@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:欧州カレー

寒波も少し緩んだ日曜日、近隣の用事を済ませてランチに伺ったのは倉敷市二子の「木々珈琲舎」さん、店舗前の幹線道はかなり頻繁に通過しますが木々珈琲舎さんは今回初訪問になります。左右で白黒に分かれる外観、お洒落ですね!
 
DSC_5920

店内は左右で喫煙席と禁煙席に別れます、タバコを止めて7年、味覚と嗅覚は戻ってきましたが脳の機能は低下中です( ̄▽ ̄;) 勿論禁煙席に着きメニューをじっくり眺めます。
 
DSC_5910-b

注文は「野菜ビーフカレー(850円)」、すぐにサラダとスープがやって来ました。温かいコンソメ系スープ、冬季はもう少し量を飲みたいですね!
 
DSC_5914

メインの野菜ビーフカレーがやって来ました! ルーは適度な粘りがあり各種スパイスがしっかり効いた味わい、日式と欧風カレーの中間の印象。

DSC_5916
DSC_5918

形を残した野菜とビーフが入っています、ライスはいつも頂くうるち米、炊きたてで美味しいですが量は若干少なめでしょうか、最後まで美味しく頂きました^^

(お店の情報)
木々珈琲舎 (モクモクコーヒーシャ)
086-463-5755
 

長月後半も秋雨前線が活発な西日本、秋雨の間隙をついてランチに訪れたのは茶屋町の老舗カフェ「メレンゲ」さん。今年で創業36年の貫禄、緑に囲まれた外観は風格を漂わせます。
 
DSC_3359

店内もふんだんに木材を使った贅沢な造り、平成ではなかなか造れない贅沢な構造です。店舗前に植樹された木々により店内には軟らかな陽射しが入ってきます。
 
DSC_3366
DSC_3382-b

注文は当店自慢の「ビーフカレー コンチネンタル(900円)」、静かな空間で配膳を待ちます。集合テーブルではご年配の方が静かに読書されています...時が止まったかのような静けさです。
 
DSC_3381

欧州カレーはしっかり煮込まれて深い味わい、辛さはさほどでもありませんが奥深い処でスパイスを感じます、欧州カレーの中ではあっさり系に位置すると思います。酸味のあるコールスローは欧州カレーにしっかり合っています!!
 
DSC_3372

ランチメニューは少ない当店、次回はサイフォン式の珈琲目当てに伺いたいと思います。


(お店の情報)
メレンゲ
086-428-6311
 

戻り梅雨の様な天候、蒸し暑い中をランチに訪れたのは楢津の「ぶどうの木舎」さん、西バイパスが北まで延びて自宅から短時間で行かれるようになりました! 外観は老舗洋食屋さん、駐車場が縦列になるので要注意です。
 
DSC_2034

店内はシックで落ち着いた空間になっています、ベテランスタッフさんのシャキシャキした接客も良いですね^^
 
DSC_2013-b

注文は薬膳カレーセット(1250円)、まず最初にハーブティーがやって来ます。3種混合で爽やかな味わい、アミューズ・スープの順で続きます。ごぼうの温スープはかなり濃い味わい、風味豊かで好みの味でした。
 
DSC_2011
DSC_2016
DSC_2018

暫くしてメインの薬膳カレー登場、高麗人参・くこの実・松の実・あかなつめ・他各種スパイスがしっかり効いていますが辛くはありません。

DSC_2021

マッシュルームと牛もも肉もしっかり、ホテルで頂く欧風カレーを薬膳仕様に仕立てた印象です。
 
DSC_2023

食後にはデザート&珈琲を頂き、昼下がりの時間を楽しみます。ホテルご出身のシェフが作られる薬膳カレー、とても美味しく頂きました^^

DSC_2033


(お店の情報)
食工房 ぶどうの木舎 (ブドウノモクシャ)
086-284-6730
 

3月初旬で気温は20℃、ここまで上昇すると肩の力が抜けてきますね^^; ポカポカ陽気の中、週末ランチに訪れたのは倉田の「ボン・ヴォイージ」さん。雑貨やアート作品を展示即売もされているカレー(ドリアあり)専門の店舗さんになります。
 
DSCF0113

店内はお洒落な空間ですね、ヨット備品や陶器類がセンスよく展示されています、ヒロヤマガタ氏の作品は複数枚ありました、オーナーさんのコレクションなのでしょうね。喫煙・禁煙席は完全分離されています!!
 
DSCF0093
DSCF0097

注文は月替りカレー(1250円)、今月は牡蠣カレーになります。コールスローサラダがすぐに運ばれてきました、爽やかな味わいが良かったです。

DSCF0100
DSCF0095

その後暫くして牡蠣カレーの登場、中サイズの牡蠣が6個あります。ルーは濃い目でスパイスは程々の印象、酸味が若干感じられるタイプです。量は多めですのでしっかりご飯に掛けられます! このルーはビーフに一番合うように思いました。
 
DSCF0103
DSCF0106
DSCF0109

食後のブレンドコーヒーを頂きながら窓から射し込む春の陽光を楽しました! シーズン終盤の牡蠣、地元産だと思いますが最後にカレーで頂けて良かったです^^

DSCF0112



(お店の情報)
ボン・ヴォイージ
086-277-2201
 

↑このページのトップヘ