@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:ワンタン

打ち合わせを終えたのが12時半、都内に戻る前に昭和中華の萬福さんでランチを頂きましょう。古い商店街の一角、ゴシック系の看板と赤暖簾、入り口引き戸の双喜紋様が素晴らしいですね(*^^*)

DSC_5643

店内もしっかり昭和の雰囲気が残っています、昔のスナックを思わせる丸イスカウンターとテーブル席、常連さんがお二人昼呑みされておられました!

DSC_5638

注文はハンチャン・ワンタン(780円)、待つこと10分弱でやって来ました。ワンタンが中華スープの中に沢山入っています^^;

DSC_5633

スープは中華らしい鶏ガラ醤油、少し塩分濃度高いですが疲れた身体には丁度いい塩梅です。ワンタンは10包以上、ツルッとした食感で喉をスルスル通過していきます^^;

DSC_5626
DSC_5630

半チャーハン、具材はチャーシュー片・卵・青ネギ、こちらも濃い目の味付けですね、醤油系タレかな?、塩っぱさをワンタンスープで癒やす感じでしょうか、最後まで美味しく頂きました、これは一度大盛りを頂きましょう^^

DSC_5636

食後には冬の優しい光が差し込む店内でまったり...もう少しでお正月ですね 旦_(-ω- ,,)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
中華料理 萬福 
045-241-7845

師走も最終週、年末の挨拶回りも佳境を迎えています。気忙しい中を岩田町の「海老そば 三十郎」さんまでやって来ました。ラーメン店が3店並ぶ激戦区、当店は向かって右端になります。

DSC_3485

店内は縦長構造、カウンターが奥に延びます。手前側が7席で奥側が5席、区切りには少し段差が生じています。

DSC_3490

注文は「海老そば(780円)」、待つこと6~7分で着丼です。チャーシューのかわりに海老ワンタンが入っていますのでちょっと変わったビジュアルですね。スープは海老の香りが優しく香る和風っぽい味わい、最初薄いかなと思ったんですがまぁこれくらいの濃度が良いかもしれませんね。甘エビの頭で出汁を取られているそうです!

DSC_3494

麺は平打縮れ麺、デフォで少し軟いですが海老スープには合う硬さだと思います。平打でスープの馴染み度をアップさせているのでしょう。海老ワンタンはしっかり身が詰まって上品な味わい、他の具材は白ネギ・カイワレ・ゆで卵半身になります。

(。-ω-)ノll
DSC_3497-b

ガツンッとくる濃厚な味わいを期待すると肩透かし喰らうかもしれませんが、和風味の範囲で上品な海老の汁そばを目指したオリジナル海老ラーメン、最後まで美味しく頂きました!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
海老そば 三十郎
086-221-3106

週末連続で東京出張、今回は冬晴れに恵まれました、ひんやりした日中の空気感は気持ちいいです^^ 近隣の仕事を済ませ昼食にやって来たのは糀谷駅前商店街の一番奥に位置する「味一番」さん、外観はとても素敵な昭和食堂さんですね!! じっくり見るとこの建物、少し右に傾いているのがはっきり分かります、大丈夫なの^^;
 
DSC_4972

内観はカウンター&テーブル席、店内もしっかり昭和テースト、声の大きな大将とお母さんの二人で切り盛りされています。
 
DSC_4964

注文は日替わりB定食(750円)、今日は野菜炒め&ワンタンです。待つこと7~8分で配膳、ご飯量がかなり多いです^^; 

DSC_4966

野菜炒めは独自の中華タレで味付けしています、香ばしい味わい、キャベツ・宮市のシャキシャキ感も残っていて好印象、豚肉も沢山入っています。

DSC_4970

ワンタンスープは濃い目の味わい、サイズが大きいワンタンは食べ応えありました。
 
DSC_4971

お昼時で満席になりましたが、動作の速い大将がテキパキ調理されます! 地元に愛される老舗中華、いつまでも続いて欲しいですね^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
味一番
03-3744-3080
 

<2015年4月>
台北二日目、日中はかなり気温が高く半袖でも汗が吹き出す夏日でしたが、日が暮れると凌ぎやすくなりまた。宵の風を楽しみつつ同僚と夕食にやって来たのは宿泊ホテルから徒歩7~8分の裏路地食堂「陳記温州大餛飩」さん。ここは事前にネットで調べ、ワンタンが美味しいとの情報を得ていた店舗さんです。似たような名前のチェーン店もあるらしいのですが、当店は地元の方が営まれている地域密着食堂さんですね。

P4230263

店内は広く、整理整頓されており雑多な印象はありません。若干薄暗いですが、地元食堂さんは大半がこの程度の照明です。エアコンは入っておらず、お父さんがテーブル席近くの壁扇風機を稼働させてくれました。 
 
P4230259

まずは、メニューの一番先頭にある蝦肉餛飩麺(70元/270円)を、それからワンタンにラー油を絡めた蝦肉紅油抄手(70元/270円)、定番の炒飯(60元/230円)を注文。ワンタン系は店頭でお母さんが、炒飯は奥の料理場でお父さんが調理してくれます。10分かからない時間で全て出てきました、手際いいですね^^
 
P4230260

蝦肉餛飩麺(海老ワンタン麺)、スープは台湾特有の超あっさり味、海苔が入っているので海鮮風味ですが日本の味覚からすると物足りないです。すると、お父さんがすかさず豆板醤系の小壺を持ってきてくれます、身振り手振りで出汁に入れろと...この辛味調味料は豆板醤と辣油・麻油を混ぜたものではないでしょうか? 辛さや苦味はそれほど強くありませんが、唇がヒリヒリする刺激が当分続きました^^; 加えるならごく少量をお勧めします。
 
麺は乾麺の平打ち仕様でコシはありません。きしめんに似た印象であっさり出汁に合う味わいです。大きなワンタンは海老がしっかり入っていて食べ応えあります。特大サイズが3個入っていますので、副菜は少なめが正解ですね。
 
P4230268

蝦肉紅油抄手は、巨大海老入りワンタンを辣油に絡めたものですが、標準で辛さはそれほど強くありません。ヌルっとした食感が面白く、副菜としては最高ですね、白飯との相性も抜群だと思います。
 
P4230266

炒飯は焼きハムがメイン具材、他に玉子・野菜もしっかり入っています。しんなりした食感ですが、味はそれなりに付いていますので物足りないことはないと思います。量はかなりありますので、メインをワンタン麺にするなら炒飯はシェアするのが良いと思います。
 
P4230264

路地裏の地元食堂さん、日本語は全く通じませんが、気遣い抜群のお父さんがいらっしゃいますので心配無用、女性の方お一人でも安心して入店できるワンタン屋さんです^^

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
陳記温州大餛飩
(+886) 25119071
 

↑このページのトップヘ