@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:吹屋ふるさと村

美味しいスープカレーが吹屋ふるさと村で食べられると聞き及び、休日のドライブ兼ねて成羽町吹屋まで遠征です。岡山市内から下道で2時間弱、なかなか遠いですね。吹屋ふるさと村は4年ぶり、日曜日でしたが観光客は少なかったです。

P7210869

つくしさんはふるさと村のメイン通りに位置します。店内は土間のテーブル席と奥の座敷テーブル席、12時前でほぼ満席、人気ありますね。当日予約で奥の席を確保頂きました!

P7210846
P7210848

注文は骨付きチキン(800円)+サラダ(100円)、待つこと10分少々で配膳、ライスはお洒落な黒皿提供、小皿にはわらびのピクルスも付いています。

P7210851

ルーはサラサラ、粘度はほとんどなくライスを浸けても絡みません^^; 辛口でお願いしましたがスパイスはしっかりですね、野菜に20種のスパイスを入れてしっかり煮込んであるそうです。骨付きチキンは2つで身はほろほろと崩れる軟らかさ、野菜はかなり大きなサイズで歯ごたえしっかり、ゆで卵半身もありました。

DSC_2911
P7210860
P7210862

岡山中央卸売市場 ふくふく通り 市場のカレー屋(閉店)さんのレシピを引き継がれたつくしさん、県北の地でスープカレーを根付かせて欲しいですね(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
スープカレーの店 つくし
080-2940-9540

<2015年5月>
吹屋の紅やさんで美味しい珈琲を頂いたあと、再度吹屋ふるさと村メインストリートを見学、通りには観光客が溢れる時間帯になりました。ベンガラの色合いは独特ですね、少しくすんだ色調が山深い吹屋ふるさと村によく合っています。

DSCF0746


混み合う前にランチを頂きにやってきたのは創業33年の藤森食堂さん、外観は他の建物と同様にベンガラ色の壁板・格子窓になっています。11時オープン直後に入店、一番乗りでした。

DSCF0813


内観は昭和食堂の雰囲気ですね、壁には吹屋ふるさと村の古い写真が沢山飾られていました。テーブル席の奥にはかなり広い座敷席があります、広々使うならこの座敷席が正解かもしれませんね。

DSCF0802

DSCF0803

私はざるそば(600円)を、連れは田舎そば(650円)注文、待つこと6~7分で配膳です。蕎麦は色の濃い太めの田舎蕎麦です、コシは強くなく若干もっちりした食感、素朴な味わいです。出汁は鰹ベースで少し甘い味わい、薬味の胡麻粉を入れると一層甘さが強調されます。

DSCF0808


連れの田舎そばは具材たっぷり、筍・山菜・揚げ・牛蒡・大根・茸・豆腐・鶏肉・葱をこれも甘い出汁で楽しみます。この味付けは岡山県中部高梁市成羽地方の伝統かもしれませんね、素朴な味わいをしっかり堪能しました^^

DSCF0810

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
藤森食堂
岡山県高梁市成羽町 吹屋380
0866-29-2907

<2015年5月>
GW後半、少し足を伸ばして高梁市の吹屋ふるさと村までのんびりドライブにやって来ました。岡山市内からだと90分程のドライブになります。グルメマップさんも書かれていますが、ナビ指示通り(備中川面から85号線に入るルート)に進むと、ふるさと村直前でかなり不安になる道幅になります^^; 笹畝坑道を迂回するルートをお勧めします。

DSCF0775

DSCF0758


9時半頃に無事到着、まだ観光客が少ない時間帯でふるさと村の見処を見学、起点に戻って「紅や」さんで珈琲を頂くことに!。当店、藁葺き屋根の古民家をリノベーションした素敵な外観です。

DSCF0781

内観もオーナーさんが集められたアンティーク小物で溢れています。先週の玉島通町商店街おもちゃ館もそうですが、最近懐かしい昭和中期のセピア色にどっぷり浸かっています。

DSCF0782

DSCF0787

DSCF0784

DSCF0798

当店は外にもテーブル席が儲けられています、5~10月が外の外気に触れて頂くも風情があると思います。

DSCF0789


私は珈琲(400円)を、連れは高梁紅茶(450円)を注文、待つこと7~8分でやって来ました。クッキーとのセットになっているのが有難いですね。珈琲は癖のない穏やかな味わいのブレンド、ゆったり頂くのに適した味わいです。

DSCF0793


連れの高梁紅茶は地元高梁市原産、これも香り豊かで飲みやすい紅茶でした。後日薀蓄を語るならこの高梁紅茶の方が良いかもしれませんね^^;

DSCF0796

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
吹屋の紅や
岡山県高梁市成羽町吹屋159-3
電話:非公開

↑このページのトップヘ