@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:バーニャカウダ

九眼橋さんで美味しい四川料理を頂いた後にやって来たのは磨屋町のアリスタさん、二次会・三次会でちょくちょく寄らせて貰っています。

DSC_4039
DSC_4040

土曜日ということもあり21時訪問で満席、事前に予約を入れておいて正解でした。改装されて二階はモダンな雰囲気のテーブル席に変わっていました!

DSC_4041-b

グラスビールで乾杯、此方でもがっつり頂きましょう。チーズ盛り合わせ、吉田牧場カマンベール・18ヶ月熟成ミモレット・ゴルゴンゾーラ...どれも美味しいですね、この中では独特の刺激臭があるブルーチーズのゴルゴンゾーラが好みです。

DSC_4043
DSC_4051

彩り野菜のバーニャカウダ、ニンニクとオリーブ・オイルを混ぜ合わせたディップソースにはしっかりアンチョビが効いています、このソースが大好きなんです^^; 野菜だけじゃなく何でも絡めて食べたくなります!

DSC_4055
DSC_4057
DSC_4045

ハモンイベリコのシーザーサラダ、黒豚イベリア種の生ハムは美味しいですね。サラダですがしっかりアテになります。トロトロチーズが絶品の吉田牧場カチョカバロチーズのブルスケッタ、いつも注文する定番アテです。

DSC_4059
DSC_4061
DSC_4071

天使海老のフリット、カラカラに揚がった中サイズの海老、頭からまるごと食べてもサクサク食感、美味しいですね。吉田牧場マジャクリのクロスティーニ、アンチョビソースはマジャクリに合いますね、カチョカバロ ブルスケッタより濃厚な味わい、これは赤ワインに合うでしょう。

DSC_4067
DSC_4068
DSC_4073

〆は吉田牧場三種のチーズのカルボナーラ、濃厚な味わいですね、パンチェッタを黒胡椒で引き締めていますので見た目ほどしつこくありません!!

DSC_4075
DSC_4085
DSC_4089

食後にはデザートを頂きながら暫しまったり...サタデーナイトなので今日はしっかり遊びましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
アリスタ (ARISTA)
086-207-2990

おっさん7人、飲み放題で利用させて頂きました。場所は「cafe moni.」さんの筋、飲み屋さんが多い通りですね、縞馬の看板が目印になります。前前職の関連ですが初めてお会いする方もいらっしゃいます...がお酒が入ると全く違和感を感じなくなります^^;
 
DSC_1148

店内は一般的な居酒屋の作り、手前がテーブル&カウンターで奥に小上がり席の構成、小上がり席は掘りごたつ式で足元楽ちん、年寄りには助かります^^
 
DSC_1150-b

まずはビールで乾杯し、近況報告となりますが、例によって途中からグダグダになります。アテはスタッフの方が適当な間隔でサーブくださいます。

DSC_1151
DSC_1152
DSC_1153
DSC_1154

バーニャカウダ風の野菜スティック、濃い味わいのドレッシングが美味しかったです。創作系のアテが多いですが奇をてらったものは少なく、どれもお酒を美味しく頂くことが出来ました。(料理画像は全部撮りきれませんでした!)
 
DSC_1155
DSC_1157
DSC_1158

飲み放題なので焼酎の銘柄指定は出来ませんでしたが、芋湯割りを最後までしっかり楽しみました(・∀・)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
しまうま
086-231-9243
 

食べログ有志の方々と二次会に訪れたのは行き付けのカジュアル創作イタリアン「アリスタ」さん、土曜日の夜で混み合っていましたが無理を言って1階の奥のテーブル席を確保頂きました。

R0000304-b

オーナーシェフは山口県のご出身、地元の銘酒「獺祭」を常備されていますので有志お三方は獺祭をワイングラスで、私は小休止でジンジャーエールで乾杯です。

R0000307

まずは新鮮野菜のバーニャカウダ、ソースを温めながら頂きます。アンチョビを混ぜ込んだこのソースは美味しいですね、食欲が増進します。次は馬刺しとスライスチーズの登場(料理名忘れました^^; 馬肉は綺麗にサシが入って常温ではゆっくり脂が溶け出してきます、馬肉ならではの爽やかな味わいが素敵です。

