@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:回鍋肉

梅雨明けして酷暑の続く岡山市内、中華料理で栄養補給しましょ! やって来たのは水島緑町の中華マシマロさん、今年4月オープンの新店中華料理店、真っ赤な壁と看板が目立つ外観ですね。

DSC_3077

店内は横に長い構造、壁際のカウンター席とテーブル席が4つで合計19席。12時半ころの訪問で先客さん4名、地元の方でしょうかね、昼からしっかり呑まれていました^^;

DSC_3060

注文は回鍋肉定食(850円)、待つこと10分弱で配膳、サラダと卵スープの量が多いのは嬉しいですね^^; ご飯はおかわり出来ます!!

DSC_3063

回鍋肉は濃い目の味付け、シャキシャキしたキャベツの食感が良いですね、肉の量も思いの外多く、大盛りご飯がガッツリ進みました(*^^*)

DSC_3070

定食の他に一品料理もかなり充実していますね、宵に訪れる機会あれば、八宝菜・酢豚・餃子でビールを頂きましょう!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
中華 マシマロ
086-527-6266

ウィークデーは仕事関連の呑みが多いんですが日曜日の夜は極力外出せず、家呑みを自分に奨励しています^^ エライデソ!

風呂上がりの22時頃から芋焼酎(偶にウィスキー)をロックで頂きます!! 睡眠薬代わりですのでペースは外呑みより早く1時間ほどでかなり酔っていますね^^;

(外観及び内観は2015年6月撮影)
kouka01
kouka02

今宵のアテは幸香さんの中華オードブル(2700円)と追加で青椒肉絲(700円)、夕方お店に電話して持ち帰ります。大将は手が早いので20分ほどで作られますね。

DSC_8622
DSC_8625

今回のアテはエビチリ・回鍋肉・酢豚・鶏から・八宝菜・揚げ餃子・青椒肉絲、どの料理もレベル高いですね! 特に酢豚は肉が大きく食べごたえあり、八宝菜は野菜豊富で好みの味わいです。年に10回以上取り寄せていますが味の安定感は抜群ですね。

DSC_8627
DSC_8630
DSC_8633
DSC_8637
DSC_8641
DSC_8643
DSC_8652

店舗名称に香徳園さん支店と付いていますが現在は繋がっていないのでは?...味付けもかなり違うように思います...

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
中国料理 幸香
086-244-4432

冷たい雨が降り出した霜月終盤戦、近隣の用事を済ませランチに伺ったのは「台湾料理台北101」さん、以前も中華料理店でしたが数年前居抜きで入られました。以前の店名もそのまま残ってますね^^; お目当ての店に振られ近隣をトボトボ...店内のお父さんと目が合ってしまいました!

DSC_4120

店内はテーブル席とカウンター席、カウンターは大きめでピカピカに磨かれています。焼酎・日本酒のボトルも多数ありましたので夜は宴会で賑わうのでしょう。

DSC_4115

ランチメニューは10種をラインナップ、ラーメン&炒飯系をぐっと堪え、先頭の「回鍋肉定食(750円)」を注文、厨房でコック姿のお母さんが作ってくださいます。待つこと7~8分で配膳、メインの他に卵スープ・サラダ・ザーサイ・杏仁豆腐の構成です。

DSC_4116

回鍋肉はメリハリの有る味付け、シャキシャキ食感のキャベツに甘辛い甜麺醤の味付けは合いますね。きくらげ・人参・玉ねぎも入っていますが、豚肉は少なめでした!

DSC_4117

カウンター内のお父さんは日本語があまり得意ではありませんが、メニュー関連はアイコンタクトで通じます^^;

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
台湾料理台北101
080-6334-1780

今日は友人3人と中華呑み、訪れたのは四川料理の「九眼橋」さん、人気店なので予約して訪問です。野田屋町界隈は土曜日ということもあって人出が多いです!

DSC_2621

店内はこざっぱり、白基調の壁でカウンター席もあり割烹の雰囲気ですね。今日は入り口近くのテーブル席を確保、美味しいアテでお酒を呑みましょう^^

DSC_2623

焼酎湯割りで乾杯、大根の醤油漬けをアテに宴の始まりです。よだれどり、しっかり香辛料の効いた辛味ソースに漬け込んでいます、鶏肉のさっぱりした風味を活かしながら孤高の辛味を同時に味わえます。

DSC_2630
DSC_2632
DSC_2627

回鍋肉、豚バラ肉・キャベツを豆板醤と甜麺醤(テンメンジャン)で炒めています、辛味ありますがとても繊細な味わいの回鍋肉、良いアテになります。

DSC_2635

水餃子、オリジナルの胡麻甘辛ソースで供されます、しっかりした歯応えの外皮で中のひき肉を包んでいます。これも味のバランスが良かったです。

DSC_2637
DSC_2641

麻婆豆腐、豆板醤で煮込んでいますが山椒がかなり本格的に効いています、最初に辛さがきて後から麻辣の痺れがくる麻婆豆腐、何だか癖になりそうです^^;

DSC_2643

どの料理も一工夫されてレベルの高い味わい、量は少なめなのでグループ呑みする時は単品料理を2~3人前で注文された方が良いでしょう!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の場所)
九眼橋
086-226-5075

↑このページのトップヘ