@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:昭和食堂

今日は広島出張、打ち合わせ前の腹ごしらえで中区加古町の水主亭さんまでやって来ました、路面電車一本で近隣まで来れますので広島駅からもそう遠くないですね! 紺青の暖簾が素敵な昭和食堂さんです。

DSC_2671

店内はお昼時で活況を呈しています、女性3人のOLさんがのんびり食事されている昭和食堂さんは久しぶりです。

DSC_2662-b

出遅れたのでガラスケースの一品おかずは少なくなっていました。気さくな女将さんに飯(小)と味噌汁とお願いすると、「飯小なら味噌汁は大にしたら?」→「じゃ、お願い!!」...これが後で大変なことになります...

DSC_2658
DSC_2660

ご飯は小でも巷の大ですね、それにしてもこの味噌汁はメガトン級...おまけに具沢山で豆腐・白菜・ゴボウ・もやしがしっかり入ってます...この味噌汁を平らげるのに悪戦苦闘、でも昔ながらのしっかり味噌が効いた味わい、最後まで美味しく頂きました。

DSC_2665
DSC_2668

一品おかずは鶏うま煮を選択、あっさりした味付けですが鶏の美味さがしっかり出ていますね。昔ながらのスパゲッティも手作りの良さが出ていました!

DSC_2670

合計400円でお腹パンパン、”しっかり食べて貰いたい”とのお母さんの愛情が詰まった水主亭さん、若い方向きではありませんが愛情に飢えたらまたお邪魔します^^

(お店の情報)
水主亭 (かこてい)
電話:非公開

2年前に不定休で振られた「にのみや食堂」さん、大阪出張時にリベンジ訪問、今日はしっかり暖簾が掛かっていました。古い民家の造りですね、引き戸の入り口はリノベされていますが昭和食堂の匂いを強烈に解き放っています...

DSC_2330
DSC_2302
DSC_2329

店内は激渋です、昭和中期頃の風情を完全に残していますね。色褪せて黒ずんだメニュー表、簡素なテーブルに丸いす、どなた様かの古い写真、むき出しの配電盤...イニシエ度は今まで訪れた昭和食堂さんの中でも5本の指に入るでしょう...コンクリート打ちっぱなしのくすんだ床は安藤○雄氏も真っ青な出来栄えです^^

DSC_2319
DSC_2316
DSC_2317
DSC_2324

注文は「本日の定食(470円)」、細面の女将さんに伝えのんびり待ちます。10分弱で配膳、丸い盆にご飯・味噌汁・生姜焼き・蒲鉾の構成です。

DSC_2307

贅肉をスコーーーンっと削ぎ落としたシンプル・イズ・ベストの内容ですね...厚くない生姜焼きは4枚なので丼ご飯をきっちり4分割して丁寧に頂きましょう。一品付きとなっていたのは蒲鉾2枚のことですね、嬉しい副菜、白ご飯の良い友になります!

DSC_2310
DSC_2311

食後には時間が止まった店内で暫しまったり...何も手を加えず昭和中期のTVドラマ撮影が出来るなぁ...と空想に耽ります...

(お店の情報)
にのみや食堂
06-6451-1716

今日は朝から晴天、昨日は雨に祟られたので背中の甲羅をしっかり乾かしながら「食堂 伊賀」さんまで歩きます。中野駅から徒歩6~7分で到着、赤い日除け看板が目立つ外観、店頭手書きのメニューがいい感じです^^;

DSC_1951
DSC_1969
DSC_1971

店内は奥に長い構造、カウンター席もありますが遅い時間帯でしたのでテーブル席に着かせて頂きます。内観もかなり歴史を感じますね、現役の黒電話が激渋であります!!

DSC_1955
DSC_1957

定食メニューが豊富な当店、暫し悩みながらハムカツ定食(680円)を注文、素早い動作で大将が調理くださいます。待つこと10分弱でやって来ました、ミニ納豆ともやしナムルが付いています!!

DSC_1961

こんがり焼かれたハムカツは厚みがありますね、サイズも大きく4枚ありますので食べ応えあります。ウスターソースで2枚、シンプルに醤油で2枚頂きましたが香ばしい味わいで白ご飯が進みます。

DSC_1964

食後は大将と暫し歓談、オレオレ詐欺の電話があったこと等、風刺話題で盛り上がりました^^

(お店の情報)
食堂 伊賀
03-3383-5277

近隣の打ち合わせを終えてランチに訪れたのは八王子駅前の昭和食堂「南口食堂」さん、駅至近でこの風情の食堂さんが残っていることに驚きです!! 文字の掠れた日除け看板が素敵ですね(*´∇`*)

DSC_1930
DSCF4478

入り口が二箇所ある当店、一階はかなり変形で横長構造、北向きの暖簾を潜ると一品おかずのショーケースありますのでメインと小皿を選択、お母さんに告げて奥のテーブルに着きます。先に小さなヤカンを持ってきてくれますので温めのお茶を頂きながらのんびり待ちます。

DSC_1943
DSC_1942
DSC_1932

今日の選択は焼き鯖にマカロンサラダとほうれん草のお浸し、ご飯・味噌汁・漬物が付いて720円になりました。ご飯は何も言わなければ中サイズかな、茶碗のサイズが大きいので中サイズでもドカ飯ですね^^;

DSC_1935

いい塩梅に焼かれた焼き鯖、脂ものりも良く白ご飯がガッツリ進みます。絶妙の塩加減ですが醤油をサッと軽くかけました。マカロニサラダ&ほうれん草のお浸しも美味しいですね、おふくろの味です。ご飯は少し柔らか目でしたが出汁が効いた味噌汁は絶品ででした。

DSC_1937

丁度お昼時でしたが近隣の仕事人が次々と来店、二階にも席があるようで内階段を登られています。活気ある八王子駅前の昭和食堂さん、次は昼呑みに訪れましょう(・∀・)

(お店の情報)
南口食堂
042-642-9931

今日は笹沖の路地裏うどん店にやって来ました、長屋風建屋の中央に位置する「半ちゃんうどん」さん、赤ちょうちんが居酒屋を連想させますが昼営業だけのうどん屋さん、掠れた赤文字看板が年季を感じさせます。

DSC_1819
DSC_1824

暖簾を潜るとカウンター席、奥に小上がり席の構成、厨房はカウンターの奥、妙齢の女性スタッフさん2名で切り盛りされています。

DSC_1829

注文は日替わり(650円)、うどんは温・冷が選べます。少し歩いたので冷たいうどんを選択、待つこと6~7分で配膳、今日のメインは白身フライです。

DSC_1834

うどんはハーフサイズ、冷たいうどんなので麺がしっかり締まった硬質うどん、コシがあるタイプのうどんじゃないかな、温だとまた印象変わるでしょう。具材は蒲鉾・青ネギ、練りワサビがしっかり付いていました^^;

DSC_1840
(。-ω-)ノll
DSC_1844

白身フライは強めに揚がっていて香ばしい味わい、中の白身はホクホクで白ご飯が進みます^^ さつまいも・茄子の天ぷらも揚げたて、他に小鉢3品と漬物が付いて650円ならお得でしょう。

DSC_1837

食後には無料の珈琲を頂きながら暫しまったり...外気温は下がってすっかり秋の気配、明日は何を食べようかと思案しながらのんびりです (。-ω-) ナニタベヨカナ!

(お店の情報)
半ちゃんうどん
086-425-2318

↑このページのトップヘ