@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:千日センター街

皐月終盤戦、今日は30℃近くまで気温急上昇、強烈な紫外線を浴びながらランチに訪れたのは千日センター街西端の「子チェチェ」さん、コヒャンさんの後を居抜きでオープンされました。

DSC_7944

店内はカウンター席オンリー、厨房と平行に一列配置、今日は満席になってしまい若干窮屈な印象を受けました。メニューはタイカレー3種とカオマンガイ等がラインナップ、今後徐々に増えていくのでしょう。

DSC_7947
DSC_7948
DSC_7946

注文は「グリーンチキンカレー(880円)」、待つこと10分弱でやって来ました。手作りっぽい変わった器ですね、表面に店名が掘られていました。パクチーもしっかり添えられています。

DSC_7951

グリーンカレー、辛くして頂きましたがココナッツミルクベースなので上品な味わいはそのままに香辛料の美味さがミックスされています。ハーブもしっかり入っており夏に食べたいタイ料理の筆頭ですね。ライスは勿論長粒種、香りが良くグリーンカレーにピッタリ、最後まで美味しく頂きました!

DSC_7953
DSC_7955

奉還町で営業されていたカードンさんの息子さんがオープンされたタイ料理店、若さを武器にどんどん成長されていくことでしょう。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
子チェチェ (COCHECHE)
086-230-1544

呑んだくれた友人とやって来たのは千日センター街ビルの裏路地にある「豚松」さん、夜営業のお店になります。この路地にはいくつかお店ありますが小西珈琲さん以外は夜だけの営業になっています。年季の入った外観、ラーメン提灯が哀愁を醸し出します。
 
DSC_0412
DSC_0410

店内はカウンターのみ10席、奥にギューンと伸びる鰻の寝床です。椅子はレトロな形状ですが色んな柄のカバーが縫い付けてあります。メニューはラーメン主体ですが、一品のアテもいくつかありビールを頂きながら〆でラーメンのパターンも多いですね。
 
DSC_0402

注文は味噌ラーメン(670円)、待つこと5分少々で着丼です。豚骨醤油ベース?に味噌を加えており塩ッケが強いですね、味噌の香ばしい味わいも加わってインパクトあります。

DSC_0404

麺は中細で若干の縮れあり、加水率高くデフォで軟らか目、モチっとした食感です。チャーシューはトロトロ且つ濃厚、好みの味わいです。濃い味わいのシナチク・細もやし・コーン・青葱・焼き海苔の脇役もしっかりです。
 
(。-ω-)ノll 
DSC_0409

愛嬌ある大将としっかりされた女将さん、千日前の銘店ラーメンを末永く守り続けて欲しいです^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
豚松
086-223-6556

気温急上昇の2月中盤、今日はコートなくても全然寒くありませんね。少し遅くなった昼食を摂りに伺ったのは表町3丁目の小西珈琲さん、豚松さんがある路地の中ほどに位置します。この路地は夜のお店ばかりで昼間は人通りも少なく閑散としています。看板はかなり小さく目立ちませんが引き戸が昔ながらのガラス戸、周囲の壁を白く塗ってあり裏路地の異空間になっています。
 
DSC_5151

店内もカウンター2席、テーブル(2人掛け)2つ計6席と猫の額級です^^; コンクリートカウンター・アンティークなテーブル、その薄暗い雰囲気と相まって隠れ家カフェの要素を満たしています。
 
DSC_5153

DSC_5155

日替わり(1000円)は奥様オリジナル料理、今日は鶏ハムのたまごソース・じゃがいもとチーズのガレット・きょうりと大根のレモンマリネ・人参とコリアンダーのシルクスープ・バケット・ブレンド珈琲となります。
 
DSC_5159

鶏ハムのたまごソースは厚みのある円形タイプ、ロース部位で歯応え良く美味しいです。ガレットは香ばしく焼かれていてバケットに合います。スープはまろやかな味わいでこれもバケットに合う仕様ですね。
 
DSC_5160

DSC_5162

食後の珈琲を頂きながらマスターと暫し歓談、音楽をライフワークに多方面で活躍されているとのことです。隠れ家マニアさんにはお薦めできるカフェさんです!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
小西珈琲 (Konishi Koffee)
080-3887-1250
 

↑このページのトップヘ