@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:クエ

仲間内で一足早い忘年会に訪れたのは表町路地裏の椙(すぎ)、5年ぶりの訪問です。民家風の佇まい、人通りの少ない裏通りの立地です。

DSC_4196
DSC_4198

事前予約で座敷テーブル席を確保、掘りごたつ式より楽ちんですね^^; かなり長いテーブル、10人くらいは大丈夫でしょう!

DSC_6857-b

天使の誘惑で乾杯、先附を頂きます。季節の八寸ですね、奥の鱧白子は繊細な味わい、手前の蟹煮凝りは風味豊か、鴨肉は脂のる前であっさり、銀杏は旬の味わいですね^^ 椀物はえびいも糝薯、とろみの中に煮崩れしない芋が甘く佇みます。

DSC_6801
DSC_6803
DSC_6788

次に登場はクエの炙り、海塩で頂きますが独特のプルプル食感は炙っても健在です!。造りは中トロの握りと一緒に供されます。肉厚の鰆はあっさりながら旨味がしっかり、ハリイカは独特の甘みがありますね。

DSC_6813
DSC_6820

鯛のおかしらは酒蒸しで登場、あら炊きよりも繊細な味わい、鯛身の旨さを堪能です。鯖寿司は大きな焼き海苔に巻いて頂きます。酢はあっさりで中〆の役割を果たします。焼酎は佐藤 黒からなかむらへ...癖のない味わいで懐石系に合います。

DSC_6827
DSC_6832
DSC_6816

油物はクジラの竜田揚げ、給食に出た年代ですがこちらのは独特の臭みはまったくなく、上質な味わいでした。替鉢は甘鯛、淡白な白身を上品に仕上げています。

DSC_6839
DSC_6846

食事は3種から選択可能、懐石系では珍しいビーフカレーを選びました。和風出汁かと思いきや、しっかりスパイスの効いた本格派、少量でもインパクトありました^^;

DSC_6848
DSC_6853
DSC_6856

デザートの熟柿と栗プリンを頂きながらまったり...今年も残すところ一ヶ月、あっという間に大晦日がやって来そうです!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
椙 (すぎ)
086-801-3770

とある秘密の会合を済ませ忘年会に訪れたのは「さかな処 和」さん、自宅からも近いのでちょくちょく寄らせて貰っています。この界隈の魚料理では一つ抜きん出た和食屋さんですね!

DSC_5077

事前予約で奥の座敷席を三つ確保頂きました。日曜日ということもあり家族・カップルですぐに満席になります。

DSC_5079-b

平成最後の師走昼呑み忘年会、過ぎゆく戌年と頑張った自分に乾杯です(* ̄0 ̄*)ノ口  八寸はワタリガニと一緒に登場、4種共に酒アテにはサイコーですね、塩味の効いた銀杏と蛸が特に好みに味わいでした! ワタリガニは身が解されて食べやすいですね、自分で解すと途中で面倒になります^^;

DSC_5102
DSC_5093
DSC_5091

椀物は牡蠣を布越しして豆腐に仕立てています、牡蠣の風味はふんわりで上品に仕上がっていました。お造りは鯛・鰆・スジガツオ・雲丹、あまり食べることのないスジガツオですが鰹よりしっとりした食感、刺し身向きの味わい深さです。

DSC_5108
DSC_5118

瀬戸内産黒メバルの煮付け、投げ釣りで釣れる赤メバルより煮付けに向いているでしょうか。濃くない味付けで黒メバル本来の美味しさを堪能できました。焼き物はクエの西京焼き、4kgサイズを仕入れて分けて頂きました。鍋物で頂く機会の多いクエですが焼き物も美味いですね、余分な脂が落ち淡白な身を西京味噌でしっかり味わえます^^

DSC_5126
DSC_5128

揚げ物は島根産穴子、野菜で巻いて揚げています。穴子の淡白な脂が野菜で更に健康的に、ミニトマトの天ぷらも美味しかったです。〆握り寿司、鯛・鮭・鰆・ママカリ、酢がしっかり効いて全般さっぱりした味わい、シャリ量は多くお腹いっぱいになりました!

DSC_5146
DSC_5157
DSC_5163

食後にはデザートを頂きながら暫しまったり...郊外のリーズナブル和食店ですが街中の老舗懐石店を凌ぐ料理の数々、また昼呑みに伺いましょう(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
さかな処 和 (なごみ)
050-5594-7757

日が暮れて気温も一気に低下、今宵は外で液体燃料を注入です。仕事関係で二階座敷席を利用することの多い和楽さん、店を構えられての歴史はそれほど長くはないですがオープン当初から名店の名を縦にされておられます。

DSC00497

今日はカウンターに座らせて頂きます、木目が素晴らしいですね!!。昨日地元ローカル番組の放映があり、以降の問い合わせが凄かったそうです^^;
(取材はほとんど受けられないとのことです!)

DSC00528-b
DSC00508

寒いので最初から焼酎湯割りでスタート、早速先附を頂きます。赤なまこ・ガラエビ・穴子の稚魚、どれも繊細な味わいですね、穴子稚魚の酢味噌和えはこの時期ならでは、淡白で清楚な味わいを楽しみました。

DSC00498
DSC00520

お造りは鰆・鯛・鰤・貝柱、どれもしっかり厚みがあります。身の締まった鯛は梅肉で頂きます、あっさりした鯛と梅肉がありますね。脂がしっかりのった寒ブリは絶品、厳冬期の恵みです^^

DSC00502
DSC00504

握り2品は河豚と松葉ガニ、最盛期の両横綱が美味しくない訳がありません。河豚のコリコリ感もいいですが、カニ味噌がのった松葉ガニ握りを頂くと至福の瞬間が訪れます。

DSC00510

クエの煮込み、西ではモロコ呼称が一般的でしょうか。淡白な身は伝統出汁の中を泳いで素晴らしいアテに...さすが冬季の高級食材、身体がどんどん温まります。

DSC00516
DSC00517

焼き物は河豚とクエ、香味焼きにすることで繊細な身が香ばしい味わいに、量もしっかりでガツガツ齧り付きました。

DSC00524

椀物は真鴨、こちらも旬の素材ですね、適度に脂がのって美味、しっかりした肉質は好き嫌いあるかもしれませんが伝統の和食にはなくてならない素材です。

DSC00530

〆は穴子飯、地元瀬戸内ではどこでも獲れる魚ですが当店は寄島産を取り寄せられています、穴子の旨味がしっかり出た穴子飯は最高ですね、うなぎと違ってあっさり頂けます。

DSC00533
DSC00542

デザートはよもぎアイス、餅では定番の食材ですがアイスで頂くのは初めてかも...口内がすっきりしますね。

DSC00547

歳が近い大将とは色々な話題で終始盛り上がりました、仕事関係で伺うなら個室ですがプライベートな宵呑みではカウンターをお薦めします。公ではけっして書けない話題も豊富、最後まで楽しく過ごさせて頂きました(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
和楽
086-223-7500

↑このページのトップヘ