@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:冷やし中華

風の強い週末ウィークデー、午前中の打ち合わせを終えてランチにやって来たのは沼田町の「たこつぼ」さん。渋い色合いの日除けが似合う昭和食堂さん、全体の佇まいも素敵ですね!!
 
DSC_2831

店内は4人掛けテーブルが6席、どのテーブルにもコンロ設備があり鍋が出来る仕様になっています。入り口の上棚には蛸壺が飾られていました^^; 葉月にしては気温の低い月末、入り口戸と窓が開け放たれており店内を気持よく風が通り抜けていきます...
 
DSC_2828
DSC_2830

注文は冷麺(550円)、やはり西日本では冷やし中華を冷麺と呼ぶお店が多いです。待つこと6~7分で女将さんが運んで下さいます、具材たっぷりで美味しそうです^^
 
DSC_2833

麺は中細ストレート、出汁はさっぱりで酢の味が若干濃いです。具材は錦糸卵・きゅうり・もやし・カニカマ・シナチク・チャーシュー・プチトマト・刻み海苔、麺も多めでとても食べ応えありました。中華屋さんの洗練された味わいではありませんが、食堂系冷麺ではかなりレベル高いです!!
 
(。-ω-)ノll 
DSC_2843

心地よい夏風が通り抜ける素敵な昭和食堂”たこつぼ”さん、近くに住んでいると間違いなく通います!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
たこつぼ
082-848-5270
 

夕立が多くなった文月中盤、梅雨もそろそろ終盤ですね、蒸し暑い中を玉野市の昭和中華「白梅」さんにやって来ました。外観は全くの民家構造、青い日除け看板が老舗の風格を漂わせています!
 
DSCF0360
DSCF0362

店内は土間のテーブル席と奥の小上がり席に別れます、厨房は入り口右手側になりますが完全に仕切られていて伺うことは出来ません。奥の円卓に着き、メニューをじっくり...麺類・焼き飯・定食・一品料理がかなりの数、ラインナップされています。
 
DSC_1857-b
DSCF0364

注文は日替わり(700円)、相方は冷麺(600円)、待つこと10分弱でやって来ました。今日の日替わりは麻婆丼と半ラーメン&マカロニサラダです。

DSCF0370

まずはラーメンから頂きます、スープは中華店の鶏がらスープに若干の醤油出汁が加わっているようです、すっきりした味わいではなく和風味を感じました。麺は中細ストレート、デフォで軟らか目、チャーシューは脂身の少ない当店オリジナル、他の具材は太もやし・きくらげ・青葱...全体的に昭和を感じさせる味わいでした^^;
 
DSCF0371
(。-ω-)ノll
DSC_0871

麻婆丼、豆腐が大きくて食べ応えあります!、細切れの肉も多くかなり濃い目の味わい、洗練された現代中華ではなく昔懐かしい味わいのガテン系麻婆丼でした!
 
DSCF0373

冷麺(冷やし中華)は、若干ワイルドな仕上がり、具材は幅広錦糸卵・焼き海苔・チャーシュー・きゅうり・トマト・レタス、出汁はあっさり系で酢も効いています。お母さんが辛子を端に付けてくださいました。麺はラーメンと同じで中細ストレート、冷水締めでコシがありました。
 
DSCF0377

素敵な外観とアットホームな雰囲気の白梅さん、沢山のメニューを順番に制覇したいです^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
白梅
0863-31-0805

 

夜半は豪雨、日中は晴れ間が覗くも夕方からは雨予報...猫の目の様な天候の中をランチに訪れたのは高屋の「なるほど亭」さん、雄町から高屋方面に抜ける市道沿いに位置します!!
 
DSC_1511

12時半頃の訪問で一巡目が片付き、店内は少し緩い空気が流れています。店内はカウンター席とテーブル席、お母さんお一人で営業されていますので、片付けまではなかなか手が回らないようです^^;
 
DSC_1530-b

気温高めでしたので入り口の「冷やし中華 始めました!」に釣られ冷やし中華(650円)を注文、待つこと10分少々でやって来ました。ガラス製の器が素敵ですね^^ 

DSC_1518

麺は中細で若干の縮れ、玉子配合でツルツル食感です。出汁は少し辛め、酢も強めに効いています。具材はきゅうり・わかめ・シナチク・チャーシュー・錦糸玉子・カニカマ・トマト・ゆで卵と豊富です。チューブの辛子をしっかり出汁に溶かし頂くと...ダルダルの身体に喝が入りました(・∀・)

(。-ω-)ノll
DSC_1528

昭和の雰囲気が漂う老舗ラーメン屋さん、お母さんお一人で営業されていますので、まったり過ごされる方向きです!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
なるほど亭
電話:非公開
 

