@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:土用丑の日

近隣の打ち合わせを終えてランチに訪れたのは広島駅から何とか徒歩圏内の「若みや」さん、気温上昇でヘタれつつある身体に栄養注入です!

DSC_2190

暖簾をくぐると階段が...一階が調理場(焼場)で二階が店舗の構造ですね、12時少し前の訪問で先客さん2名、私の後に続々と来店、暑くなると鰻は大人気ですね!

DSC_2166

注文は「うな重 特」+ご飯大盛り、特は”大一尾”で特上は”中一尾半”、その金額差1000円に恐れをなしました^^; 待つこと15分ほどで配膳、蜆の味噌汁と香の物が付いてきます。

DSC_2187

大一尾だけあって大きなサイズですね。表面はしっかり焼かれて香ばしい味わい、中の身はふっくらです。タレは癖がなく若干あっさり目、甘みも抑えられているので最後まで一定のペースで頂けました!!

DSC_2173
DSC_2184

食後には熱いお茶を頂きながら暫しまったり...怠い身体に喝を入れましたので午後からも頑張りましょう 旦_(-ω- ,,)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
若みや
082-286-4355

文月中盤、夏風邪で体力低下、うなぎで精を付けましょう! やって来たのは人形町駅から徒歩数分の三好さん、ビル外階段を登って中二階に位置します。

DSC_2483

店内は奥に広い構造、手前が厨房とカウンター席、奥にテーブル席と小上がり席があります。13時前で4割程度でしょうか、おひとり様なのでカウンター席端っこに着きます!

DSC_2484

注文は「うな重 雪(4480円)」、待つこと25分程でやって来ました。中サイズの重箱にうなぎが鎮座、中サイズが一尾半、綺麗な焼け目ですね^^ 肝吸いと香の物が付いてきます!!

DSC_2490

うなぎはふっくらで軟らかく焼き上がっていますね、蒸しの工程も入って関西仕様よりも軟いですが適度な弾力も残しています。タレは甘みを抑えたすっきり仕様、うなぎの脂を抑える役割もあるのでしょう、終盤になってもしつこさは皆無、これだと二人前を難なく頂けそうです(*^^*) 肝吸い&香の物もレベル高く、最後まで美味しく頂きました!!

DSC_2497

本店さんは西伊豆にあるようですね、静岡出張の時にでも遠征してみましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
三好
 ナカハタビル 1F
050-5872-2843

この時期の出張は汗まみれになりますね、今日はキャリーバッグを引き摺っての移動、午前中で精根尽き果てます(-_- 土用丑の日も近いので鰻で身体に喝を入れましょう(*^^*) という事でやって来たのは浅草橋の千葉屋さん、創業は明治26年...125年の歴史を誇る老舗鰻屋さんです。

DSC_0613

12時過ぎていましたが一階の入り口至近のテーブル席が空いています、その後もどんどん入店されますが二階席へ案内されていました。

DSC_0617

注文は鰻重 特上(4700円)、待つこと25分程で配膳、肝吸いと香の物がセットされています。ランチでしたら鰻重一択ですが、昼飲みするなら白焼き・板わさ・肝煮等が良さげですね。

DSC_0621

蒲焼は関西にはない蒸し工程入りますのでふっくらですね、タレは濃厚ですが辛味の中にしっかり甘みを感じられる関東仕様、脂のりは良く鰻本来の旨味もしっかり、ご飯とのバランスもよく最後まで美味しく頂きました^^

DSC_0629

食後には女将さんと暫し歓談、こだわりの国産鰻使用ですが仕入れ値上昇もさることながら、欲しいサイズがなかなか揃わないそうです、「この先どうなるのか!」...鰻を普通に食べれるのはそれほど長くないかもしれませんね...

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
千葉家 (ちばや)
03-3851-2261

休日ランチに訪れたのは中区銀山町の「柳橋 こだに」さん、銀山町電停から至近ですが広島駅からも歩ける距離です。開店時間に合わせて訪れましたが長蛇の列...土用丑の日ではありませんがやはり盛夏の鰻屋さんは活況を呈しておられます。

DSC_9495-b
DSC_9466

少し待って二階の大テーブルに案内されます、鰻屋さんにしては提供時間は早めで回転はそれほど悪くありません。お昼専用メニューもありましたが、今回は「うな重(上)」と「瓶ビール」をお願いします。

DSC_9489-b

冷やされたグラスで呑むビール...至福の瞬間ですね、この一杯の為に働いているのかもしれません^^; 皆さんの豪快な食べっぷりを横目で眺めながらうなぎを待ちます。

DSC_9470

15分弱でお待ちかねのうな重登場、適度に切られた鰻身が綺麗に並べられています。蒸し工程の入っていない焼き仕上げですが十分軟らかく外かわの香ばしさを相まって箸がどんどん進みます。焼き具合も絶妙ですね、どの箇所も均一に火が入っています!

DSC_9479

タレは甘くなくスッキリした味わい、掛かっている量は若干少なめですがテーブルに常備タレ瓶がありますのでいつでも追加可能です。肝吸いもあっさり仕上げのすまし汁、三つ葉も入って口内をすっきりしてくれます。

DSC_9484

昭和22年創業の老舗うなぎ屋さん、上品なうな重を堪能いたしました^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
柳橋 こだに
082-246-7201

土用丑の日、実家ではおふくろが裏庭に設えた七輪で焼いいてくれたうなぎ、少し焦げた皮が家庭仕様でそれもまた趣がありました^^ 丑の日を二日後に控えた出張ランチ、蒲田の老舗うなぎ屋 寿々喜さんでうな重を頂きました。西口から徒歩5分前後でしょうか、商店街の先に当店はあります。
 
DSC_2071

12時少し前、待つことなく小上がりのテーブル席に着けました。その後すぐに満席、12時台にいらした方は20分ほど待ちになっていました。土用丑の日には少し早いですが皆さん三々五々集まっていらっしゃいましたよ^^;
 
DSC_2069-b
DSC_2061

注文は赤重(2590円)、うな重に吸い物・サラダ・漬物が付きます。待つこと30分少々で配膳、焼きたてうなぎの登場です!。

DSC_2064

ウナギは関東仕上げですので、蒸されて軟らか、ホクホクした身は食べやすいですね! 蒸されても香ばしさは残っており、ウナギ特有お風味をしっかり楽しめます(^^ 重箱は少し小さめですが深さはしっかりありご飯量は十分でした、都内で2000円台のうな重を頂けるのは有り難いですね(*^^*)
 
DSC_2065

すまし汁も美味しいです、具材はドンコとうずらの卵と青菜、岡山では肝吸いのことが多いですが当店のあっさりタイプも濃厚なウナギに合います。食べ慣れた関西仕上げ(焼きだけ)は香ばしさ際立ちますが、蒸しを加えた関東仕上げは癖がなく食べやすいです、都内は特に鰻屋さん多いので色々食べ比べてみたいです!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
寿々喜 (すずき)
03-3731-5239
 

↑このページのトップヘ