@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:海老ラーメン

葉月終盤戦、梅雨みたいなしとしと雨が毎日続きますね、陽射しが恋しくなります。厚い雲の下をドライブしてやって来たのは井原市の「情熱麺屋313」さん、目を引く赤いバスが店舗になります。

DSC_3966
DSC_3936

ドア横のボタンを押すとプシューとエアーでドアが開きます、入って左側に券売機ありますので発券、店主さんに渡して最後尾の席に移動、二人掛けと四人掛けのテーブル席がありました。

DSC_3941-b
DSC_3943

注文は「濃厚えびらーめん(700円)」、運転席周りの厨房で大将が丁寧に作ってくださいます。待つこと7~8分で着丼、スープが何だか赤黒いですね^^;

DSC_3949

赤黒いスープを一口飲むと海老の風味が口中に溢れます! 普段アテで頂くガラエビの煮付け風じゃなく、焼海老をスープに溶かした感じですかね、そこには粒が溜まっていましたのでこれがエキスの正体でしょうか(・◇・。)?

DSC_3952

麺は中細縮れ、プルッとした食感の少し変わった麺...個人的には岡山ラーメンで使用されるストレート麺が合うように思いました。脂バランスの良い円形チャーシューが一枚、他の具材はゆで卵半身・シナチク・青ネギになります。

(。-ω-)ノll
DSC_3965-b

赤いバスの情熱店主さんが仕上げる情熱ラーメン、次回は辛ねぎのまぜそばを頂きましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
情熱麺屋313
070-1874-0313

連日の猛暑で睡眠不足、疲労困憊の身体に海老エキスで喝を入れましょう! やって来たのは富田町の加藤商店さん、以前は”今を粋ろ”さん、その前は”きしうどん”さんがあった場所になります。

DSC_3211

入口の券売機で食券を購入、スタッフさんに手渡します。おひとり様なのでカウンター端っこに座り出来上がりを待ちます。カウンター含めて、”今を粋ろ”さん時代とほぼ同じ構造ですね!

DSC_3188
DSC_3185

注文は「濃厚海老とんこつ 大(850円)」、二日間限定のラーメンになります。待つこと7~8分で着丼、焼海苔3枚がそそり立っています^^;

DSC_3192

スープは家系特有の粘度の高い豚骨醤油、とろっとした食感が良いですね。一口目で焼き海老の風味を強く感じましたが食べ進む毎に本来の豚骨醤油が勝ってきます。

DSC_3199

麺は太く若干の縮れ、硬めでお願いしてジャストな仕上がり。大きなチャーシューは脂バランスが良く好みの仕様、他の具材はほうれん草・焼海苔3枚になります!

(。-ω-)ノll
DSC_3207-b

家系の豚骨醤油+海老は上品な仕上がり、後半は海老風味薄く感じましたがさっぱり頂けて夏向きでもありますね^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
家系ラーメン 加藤商店
 富田町共同ビル 1F
086-238-8891

福山方面の打ち合わせを済ませ、笠岡市内を通過、BMしていた新店のラーメン屋さんで昼食を摂りましょう。「めんや 麺介」さん、笠岡市役所にほど近い立地、赤いラーメン幟と白暖簾が目印になります。

DSC_6025

厨房を囲むカウンター席とテーブル席の構成、テーブル間はかなり離れており全体的に広々感があります。

DSC_6013

注文は「牛骨エビ塩(600円)」、他には牛骨醤油・油そば醤油・油そば四川風の3種がラインナップされていました。待つこと5~6分で着丼、綺麗に澄んだ透明スープですね!!、具材配置もお見事、見た目で美味さが伝わってきます。牛骨ベース+塩の旨味に海老風味がしっかり、見た目より濃い目の味わい、麺を啜りながらも海老風味が感じられるのは素晴らしいです(・∀・)

DSC_6016

麺は中細若干の縮れ、スープの旨味をしっかり絡めています。炙りチャーシューは中サイズが2枚、厚みはしっかりあります。煮玉子は半身、シナチク・白髪ネギ・青菜(三つ葉?)の構成。

(。-ω-)ノll
DSC_6023-b

スープは若干オイリーな感じもしますが、牛骨・塩・海老の三位一体スープは抜群ですね。笠岡ラーメンのお膝元で極上牛骨エビ塩ラーメンを味わうのも一興でしょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
めんや 麺介
電話:不明

師走も最終週、年末の挨拶回りも佳境を迎えています。気忙しい中を岩田町の「海老そば 三十郎」さんまでやって来ました。ラーメン店が3店並ぶ激戦区、当店は向かって右端になります。

DSC_3485

店内は縦長構造、カウンターが奥に延びます。手前側が7席で奥側が5席、区切りには少し段差が生じています。

DSC_3490

注文は「海老そば(780円)」、待つこと6~7分で着丼です。チャーシューのかわりに海老ワンタンが入っていますのでちょっと変わったビジュアルですね。スープは海老の香りが優しく香る和風っぽい味わい、最初薄いかなと思ったんですがまぁこれくらいの濃度が良いかもしれませんね。甘エビの頭で出汁を取られているそうです!

DSC_3494

麺は平打縮れ麺、デフォで少し軟いですが海老スープには合う硬さだと思います。平打でスープの馴染み度をアップさせているのでしょう。海老ワンタンはしっかり身が詰まって上品な味わい、他の具材は白ネギ・カイワレ・ゆで卵半身になります。

(。-ω-)ノll
DSC_3497-b

ガツンッとくる濃厚な味わいを期待すると肩透かし喰らうかもしれませんが、和風味の範囲で上品な海老の汁そばを目指したオリジナル海老ラーメン、最後まで美味しく頂きました!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
海老そば 三十郎
086-221-3106

↑このページのトップヘ