@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:倉敷市

秋晴れの中をランチに伺ったのは倉敷市矢部の「さざなみ」さん、岡山市・倉敷市を中心にセルフうどんを展開される地元企業さんのお店になります。

DSC_0983-b

12時頃でしたが駐車場は満車、飲食店の少ない立地なのでお昼時はいつも混み合っています。セルフなのでうどんを選び自分でテボを使って湯煎、天ぷらコーナーを通過してレジ、最後に汁を入れる流れになります。

DSC_0963
DSC_0982-b

今日はかけうどん(中)にかき揚げと赤飯おにぎりの組み合わせで合計490円、ワンコイン以下になるのは有り難いです^^

DSC_0968

うどん出汁は、鰹&昆布でしょうか、あっさり癖のない味わい。麺は中サイズでコシは弱くもっちり、喉越しのいいうどんです。

(。-ω-)ノll
DSC_0979

かき揚げは少し時間経過してしんなり、玉ねぎ・人参メインですがさつまいもと南瓜も少量入っています。赤飯おにぎりはもち米なのでしっとり仕上げ、小豆はそれほど効いておらずすっきり赤飯でした。

DSC_0974

地元の皆さんに人気あるセルフうどんのさざなみさん、近隣を訪れたときはまた伺いますね!

(お店の情報)
さざなみ 倉敷庄パーク店
086-463-5611

秋晴れの休日、ランチに伺ったのは倉敷市のポン・ヌフさん、15年ほど前親戚の披露宴で訪れて以来、この界隈では老舗の郊外フレンチ店です。季節の良い頃はレストランウェディングが入っており、なかなか伺う機会がありませんでした。

DSCF1457-b
DSCF1422

店内はシックな雰囲気ですね、天井高くテーブル間も適度に距離があり快適空間、当日はすぐに満席になりましたが居心地は最後まで良かったです。

DSCF1456
DSCF1425-b

注文はランチコース(1700円)、まず最初に前菜がやって来ます。スズキのジュレソースかけ・生ハム・南瓜とクリームを和え茹で小エビがのったもの...正式名称失念ですがどれも繊細な味わいでした。スープは大葉と鶏挽き肉、最後まで超熱々、暑い時期でもスープは高温が良いです。

DSCF1432
DSCF1436

メインは豚肉ローストで表面のチーズを焦がしグラタン風に仕上げています。濃厚な味わいでしたが、トマトとバルサミコソースであっさり頂けました。チンゲン菜や夏野菜も多くバランスの良いメイン料理です。

DSCF1448
DSCF1442

デザートは別テーブルに多種用意されており、ケーキ類を3つ・アイスクリームを一種選択可能です。サイズは小ぶりですがどれも丁寧に作られており珈琲と一緒に美味しく頂きました。

DSCF1450
DSCF1454

リーズナブルな価格設定、スタッフさんの気配り目配りも好印象、施設も重厚で雰囲気良好、お腹いっぱいの休日ランチ、もう少しのんびりしてから帰りましょう^^

(お店の情報)
ポン・ヌフ (PONT NEUF)
050-5869-7058

休日ランチに訪れたのは笹沖の「とんかつ椰子」さん、前回訪問は5年ほど前でしょうか、倉敷では老舗の洋食屋さんですね。

DSCF2103

店内は古いながらもこざっぱり、12時前でしたが7割ほど席は埋まっています。店頭のショーケースが昭和感を醸し出してくれます。

DSCF2087
DSCF2100-b

注文は「Bセット(1220円)」、ポークケチャップ・海老フライ・ハムエッグの構成、スープじゃなく味噌汁なのが嬉しいですね^^; エース級おかず2種と定番おかずは安定感あります!!

DSCF2094

ポークケチャップは中サイズながら厚みは結構あります、脂のノリもよく肉汁&ケッチャップの融合ソースがライスをがっつりイカせてくれます!! 海老フライは開き仕様、あっさりしたタルタルソースは好みの味わい、目玉焼きとハムは見事に表裏一体、これは醤油を少し掛けて頂きました(・∀・)

DSCF2098

老舗洋食店の定番ランチセット、次回は看板メニューのとんかつをラージサイズで頂きましょう!!

(お店の情報)
とんかつ椰子
086-422-4560

古い喫茶店の多い倉敷市水島地区、その中でも昭和中期の豪華な外装を誇る「たいせい」をランチで訪れました。斜めの屋根が角度違いで重なる外観は迫力ありますね、創業50年の重みをひしひしと感じます!

DSC00332
DSC00330

店内も古き良き昭和の雰囲気に満ち溢れています、レンガの床に赤いビロードの椅子が映えます、カウンター上には開通直後の瀬戸大橋写真が飾られています。

DSC00316

注文は「焼き飯(600円)」、お母さんが手際よく調理くださいます。待つこと10分弱で着皿、縁取りのある長方形皿は何だか懐かしいですね^^

DSC00326

玉子がしっかり入って炒められた焼き飯は優しい味わい、いんげんを筆頭に野菜も沢山入って健康的ですね、最後まで美味しく頂きました。

DSC00328
DSC00323

食後にはカフェオレを頂きながら暫しまったり...外は灼熱なのでもう少し昭和の時間に浸りましょう (。-ω-)zzz. . . 

(お店の情報)
たいせい
086-455-5097

倉敷製麺所攻略シリーズも佳境に入ってきました!! 今日は倉敷市美和の「大角製麺所」さん、この辺りは美観地区東端に近いですが昔ながらの住宅街、道幅はかなり狭いです。木造モルタル2階建て、一階が製麺所とうどん店、二階はアパートになっています。

DSC_0337

店内は予想を裏切って真新しく且つこざっぱり、カウンターはピカピカ、清潔感溢れる印象です。

DSC_0339

注文は「きつねうどん(350円)」、厨房内で大将が手際よく作ってくださいます。大将の動きには独特のリズム感がありしばし見惚れます...汁はおとなしい印象の鰹風味、癖のない味わいです。

DSC_0348

麺は若干太めのツルツル麺、コシは弱くモッチリ感皆無、プツンと歯切れ良い感じのちょっと変わったうどん麺。揚げは厚みある中サイズが2枚、甘辛さは控えめ。他の具材はわかめ・かまぼこ・天かすです。

(。-ω-)ノll
DSC_0349

全体的にもシンプルで癖のないオーソドックスなきつねうどん、汁は超高温なので二日酔いの時に食べたく思いました^^

(お店の情報)
大角製麺所 (オオスミセイメンショ)
086-422-6715

↑このページのトップヘ