@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:握り鮨

夜の街は3ヶ月半ぶりですね、ネオンが目に染みます^^; 4ヶ月ほど前に偶然見つけた「すし晴」さん、以前町中華さんが営業されていたビル一階に昨秋オープンされました。

DSC03014

店内は町中華の面影はまったくなくなり、整然として高級感のある鮨屋さんに変わっていました。厨房前の鍵の字カウンターと後ろにテーブル席がひとつの構成です!

DSC02930

二部制を敷いておられ、一部はコースオンリー、21時からの二部はアラカルトOKになっています。まずは佐藤 黒で喉を潤し序盤のアテを頂きましょう。煮蛸は軟らかく静岡産山葵で頂くと一気に味が締まります。甘海老はむき身で繊細な味わい、甘さを堪能です。

DSC02922
DSC02929
DSC02920

徳島産岩牡蠣は酢の物と茶碗蒸し、コリッとした新鮮な味わいを酢で堪能。茶碗蒸しは出汁感が凄いですね、旨味がしっかり抽出されおり、いくらとの相性も抜群です。瀬戸内名物テナガダコはマダコに比べてあっさりですね、アテにいい感じです。

DSC02932
DSC02936
DSC02937
DSC02942

白雲丹は焼き茄子・オクラと一緒に頂きます、バフンウニに比べるとあっさりですが繊細さを楽しむなら白でしょう。アワビ、サイズは小さめですが味はしっかり濃縮されており海の風味を堪能です。造りは4種、鰹・キンメダイ・イサキ・マコガレイ、藻塩で頂くマコガレイが一番好みの味わいでした!

DSC02948
DSC02952
DSC02953

ここからは握りに移ります、最初はアオリイカ、薄切りにしてご飯粒ほどの大きさに仕上げます...驚くほど甘く蕩ける烏賊身に驚愕です。キスは細長く仕上げていますね、端正な味わいです。鰆は岡山ではお馴染みの魚種、安定感ある味わいです。

DSC02962
DSC02964
DSC02967

車海老はしっかりした食感の仕上がり、濃いめの味で食欲を増進させます。漬けは定番ながら赤身の美味さを増幅させています。とり貝は湯引きされしっかり食感を楽しめます。

DSC02968
DSC02971
DSC02973

中トロは赤身と脂のバランス良好で健康的な味わい、大トロは甘みが強く舌の上で溶けます。鯵は初夏が旬ですね、青魚特有の脂が美味いです。

DSC02976
DSC02978
DSC02981

ウニ軍艦は2種の雲丹をてんこ盛り、甘さの違いを焼海苔でしっかり堪能です。煮穴子は山椒とタレの二通りで味わえます、軟らかく煮込まれた穴子は絶品ですね!。〆は干瓢巻、海老頭で出汁を取った味噌汁がいい感じですね。

DSC02988
DSC02991
DSC02998
DSC03002
DSC03008

都内の鮨店さんや築地市場で修行された大将の懐は深いです、季節毎に伺って旬のアテや握りを頂きたいです(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
すし晴
 乗金ビル 1F
086-230-2556

備前焼の器を買い出しに備前市伊部周辺を散策、かなりのお店が閉まっていますね! 開いているお店でお聞きするとコロナの影響で人通りがなくなり、4月中旬頃から閉めているお店が多いそうです... お腹も空いてきたので伊部駅西の寿司一さんでランチを頂きましょう。

DSC_1473

店内は奥に長い構造、厨房前のカウンター席、中央はテーブル席、窓際は小上がり席とフルラインナップ、12時過ぎで先客さんなし、奥のテーブル席に着きます。

DSC_1476

注文は寿司定食、待つこと10分少々で配膳...盛りだくさんの内容ですね、天ぷらは膳に入り切らないので別皿になっています^^

DSC_1479

握り鮨は4貫、ネタは大きくありませんが仕上がりが良いですね、海老が好みの味わい。巻き寿司も4巻、小ぶりですがしっかり巻いてあります。

DSC_1493

天ぷらは海老も入って6種、衣はしんなり仕様ですね、やわらかい食感が良い感じです。ベカの煮付けは濃い目の味わい、中サイズが5匹mビールが欲しくなります。小鉢の先附4品もしっかり丁寧に作られていました、特にまこ煮付けとだし巻き卵が良かったです!!

DSC_1481
DSC_1490
DSC_1488

西片上にあった同名の店舗さんはご兄弟のお店さんでしたが数年前に惜しまれつつ閉店、伊部店さんには末永く頑張って頂きたいですね。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
寿司一 伊部店
0869-64-3449

今日の休日は久々に家族集合で夕餉を頂きましょう! 息子二人は大食漢なので海一さんのテイクアウト利用、前日予約で夕方17時、引取りに伺います。久々に大将&奥さんと歓談、コロナの影響は大きいですが色々創意工夫、しっかり頑張られておられます。

DSC_1321

テイクアウト利用はおまかせオードブルと特選握り二人前、麦酒と焼酎で頂きましょう^^ オードブルはかなり大きな丸容器に多種多様な料理が詰め込まれています。

P1012002
P1012010
P1012037
P1012044

鯛身餅米挟みに早良の塩焼き・旬野菜のかき揚げ・南蛮漬け・河豚の唐揚げ・真子と筍煮・鶏から・ローストビーフ、和職人が腕によりをかけると見事なオードブルになりますね、おかずよりもアテになる内容かな!

