@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:岡山駅

久々のダントツさん、移転されて初訪問、茹でもやしが苦手なので中々足が遠のいていましたがマイレビさんの混ぜラーメンをみて足を運びました。ラーメン店3軒並びの珍しい光景だったんですが...豚肉麵 高はしさんの看板がなくなってますね Σ(・口・)

DSC_5933
DSC_5912

開店して10分ですが満席&待ちが6人、まぁ人気店なのでこれくらいなら仕方ないでしょうね。券売機で購入し、後ろの待ち椅子に座ってのんびりです。

DSC_5914
DSC_5932-b
DSC_5921

入店後15分で席に着け、着丼は20分後でした。なかなかダイナミックな風貌ですね、厚みのある円形チャーシュー・角切りチャーシュー・大蒜チップ・もやしで麺が全然見えません^^;

DSC_5923

麺は太麺で150g、タレは脂と醤油でバランスの良い仕上がり、黒胡椒を振ると大蒜チップの辛さが活きて絶妙な味わいになりますね。円形チャーシューは脂バランスが良く、角切りチャーシューは濃い目の味わいでどちらも美味しく頂きました^^

(。-ω-)ノll
DSC_5926-b

退店する12時過ぎには待ちが20名前後...ダントツファンの方々は足繁く通われるのでしょうね!!

(お店の情報)
ダントツラーメン 岡山一番店
086-222-2202

久々のオリビエさん、同僚とランチで伺いました。ウィークデーでしたが早い時間帯から皆さん入られていますね、打ち合わせを兼ねた方も大勢いらっしゃいます。グランヴィア岡山の2階にはオリビエさんの他にも和食・中華のレストランがあります、使い勝手は良いですね。

DSC_1570

窓際のテーブル席に案内されます、ランチメニューは和食・洋食が数多くラインナップされていますが一番人気は週替りランチ(2000円)になるようです。肉・魚・パスタ・その他からメインを選択、サラダ・スープ・惣菜・ソフトドリンクはブッフェコーナーから取り放題になります。

DSC_1595-b
DSC_1589

メインは肉を選択し、ビュッフェコーナーでサラダ・スープ・惣菜を選択です。サラダの種類が多いのは嬉しいですね、彩りよくチョイスします。スープはかぼちゃポタージュとオニオンスープの2種、惣菜も適度に盛り付けます^^

DSC_1578

本日のミートランチメインは「豚珍甘のグリエ イチジクのソース かぼちゃのグラタン添え」、香ばしく焼かれた豚肉に甘いソースが掛かっています!、イチジク風味ですので濃厚さの中に独特の旨味が詰まっています。

DSC_1584
DSC_1588

食後には珈琲&デザートを頂き暫しまったり...明日は急激に気温低下との予報、事前に脂肪をしっかり蓄えましょう( ´)Д(` )

DSC_1591


(お店の情報)
カフェレストラン オリビエ (OLIVIER)
086-233-3138

台風襲来のウィークデー、雨に濡れず入店できる「ばくだん屋」さんを訪れました。一番街地下駐車場に駐めれば徒歩1~2分でたどり着けます。広島市内のお店は何度か訪問していますが、一番街店は初訪問です。

DSC_0067

12時40分頃の訪問で満席、暫く待って大テーブルに案内されます。つけ麺で有名当店ですが、中華そばを食べられている方が大半です^^;

DSC_0083-b

注文は「広島つけ麺 大(957円)」、待つこと10分弱でやって来ました。辛さは10レベルなので胡麻が浮かんだつけ汁(唐辛子&ラー油ベース)は赤色に染まってます^^; 大サイズなので茹でキャベツ・青ネギ・きゅうりの量も多いですね。

DSC_0075

辛さ10は辛いものが得意な方には丁度いい塩梅でしょうか、麺・野菜の美味さを引き出しつつ辛味を楽しめます。麺はデフォで少し硬め、白ごまが絡んでツルツル喉を通ります。野菜もしっかり摂れるのが広島つけ麺の特徴ですね。チャーシューは薄い円形タイプが2枚、特徴のあるものではありません。

