@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:ポークカレー

上之町会館二階に先月オープンされた「ニューコウジヤ」さん、晴天の弥生中盤で訪れました。Cafe工房 Tenjinさんを間借りする形で週2日(水・木)営業されます。

DSC_0302
DSC_0270
DSC_0296

Cafe工房 Tenjinさんは未訪問ですがその前のカレー専門店 エナジカさんと同じ内観、古い建物ですが落ち着く空間になっています。

DSC_0278

注文はカモシカリー(900円)、大盛り無料なのでお願いしました。待つこと10分弱で着皿、見た目で気合い入っているのが分かるスパイスカレーですね(*^^*)

DSC_0281

基本はポークカレーでしょうか、豚肉の塊は香ばしい味わい、魚風味を感じる箇所もありこれは煮干しだそうです。副菜(人参・ポテト・茄子)は酸味を効かせたコリアンダー風、サフランライスとカリーと副菜と香辛料が完全一体、複雑な味わいが怒涛の如く押し寄せてきます!! 色んな味が混ざり合って一瞬脳がパニックを起こしますが辛くはなく、食後には爽やかなスパイスが身体を突き抜けていきました^^

DSC_0291

食後には店主さんお二人(本家さんと間借りさん)と暫し談笑...ニューコウジヤの店主さんは大阪旧ヤム邸ご出身でピザ職人さんでもあります。近い将来、スパイスカレーとpizzaのコラボメニューも実現しそうです!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ニューコウジヤ
岡山県岡山市北区天神町9-39
 上之町会館 201(Tenjinさんを間借り)
090-2868-6806

以前訪れたスリランカ カレーエピスさんがセイロンさんに替わって3年、やっとこさランチで訪れる事が出来ました。外観は以前とほとんど変わっていませんね、駐車場は店舗周辺にかなりの台数を駐められます。

DSCF0741-b

店内もセイロンさん時代とほぼ同じ、テーブルが整然と配置されています。中央にはスリランカの民芸品が展示されていますね、表情豊かな木工製品...夜見ると怖そうです^^;

DSCF0716
DSCF0738
DSCF0739

注文はポークカレー Bセット(1250円)、待つこと10分少々でやって来ました。見た目はオーソドックスな日式カレーライス、スパイシーチキンも付いてきます。

DSCF0719

ポークカレーは3辛(中間)を選択、各種スパイスがしっかり効いて後から辛さが来ますね、唐辛子の辛さではありませんので豚肉や添えられた野菜類の美味さと調和して最後まで美味しく頂きました。

DSCF0724
DSCF0726
DSCF0730

スパイシーソーセージ、牛骨が中央に刺さってワイルドなビジュアルです^^; こちらも独特なスパイスがしっかり効いて香ばしい味わい、ビールは無性に欲しくなりました!

DSCF0732

お米は日本のうるち米なので違和感なく食べられます!。カレーは各種ラインナップされていますね、次回はシーフードカレーを頂きましょう。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
セイロン (Ceylon)
070-2659-2833

霜月後半の休日、由加山北側の山中にある「森cafe・ココ・どこ」さんまでランチにやって来ました、静かな環境にある古民家カフェさんです。

DSCF1566
DSCF1539
DSCF1564

店主さんのご実家をそのまま利用されていらっしゃいます。築50年ほどですので古い古民家ではありませんが当時の建築様式の特徴がそこかしこに見受けられます!

DSCF1542
DSCF1545

注文は「ポークカレー(800円)」、待つこと10分ほどで配膳です。りんごの優しさがルーに溶け込んでいますがスパイスもしっかり効いておりかなり本格派の印象です。

DSCF1554
DSCF1549

豚肉はブロック状でかなり大きめが3個、食べごたえあります。ご飯はサフランライス、癖のない味わいでルーの美味さを引き立てます。

DSCF1561

食後には店主さんと暫し歓談、以前は飲食店を経営されておられたとのこと、倉敷・岡山の飲食店話題でかなり盛り上がりました^^;

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
森cafe・ココ・どこ
090-7594-0233

お盆休みに突入...と言ってもカレンダー通りですが^^; 鈍った身体にスパイスを注入すべく訪れたのは中庄の「アラティ」さん、旧二号線より一本北を走る幹線道沿い、倉敷では評判の高いインドカレー屋さんです。

DSC_0195

11時30分頃の訪問、入客3割程度でしたがその後すぐに満席に...お盆の外食はやはり混み合いますね!!

DSC_0197

注文はランチBセット(950円)を注文、飲み物はフリードリンクになっていますのでサラダと一緒にラッシーを頂きます。若干薄めのラッシーですがさっぱりした味わいは食前ドリンクにもなります。

DSC_0202

暫くしてメインの登場、カレー2種・ナン・ライス・パパド・チキンティッカの構成、ナンは厚みがありもっちり食感、お腹の中で膨らみます。チキンティッカは香ばしい味わい、この味付けはインド料理ならでは!、是非習得したいです。

DSC_0206
DSC_0216

カレーは選択性、夏野菜とチキンのカレー&ポークカレー、辛さは今回激辛でお願いしました。辛さはそれほど強くありませんがスパイスはしっかり効いています、食べ終わる頃にはじんわり汗が滲んできました^^;

DSC_0210
DSC_0213
DSC_0218

食後には温かいチャイを頂きながらしばし待ったり...お腹がいい感じに膨らみましたのでもう少しのんびりして行きましょう(・∀・)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
アラティ (ARATI)
086-463-2899

気温35℃近辺まで上昇の岡山市内、鈍った身体に喝を入れるべくカレーを頂きにやって来ました。磨屋町の「アララカリー (ALARA CURRY)」さん、この4月にオープンされた店舗さん、以前はモツ鍋の一角さん、その前は中華そばときさん、その前はお弁当屋さん?...短期間でお店が変わる物件です^^;

DSC_9395-b

店内は一角さん時代から変わらずカウンター席オンリー、かなり狭い内観ですが不思議と居心地の良さを感じます。メニューはカレー3種にトッピングとビール等々、メニュー限定で営業されています!

DSC_9384
DSC_9394

注文はビーフとポークのあいがけ(1000円)、待つこと5分程度で着皿、ライスの前がポークカレーで周辺がビーフカレーの盛り付けになっています。

DSC_9385

ポークカレーは円やかさの中に豚肉の濃厚さとバルサミコの深みが感じられます、最初赤ワインの風味を強く感じたのですが、バルサミ酢の酸味と甘さでした。周辺のビーフカレーは和牛のすじ肉を煮込んでおり上品さのなかにビーフの旨味が溶け込んだ味わい、ポークと交互に味わうとその違いをしっかり楽しめました^^

DSC_9393

辛さは5段階、今回は中間の3辛でお願いしましたがバランスの取れた辛さですね、辛さに強い方は5辛でも全然大丈夫でしょう。オリジナルの日式カレーですが味に深みと幅があります、足し算した各種素材が高次元で調和、店主さんのセンスの良さを感じさせる美味しいカレーライスです^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
アララカリー (ALARA CURRY)
電話:不明

↑このページのトップヘ