残暑厳しい9月中旬、休日ランチに訪れたのは倉敷美観地区裏路地にある宿屋「ゆうじいん (Yuji-inn)」さん。店名の由来は店主さんが海外を訪れたときのニックネーム”ユウジーン”からきているとのことです。玄関に入ると昔懐かしい旅館の雰囲気に満ちています、下駄箱上のウサギさんが可愛いですね^^
 

DSCF0219

DSCF0238

DSCF0239

玄関で靴を脱ぎ奥の座敷に入ります、右手が大テーブル・左手が座卓になります。開店と同時入店でしたので大テーブル奥に着座です、旅館客用台所の雰囲気があります。注文は店主さんが地元消防団で夜警をされていたときの賄い飯から進化した「夜警ラーメン(500円)」と「ポン酢冷やしヌードル(750円)」。

DSCF0222

DSCF0223

DSCF0228

夜警ラーメン、スープは豚骨醤油に魚介をブレンドされています。3種の中で一番際立つのは魚介出汁、和風味が前面に出ています。麺は中細ストレート、デフォで軟らか目です。チャーシューはトロッした食感で濃い目の味付け、これはバッチリ好みです。もやし・青ネギ、魚粉は青ネギの上にのっています。岡山ラーメンの茶濁スープですが、甘辛さはなくブレンドされた魚介出汁が特徴のおとなしいラーメンに思いました。

DSCF0230

ポン酢冷やしヌードル、麺の上に焼豚・錦糸卵・レタスをのせ、味噌だれポン酢をかけた冷やし中華になります。麺は夜警ラーメンと同じ種類だと思います。味噌だれはそれほど濃くなく、ポン酢の爽やかさが強調された味わいです。夏季限定20食、冷やし中華好きな方はお早めに!!

DSCF0234

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ゆうじいん (Yuji-inn)
岡山県倉敷市中央1-10-13 1F
086-441-1620

<2015年2月>
最近臨時休業が多くなった黒川食堂さん、所要で近くを通りかかった時におかあさんの様子伺いに立ち寄りました。心配も杞憂でおかあさんはとってもお元気、ひと安心です^^

DSC_0826

DSC02989

店頭で販売されている巻き寿司(380円)を購入、早速自宅で頂きました。おかあさん手作りの年季の入った巻き寿司は懐かしい味わい、いつまでもこの美味しい巻き寿司を食べたいです!!


<2014年7月>
会社近くの黒川食堂さん、同僚と久しぶりに訪問してきました。話題の大型台風が過ぎ去り岡山市内も湿度が高く気温30℃オーバー、黒川食堂さんの自然風(扇風機ですぞ)でメガ盛りに耐えられるかどうか心配でしたが、昭和食堂は風が通り抜ける構造、全くの杞憂でした。

DSCF0539

DSCF0538

その外観に目を奪われますが、内観も負けていません。コンクリート打ちっぱなしの床に年代を感じさせる木のテーブル(大工さん手作りでしょうね)、椅子は前回訪問から新調されており艶の良い丸椅子、手洗いのくたびれ感と蝿叩は紛れもない昭和初期の雰囲気を濃厚に感じさせてくれます。全体が醸し出す雰囲気はとても暖かで居心地いいです。

DSCF0530

DSCF0531

DSCF0534

DSCF0536

後輩は生姜焼き定食(普通サイズ680円)を、私はメガ盛りに恐れをなして冷麺(普通サイズ750円)を選択...麺類はそれほど量が多くないんです^^; まずは後輩の生姜焼き定食登場、ご飯は大きめの茶碗にてんこ盛り...ざっと3合はあるでしょうか、これで普通サイズなので「大」を注文するにはかなりの覚悟が必要です。豚肉も一枚が大きく厚みがあります、味はかなり胡椒が効いているとのことでした。ざっくり厚めに切ったキャベツの千切りには大量のマヨネースをかけて食べるのが正攻法です、添えられたバナナも店内で食べきるのが作法ですね!

DSCF0541

DSCF0542

DSCF0546

遅れること約5分で私の冷麺が登場、ざっくり切られた各種具が素敵です。具に焼き豚ではなく生姜焼きが2枚乗っかっているのは後輩が注文した定食のせいなのか...錦糸卵に色みがそっくりなあげが混ざっていたのは卵がなくなったからなのか...深く考えてはいけません、アバウトな外観と薄めのタレも昭和の良き伝統です。

DSCF0545

DSCF0544

ここ奉還町4丁目では数年前に食堂「いなさ」さんがなくなり、この2月には「はぎわら食堂」さんが閉店されました。どんどん素敵な昭和の食堂がなくなっていくのはほんとうに寂しいです。黒川食堂のおかあさんにはまだまだ現役を続けられ末永く元気で昭和食堂を盛り立てて欲しいと切に願いました。

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
黒川食堂
086-252-1937 

↑このページのトップヘ