@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:出雲蕎麦

朝は雨がぱらついていた広島市内、お昼前にはすっかりあがりました!! 午前中の打ち合わせを済ませランチに訪れたのは天満町の「いいづか」さん、出雲そばを供されるお店です。広電 天満町駅から至近距離、この道路は歩道がなく車道も狭いため歩くのが怖いですね^^;
 
DSC_1129

店内はテーブル席と厨房前のカウンター席の構成、お一人様なのでカウンター席の端っこにつきます!。開店直後でしたが既に3割程度席は埋まっていました。
 
DSC_1112

お得な定食がいくつかラインナップされており、その中から三味そば(930円)ときつね寿司(100円)を注文、待つこと10分弱でやって来ました。

DSC_1117

三味そばは割り子そば三枚の上に玉子・やまかけ・おろしがそれぞれのっています。蕎麦はコシが強く黒っぽい色合い、出雲そばの特徴をしっかり備えています。出汁は少し濃い口ですが”玉子・やまかけ・おろし”と一緒に頂くには丁度いい塩梅です。
 
DSC_1118
DSC_1121
DSC_1119

(。-ω-)ノll
DSC_1126

きつね寿司(いなり寿司)、揚げはしっとりで適度な甘みがあります、酢飯も甘め、蕎麦に合います^^ 裏返した帯状の揚げは見た目にアクセントを与えています。

DSC_1124

蕎麦湯に出汁を注ぎ暫しまったり、美味しい蕎麦の余韻を楽しみました^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
いいづか・出雲そば
082-234-0789
 

<2015年2月>
今日は日帰り広島出張、打ち合わせ場所に近い広島そごうさんの地下2階に大好きな割子そばのお店があるのを発見、迷わず突入です。食べる処は2箇所に別れており、向かって右手側のテーブル席がある方に入店です。左手側はカウンター席のみになります。

DSC_0857

ちょっと豪華な奥出雲割子(981円)を注文、待つこと7~8分で配膳です。割子そば3枚に別々の具材がのっています。一番上は舞茸天ぷら、2枚目はしめじと山菜、3枚目はとろろ。薬味(青葱・刻み海苔・かつお節・山葵)は別椀提供、他に大根・人参サラダと漬物が付きます。

DSC_0847

蕎麦は殻挽で豪快な味わい、繊細な二八も良いですがワシワシ頂く出雲蕎麦はまた別の味わいがあり大好きです^^ 岡山市内で頂く出雲蕎麦に比較して弾力と味わいは一段上に感じました。 

DSC_0851

DSC_0853

DSC_0855

出汁は少し辛めの鰹仕様でしょうか、もう少し量が欲しいと思いました。3種の具材で味の変化が楽しめるのも良いですね、私は最後のとろろがかなり本格的な味わいで一番良かったです!!

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)

一福 そごう広島店
082-512-7972 

<2014年11月>
月曜ランチにやって来たのは中山下の「大黒屋」さん、年に数回”ワシワシ豪快に食べる蕎麦”が恋しくなると当店にお邪魔しています。訪れた時間は13時を回っているので店内も3名と閑散状態になっています。カウンターに座り出雲蕎麦伝統の割子そばを4枚注文です。1枚換算220円になりますので4枚は880円となります。

DSC_0086

待つこと6~7分で割子そば登場、黒っぽい太めの殻挽き蕎麦です。出汁を椀に直接注ぎ込み、上にのった薬味を混ぜて頂きます。コシが強いというより蕎麦自体が硬めなのでツルツル飲み込むのではなくワシワシ噛んで頂くのが正しい表現です。出汁はカツオ風味でそれほど濃くはありません。椀に残った出汁はそのまま2枚目にぶっかけ且つ出汁を追加して頂きます。

DSC_0087
DSC_0088

色白美人の二八そばをスルスル頂くのも蕎麦の魅力ですが、太めの田舎そばを豪快に頂くのもまた趣があります^^
因みに出雲蕎麦は三大そばの一つで残り二つは「わんこそば」「戸隠そば」になるそうです!!

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
出雲蕎麦 大黒屋 (だいこくや)
086-232-3911 

↑このページのトップヘ