@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:大門駅

仕事関連の方4人で宵呑みに訪れたのは大門駅近くの「ふかざわ」さん、路地裏のビル3階に位置しますのでしっかり場所を把握しないと通り過ぎます^^; 日中は37℃超えの都内、宵になっても身体に纏わり付く熱気が残っています。
 
DSC_2343

エレベーターで3階にだどり付き、個室に通されます、狭いですが仕切られた空間は落ち着きますね。火曜日でしたが店内はほぼ満席でした!
 
DSC_2344
DSC_2349
DSC_2345
DSC_2346

まずは生ビールで乾杯、この時節、最初の一杯は至福ですね^^ 遅れてくるメンバーが居ましたので料理は予約せず五月雨式に注文です、暑い時期&年寄りばかりなので重いものは避け居酒屋メニューをお願いします。
 
DSC_2348
DSC_2351

枝豆は焼きが入っており香ばしい味わい、フライドポテトはタレがかかってしっとり食感、つくねはとても濃厚な味わい、〆の焼き肉鮨はボリュームありました。仕事関係ですが気のおけないメンバー、楽しい時間が過ごせました!!

DSC_2352
DSC_2354


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ふかざわ
03-6459-0664
 

同僚と宵呑みに訪れたのは大門駅近くの焼き鳥「とり治」さん、第一京浜からすぐ脇に入った場所にあります。入り口に電灯看板がありますので誘蛾灯に誘われるように二階に上がります^^;
 
DSC_2106

店内は四人掛けテーブル*4・カウンター席の構成、狭い空間ながら高齢のお父さん・お母さんが頑張って営まれていますのでホッと落ち着く空間になっています。
 
DSC_2108

お約束の生中と突き出しでスタート、焼き鳥屋さんですので、まずはお得なセットA(とり・レバー・砂肝・ねぎま・はつ・手羽先)を注文、これはお父さんがじっくり時間を掛けて焼き上げてくれますので、どれも美味しいです。特にレバーの濃い味わいと塩を効かせた砂肝は絶品でした。
 
DSC_2110

DSC_2111

DSC_2113

DSC_2117

昼食が遅かったため、アテは少なめでお酒が進みます。もろきゅう・だし巻き・大根蒸鶏サラダを突付きながら同僚と色んな話で盛り上がります。だし巻きは定番の美味さ、大根蒸鶏サラダは量が多くお得な内容でした。
 
DSC_2115

DSC_2120

DSC_2119

木曜日ですぐにテーブル席は埋まりました。メニューに寄っては時間が掛かるケースもありましたがこれもアットホームなお店ならではと気になりません。年季の入ったお父さんの焼き鳥をしっかり堪能させて頂きました^^

DSC_2122

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
とり治 (トリハル)
03-3437-9905 

<2015年3月>
東京出張初日のお昼は大門駅近くの蕎麦屋「嘉一」さんにやって来ました。外観はとても地味な佇まい、間口も広くないのでうっかりすると通り過ぎそうになります^^; 中は縦長構造で奥に行くほど広い造りになっています。

DSC_0973

11時50分頃の訪問で既に7割ほど席は埋まっています。奥の一人掛けテーブルに付き、ランチメニューから限定10食の海老天つけ汁(1000円)を注文、今日の蕎麦は「北つくば 常陸秋そば」と掲示されていました。

DSC_0976

待つこと10分程度で登場、蕎麦はデフォで2枚盛りになっています。二八でコシの強い蕎麦、この歯応えは好みであります。つけ汁には既に海老2尾とさつまいも天が入っています、これは別皿提供の方が良いですね。つけ汁は鰹出汁でかなり濃い味わい、そば湯で薄めないと飲むのはキツイです。天ぷらはカラッと仕上がっており、つけ汁に浸されていてもしっかりした衣の食感は残っています。

DSC_0978

DSC_0977

立地・内容から考えるとこの”海老天つけ汁(1000円)”はお得だと思います、大門駅周辺ではお勧めできる蕎麦屋さんですね!!

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)


嘉一 (かいち)
03-5777-1212

<2015年2月>
東京営業所近くのお蕎麦屋さん「案山子」さんにランチに訪れました。人気店なので開店(11時15分)直後に訪問、お一人様なのでカウンター席端っこに座ります。店内は狭いですが、小洒落た雰囲気、無駄なものを一切省いたシンプルな内観です。

DSC_0733

DSC_0725

たぬき蕎麦と卵かけごはんのセット(1050円)を注文、待つこと10分少々でたぬき蕎麦の登場。蕎麦は二八で細く色白美人、かけで頂くと後半軟くなります。今回は寒さに負け、かけそばを頂きましたがこの細さだと冷たいそばが正解ですね。汁は濃い目で鰹の効いたタイプ、ここに揚げ玉が融けだして独特の味わいを醸し出しています。

DSC_0728

蕎麦が終わる頃に卵かけごはん登場、自分で混ぜて頂く仕様になっています。卵は黄身が濃く高さがあるので新鮮さが伝わってきます、ご飯も炊きたてで粒が立っています。出汁醤油を掛け、混ぜてからご飯にかけます。

DSC_0730

DSC_0731

お互いの素性良さを引き出し、シンプルながらとても美味しいです。蕎麦の量が少ないので男性には必須のセットだと思います。


ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
蕎麦 案山子 (そば かかし)
03-6272-4416

<2015年1月>
前職の同僚とやって来たのは大門駅近くの中国料理 唐文記さん、今日の都内はかなり雨脚が強いので駅近隣で呑むことにしました。第一京浜から一本東寄りに入った道路沿いビルの一階が入り口になっています。週末ということで19時40分頃の訪問で店内はほぼ満席、諦めて別のお店に行こうと考えたのですが二階にも席があるということで入店しました。

DSCF1747

二階は予想より広い造りになっています、但し隣席との境は簾になっているので声は丸聞こえ、仕切りのないワンフロアーと考えるのが正解です。

DSCF1741

まずは瓶ビールで乾杯し、メニューから適当に一品料理を注文です。ザーサイ、これは時間がかからないということで注文、あっさりした味わいで全く辛くありません。

DSCF1738

DSCF1740

DSCF1742

DSCF1743

蒸し鶏の酒浸け、「新登場」とメニューに記載があり、興味本位で注文、これも想像よりあっさり味で鶏肉本来の味を楽しめます。棒々鶏は、甘辛タレが美味しくビールに合う味付けです。青椒肉絲は定番の味付け、ちょっと濃厚な味わいでした。油淋鶏はちょっと変わった仕様、タレがあっさりでコロモのサクサク感が油淋鶏らしくないです^^;

DSCF1744

DSCF1745

DSCF1746

二人で軽く食べて呑んで8000円、一品料理の量もそれなりにあり、都内駅近隣としてはリーズナブルだと感じました。

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
中国料理 唐文記
03-3436-3839 

↑このページのトップヘ