P1012013
P1012016
P1012018
P1012021
P1012024
P1012026
P1012028
P1012030

特選握りは10貫+だし巻き2つ、トロ・ハマチ・赤身・鯛・数の子・焼きあなご・甘海老・雲丹・いくら・白身、どのアテも新鮮で美味いですね、甘い味わいのトロと雲丹、香ばしい焼きあなごが特に好みの味わいでした(*^^*)

P1012055

コロナ明けたらカウンター席で大将と積もる話をさせて頂きましょう!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
海一 (うみいち)
086-238-3991

如月中盤戦、年度末に向けての栄養補給で「鮨 縁」さんにやって来ました。約10年ぶりですね、一斉スタートのない時代、遅い時間帯にアラカルトで頂いた記憶があります。

en
DSC02066

店内は白木の一文字カウンター8席、オシャレな空間です、無駄なものは一切排除していますが内観にセンスがあります。大将の会話を楽しむなら中央付近に座るのがベストでしょう!

DSC_9653
DSC_9655
DSC01949-b

2ヶ月前の予約で席を確保、8名揃って一斉スタートです。前半はアテが続きます。鮎稚魚の茶碗蒸しは繊細な味わいですね、アオサの風味が加わって奥深さも演出です。次に登場はのれそれ、「伸るか反るか」の語源にもなっている穴子の稚魚です、スッキリした味わいです。タチウオは炙り仕様、加工していない天然海苔の濃い味わいでしっかり身を引き締めています。

DSC01886
DSC01889
DSC01899
DSC01883

ウニご飯は少量ですが味が濃いですね、北海道産バフンウニは独特の旨味があります。穴子の干物、人肌よりも低い温度で炙ってあり、旨味が凝縮されています、これは酒が進みますね。旬の牡蠣握りはまるまる太っています、火が通っており甘みが強く出ていました。

DSC01908
DSC01913
DSC01928
DSC01987

河豚の白子は四角い器で登場、餡掛け仕様で甘みの強い卵巣本来の味を引き締めます。早良の握りは朱色の器で登場、塩胡椒で全体が凝縮されて鰆身の美味さを引き出しています。石鯛はわさび和えで登場、天然わさびは辛くない上質な味わい、淡白な石鯛に良く合います。椀物はのどぐろ、焼きだと独特の脂が美味いですが汁だと繊細な出汁が溶け出してより上品な味になっています!

DSC01931
DSC01941
DSC01961
DSC01968

ここから握りの部が開始されます。
鯛・鰆・ハリイカ
DSC01972
DSC01976
DSC01984
DSC01981


小鯛・中トロ・ママカリ
DSC01990
DSC01994
DSC01996


ミル貝・車海老・鯖
DSC01999
DSC02002
DSC02013
DSC02026


キングサーモン・金目鯛・穴子
DSC02029
DSC02031
DSC02036

シャリは少なめ、ネタもシャリに合わせてコンパクトですが素材に合わせて一工夫されていますので満足感は高いですね。当店の握りは独特の酢飯が特徴です、この酢飯を求めて頻繁に通われる方も多いです。お酒と一緒に頂くなら適量ですがシャリが少なめなので、当日ご一緒された方はコースの後に4~5貫追加されていました。

握りの後はねぎとろ・巻き寿司・玉子焼きが供されて終了になります。焼海苔が特に秀逸ですね、パリッと感は当然ですが旨味が強くて美味しいです、この焼き海苔だけで良いアテになりそうです。

DSC02047
DSC02054
DSC02058

我が家近隣鮨屋ご出身の大将はまだお若く研究熱心ですね、切れの良い所作と清廉な接客で岡山でも有数の鮨屋さんに登り詰められました。予約はかなり取り難くなっていますが、季節を変えて再訪したいと思います。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
鮨 縁(エン)
 つるべマンション 1F
086-232-8168

雲ひとつない青空の中をランチに訪れたのは茶屋町の「桜ヶ丘」さん、2019年6月にオープンされた新店さんです。以前、”おふくろ茶屋”さんがあった場所になります。

DSC_6178

店内は奥に長い構造、厨房前にカウンター席と小上がり席が平行に列びます。13時頃の入店、先客2名さん、おひとり様なのでカウンター端っこに着きます。

DSC_6148
DSC_6153

ランチメニューは寿司御膳と海鮮のつけ丼(共に1500円)、寿司御膳を注文です。今日は大将おひとりで切り盛りされていますのでなかなか忙しいですね。待つこと15分程で全部揃いました! 値段は少し張りますが寿司定食としては申し分ないでしょう。握り6貫・鉄火巻2巻・卵焼きに上のお膳は天ぷら・焚物・茶碗蒸し・小鉢・味噌汁・デザートの構成です。

DSC_6164

握り、ネタはどれも新鮮ですね、適度なサイズでシャリも中盛りかな。鯖・漬・黄ニラが特に好みの味わいでした。天ぷらは揚げたて、焚物・ひじき煮もきちんと作られています。上質な内容に満足しました^^

DSC_6169
DSC_6172
DSC_6155
DSC_6159

食後には暫し大将と歓談、大きな鮨店で修行され茶屋町近辺の出店を狙われていたそうです。次回は宵呑みに訪れてお薦めの一品をアテに焼酎を頂きましょう!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
和のこころ 桜ヶ丘
090-2806-2826

↑このページのトップヘ