DSC_0077
(。-ω-)ノll
DSC_0082

一定の速度で完食、巷のつけ麺とは一線を画す広島つけ麺ですが定期的に食べたくなる味わいです^^

(お店の情報)
ばくだん屋 岡山一番街店
086-801-9222

山陰の両雄と県南の侘び寂びスポットを散策、乾きを癒すべく訪れたのは懐石料理で名高い「あじ彩 真」さん、リーズナブルで日常シーンでも利用しやすい店舗さん、岡山駅からも近く便利な立地です。

DSC_8637

事前予約していましたので入り口右手側のテーブル席に着きます。当日は土曜日でしたが予約で満席、さすがの人気店ですね、事前予約が必須の店舗さんです。

DSC_8639-b

まずは生ビールで乾杯、乾いた身体にビールが素早く吸収されます。アテは先付け八寸、夏らしい器と盛り付け&素材、大将のセンス良さを感じさせます。そら豆のカエル細工(一寸蛙)&沢蟹素揚げで季節感をしっかり演出ですね!、自家製心太・茄子の白和えが良いアテになりました。

DSC_8642
DSC_8646

椀物は鱧の葛打ちと水無月豆腐、鱧の身は軟らかく繊細、暑い時期でも温かいものは嬉しいです。造りは、鯛の薄造り、これは柑橘を絞りポン酢で頂きます、身の締まった鯛は良いアテになります。真魚鰹・鰹・カンパチ・鱧・こんにゃくは山葵と醤油で頂きます、旬の魚はどれも新鮮、素材の良さを堪能です。

DSC_8655
DSC_8664

焼き物は玉ねぎ田楽、新玉ねぎの甘みと田楽味噌の香ばしさが楽しめる逸品、自宅でも頻繁に頂きたくなる美味しさです。焚物は穴子の湯葉蒸し、瀬戸内の穴子はしっかり素材の甘味と新鮮さが出ていました。

DSC_8670
DSC_8675
DSC_8658

揚げ物はキス、これから暑くなってくると山陰の砂浜で大物が釣れ始めます、投釣りのターゲットでもあります。カラッとあがって身も骨も美味しく頂きました。ご飯物は、鯛めし・味噌汁・香の物、あっさり薄味の鯛めしはシンプルな味わい、鯛の出汁が移った米は食欲を増進させます。

DSC_8682
DSC_8687
DSC_8694

水物を頂きながら暫しまったり、色んな話題で盛り上がった一次会もお開き、精悍な大将のお見送りを受けて店舗を後にしました!!

(お店の情報)
あじ彩 真
086-221-8810

移動の合間、気忙しい中をランチにお邪魔したのは岡山駅在来線エリア内にある「吉備」さん、時間のないときに何度か利用したことがあります。券売機が入り口手前にありますので、入店前に注文するものを決めておく必要があります。
 
DSC_2977

入店したらカウンター内(厨房)のスタッフさんにチケットを渡します。早い時間帯でしたが先客5名いらっしゃいました、皆さん移動中のビジネスマンの方ですね。注文は天ざる(600円)、待つこと5分少々で配膳です。
 
DSC_2982

蕎麦は若干黒っぽい田舎風の仕様、場所柄繊細な味わいは期待しませんがそこそこコシがあり、のど越し良いですね。出汁は濃い目の味わい、関東風の仕上がり、端を浸す程度で十分です。

DSC_2987
DSC_2990

天ぷらは海老2尾、若干しなっとしていますが場所柄仕方ないでしょう。
 
DSC_2994
DSC_2999

手早く注文品を出すことが第一条件の駅構内のうどん・そば店、10分弱でざるそば頂くことが出来、早々に移動することが出来ました!!


(お店の情報)
吉備
086-801-0066
 

↑このページのトップヘ