水率低めで若干ぼそっとした食感です。

DSC_2568

脂のノリが絶妙な小サイズチャーシューは3枚、他の具材はもやし・青葱・海苔になります。スープの薄さで好き嫌い分かれそうですが個人的には加水率低い細麺にあった〆ラーメンに思いました!!
 
(。-ω-)ノll 
DSC_2572

今年で創業55年を誇る表町路地裏の昭和中華の姚泉さん、一人呑みもよさ気なお店ですよ!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
姚泉 (トウセン)
086-223-9738
 

早めの夕食を頂きに訪れたのは駅前町のポークラーメンさん、朝4時まで営業されていますので〆に伺ったことは何度かありますが、シラフでは初かもしれません! 駅前商店街から北に外れた立地、こびきさんは割りと近隣にあります!
 
DSC_2146

店内はカウンター席とテーブル席、今日は先客いらっしゃらなかったのでテーブル席に着きました。当店はラーメンの種類が多いです、鶏ガラをベースにして醤油・豚骨醤油・塩・味噌と多岐に渡り、カレー風味やバターも存在します。酒のアテになる一品もありとても利便性の良いラーメン屋さんです。
 
DSC_2130-b

注文は味噌ラーメン(450円)・焼き飯(550円)、待つこと7~8分で同時にやって来ました。味噌スープは甘めで優しい味わい、ガツンと来るタイプではなく鶏ガラに少量の合わせ味噌を加えた印象です。

DSC_2137

麺は中細ストレート・デフォで少し軟らか目、チャーシューはしっかり脂がのった中サイズが2枚、他の具材は細もやし・太シナチク・青ネギになります。全体バランスは良いですがインパクトは若干弱めです。
 
(。-ω-)ノll 
DSC_2141

焼き飯、パラパラ仕様で米の水分をかなり頑張って飛ばした印象です。具材は玉葱・人参・葱・チャーシュー片・玉子、塩はしっかり効いていて家庭的な味わいもあります。いい意味で”おかんの焼き飯”タイプですね^^ 

DSC_2143
DSC_2145

付属のスープは鶏ガラパイタン仕様、これがラーメンスープの元になっているのはないでしょうか!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ポークラーメン
086-223-6578
 

呑んだくれた友人と中央町の伴さんにやって来ました、飲み屋街に位置しますので営業は19時からになっています。こじんまりした外観ですが周りが暗いので浮き上がった様な存在感があります。
 
DSC_0891

店内はカウンター席オンリー、席間は狭いので満席になると窮屈な感じは否めません。スタッフさんは二人、役割分担がきちんと出来ており狭い厨房内で効率的に作業されます^^
 
DSC_0893

注文は中華そば(700円)と餃子(400円)、待つこと6~7分で着丼です。スープは豚骨醤油、白濁感があり豚骨が勝った味わい、たっぷりの量、岡山ラーメン特有の甘みは少ないです。

DSC_0895

麺は中細ストレート・デフォで若干軟らか目、チャーシューは軟らかく薄いものが2枚、脂ののりは良く好みです。他の具材はメンマと青ネギです。アルコール入っていますので通常の味覚と違っていますが、かなりあっさりに感じました!
 
(。-ω-)ノll 
DSC_0898

餃子はしっかり焦げ目のついた小サイズが8個、岡山市内でよく見掛けるシナっとした仕上がり、具材の量が少ないのも西日本特有ですね。ラーメンを啜りながら頂く餃子は美味しいです(*^^*)

DSC_0901


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
中華そば伴 中央町店
086-233-4898
 

呑んだくれた友人とやって来たのは千日センター街ビルの裏路地にある「豚松」さん、夜営業のお店になります。この路地にはいくつかお店ありますが小西珈琲さん以外は夜だけの営業になっています。年季の入った外観、ラーメン提灯が哀愁を醸し出します。
 
DSC_0412
DSC_0410

店内はカウンターのみ10席、奥にギューンと伸びる鰻の寝床です。椅子はレトロな形状ですが色んな柄のカバーが縫い付けてあります。メニューはラーメン主体ですが、一品のアテもいくつかありビールを頂きながら〆でラーメンのパターンも多いですね。
 
DSC_0402

注文は味噌ラーメン(670円)、待つこと5分少々で着丼です。豚骨醤油ベース?に味噌を加えており塩ッケが強いですね、味噌の香ばしい味わいも加わってインパクトあります。

DSC_0404

麺は中細で若干の縮れあり、加水率高くデフォで軟らか目、モチっとした食感です。チャーシューはトロトロ且つ濃厚、好みの味わいです。濃い味わいのシナチク・細もやし・コーン・青葱・焼き海苔の脇役もしっかりです。
 
(。-ω-)ノll 
DSC_0409

愛嬌ある大将としっかりされた女将さん、千日前の銘店ラーメンを末永く守り続けて欲しいです^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
豚松
086-223-6556

↑このページのトップヘ