R0000309

R0000313

ここで白ワインに切り替えます、岡山が誇る吉田牧場のカチョカバロが登場、トーストの上でしっかり溶けた状態、これは手早く食べないと駄目ですね! 濃厚過ぎず豊かな味わいのカチョカバロ、マジャクリと共に一番好きなチーズです。

R0000318

R0000314

その後もエビ揚げ・砂肝・水牛のモッツァレラチーズ揚げと酒のアテが続きます。二次会で利用する時には完全にシェフおまかせです、進捗状況を確認しながら適切なタイミングで料理を出して頂けます^^

R0000317

R0000319

R0000322

一次会に続き、ここでも沢山の話題で盛り上がりますが23時近くなってきましたので倉敷に戻る君影草さんを送るために一旦散会、オーナーシェフ・奥様の見送りを受けてアリスタを後にしました。

R0000324

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
アリスタ (ARISTA)
岡山県岡山市北区磨屋町1-1
086-207-2990

<2014年11月>
取引先担当と打ち合わせを終えてやって来たのは天王寺アイルの「ピッツァ・サルヴァトーレ」さん、偶にはピッツァでビールを呑むのもイイねと奥のテーブルに座を構えます。金曜日夜ということで店内は賑わっています、奥のテーブル席以外はカウンター2席だけ空きがありました。

DSCF1510
DSCF1503-a

まずはビールと酒のアテを少々頼んでささやかな宴の開始です、アテはどれもコジャレた感がありイタリアンな味がしますね、バーニャカウダのアンチョビソースは美味しいです^^ 窯の近くだったのでビールを頂きながらピッツァ焼き作業を眺めます、火力が強いので常に気を付けないと焦がしますねぇ^^;

DSCF1507
DSCF1506
DSCF1508

最後にオリーブの載ったMサイズピッツァを注文、アテでお腹が膨らむとMサイズはちょっとキツイ大きさかもしれません。

DSCF1509

生地は薄手で食べやすくオリーブもあっさりでシメとして最良でした。軽く飲んで食べて一人3500円程度,価格もリーズナブルでありました!

DSCF1511

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ 天王洲 (PIZZA SALVATORE CUOMO)
03-5462-9765 

<2014年8月>
親族(姪)の祝い宴席としてアリスタさん(1Fテーブル席)を利用させて頂きました、姪っ子とは勿論年齢が離れていますので和食よりもイタリアンの方が喜びます。

DSC01396

アリスタさん、以前は北区辰巳で昼・夜営業のイタリアンを営業されていましたが昨年6月より現在の磨屋町に変わられ夜営業だけになっています。1Fのカウンター席・テーブル席は照明暗めですがシックな店内はゆっくり寛げる空間になっています。2Fの座敷席は広々掘りごたつ形式になっておりカジュアル空間で本格イタリアンが楽しめます。

DSC01401
DSC01400
DSC01402
DSC01403
DSC01404
DSC01405
DSC01407
DSC01408

本日はおまかせ7000円/人(飲料別)でお願いしました。彩り野菜のバーニャカウダで始まりデザート迄で12品、大半は若い姪っ子に任せてオヤジはビール・ワイン・焼酎に専念です^^; 私のお気に入りは「伊勢海老のカルピオーネ」「アワビ・海老のフリットミスト」「吉田牧場カチョカバロチーズのブルスケッタ」、お酒のアテに最高ですね。

DSC01409
DSC01410
DSC01411
DSC01412
DSC01413
DSC01414

こちらの吉國シェフは季節の新鮮素材を活かしフレンチ技法をも取り入れ常に納得の行く調理を心掛けられています。高級店ではなく敷居の低いカジュアルイタリアンなのも嬉しいですね。奥様の優しく且つしっかりされた接客も素敵です!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
アリスタ (ARISTA)
086-207-2990 

↑このページのトップヘ