@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:剛麺

朝晩は涼しくなりましたが日中はまだ残暑厳しいですね、冷たいうどんを頂きに足守の「赤木手打うどん」さんにやって来ました。自宅兼店舗さんでしょうか、なかなか風情ある外観です。

DSC_0622

店内は時間がゆるく流れる昭和の雰囲気、テーブル席と小上がり席、厨房は奥側で全てを見渡せる構造になっています。

DSC_0603

注文は「冷やし定食(800円)」、待つこと15分ほどで配膳、冷やしうどん・おかず・白ご飯の構成、かなりボリュームありそうです!

DSC_0606

冷やしうどん、麺はかなり硬質なタイプ、モッチリ感は皆無で冷やしにするとなかなか手強いです。コシがあるという印象ではなく芯の太いうどん麺です。つけ汁はあっさりで薄めの素麺汁みたいです。

DSC_0613
(。-ω-)ノll
DSC_0620

おかずは、鱧天(鱧フライ)とコロッケ、揚げたて熱々でかなりレベル高いですね。コロッケもサイズは小ぶりですが手作り感にあふれ、肉じゃが風の具材も良かったです!

DSC_0609

注文後、茹で作業に入りますので提供までの時間は多少掛かりますが、定食としてのレベルは高い(ご飯・おかずが美味い!)と思います。硬質な剛麺がお好きな方は是非!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
赤木手打うどん
086-295-1852

内視鏡検査前日で食物繊維が摂れないウィークデー、それならしっかり炭水化物を摂ってやろうと意気込んで訪れたのは「辰乃屋」さん。児島湾締切堤防を渡って突き当りを左に折れるとすぐに見えてきます。駐車場はかなり広く昼時でも余裕です。店頭の箸浮きうどん丼を初めて見た時には吃驚しました^^;
 
DSC_1223
DSC_1221

セルフ店になりますので、うどん種を選びテボで湯煎、その後天ぷら・おにぎりを取って会計、最後に汁を自分で注ぎます。今日はざるうどん(大/500円)にしましたのでスタッフさんが作ってくれますのでレジで受け取ります。店内はテーブル席中心ですが窓際には小上がり席もあります。
 
DSC_1219-b

食物繊維の葱と梅干し・刻み海苔は残念ながら封印、うずら卵と山葵を投入し頂きます。

DSC_1201

冷うどんなのでコシは強くモッチリ感もあります、さぬきうどん並の剛麺に感じます、麺はそれほど太くありません。

(。-ω-)ノll
DSC_1212

出汁は鰹ベースで若干甘い仕上がり、うずら卵のせいもあるのでしょう。量はたっぷり、最後に飲み干したかったのですが今日は泣く泣く諦めました!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
辰乃屋
086-267-2913
 

うどん好きの同僚と訪れたのは富田町に移転された「讃岐の男うどん」さん、今年の3月までは柳川交差点の南東側で営業されていました。外観はビルの一階ですが木目を活かした現代和風の造りです。
DSC_2505-b

内観は奥に長い構造、手前がカウンター席・奥がテーブル席になります。フローリングの床に落ち着いた雰囲気のテーブル&椅子、場所がら夜は居酒屋営業もされているようです。
DSC_2503-b
DSC_2504

注文はかきあげ天おろし(880円)、麺は普通・中・大盛りと追加料金なしで選択できます。混みあう時間帯でしたので10分弱で登場、平べったい丼で中盛のぶっかけそばが登場です。麺は表面軟く、中心部は硬質食感、讃岐うどんと名称がついていますが、”コシが強い”というタイプではありません。天種は野菜かき揚げと茄子、たっぷりの大根おろしと生姜、かつお節・刻み海苔・青葱・うずら卵になります。出汁は徳利提供となり、少し甘辛いタイプのカツオベースになります。
DSC_2500

大根おろしが甘かったのが少し残念ですが豪快さを前面に出した男うどん、癖がない味わいは万人に好まれると思います。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
讃岐の男うどん
086-238-8895
 

<2014年8月>
週末は台風で運動不足、8月第三週月曜ランチは会社から歩いて15分の能勢さんにやって来ました。この時節15分歩くと汗が噴き出してきますね^^; 場所は
冨士屋さんの隣になります、オープン直後に訪れて以来なので一年半ぶりでしょうか。

DSCF0765
DSCF0766

11時45分頃の入店で先客3名、正午過ぎると近隣のビジネマンですぐいっぱいになりますので、時間を前後にずらすのが正解のお店になります。私は季節限定「おろしぶっかけ」(650円)にトッピング2種「えび天、ちくわ磯部天」(二つで150円)を、連れは定番の男の肉ぶっかけ大(850円)を注文。やはり汗をかいたら冷たいぶっかけが欲しくなります^^

DSCF0769

待つこと5~6分でおろしぶっかけ登場、綺麗に盛り付けされています。冷たいうどんに乗っている具は、刻み海苔・揚げ玉・葱・うずら卵生・かつお節・大根おろし...大根おろしはかなりの量であります。冷たい出汁をかけてしっかり混ぜます、出汁は甘くもなく辛くもなく...大根が甘い品種なので出汁はもう少し濃く辛いほうが正解かもしれません。能勢さんのうどんは太く弾力があるタイプなので、普通盛りでも1.5倍位に感じられます。

トッピングも1品なら100円、2品なら150円と安くなる設定...夏太りしてるので素で食すつもりだったのに...
「ポキンッ」...心が折れる音...「えび天・ちくわ磯辺天」(150円)を頼んでしまいました(-_-

DSCF0770

この2品は揚げたて熱々、冷たいぶっかけにとても合って美味しく頂きました^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
讃岐の男うどん 能勢
086-253-8686 

↑このページのトップヘ