@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:オランダ通り

取引先さんとの打ち合わせを終えたのが昼前、近隣でランチしましょう! やって来たのはオランダ通りのFUGLY(ファーグリー)さん、最近オープンされたカフェ&バルのお店です。

DSC_3105

12時少し前で先客さんなし、当方おひとり様でしたが手前の4人掛けテーブルに案内頂きました。店内は奥に長い構造、カウンター席は奥側になります。手前には何故かスロットマシンが...鉄火場だった時代を経験していますので懐かしいです^^;

DSC_3080

注文はシェフのおまかせAセット(1000円)、最初にサラダとマンゴージュースが運ばれてきます。外気温は33℃前後なのでジュースが美味しいですね、食前ですがゴクゴク飲みます!

DSC_3084

暫くしてメインのガスパチョ(冷製パスタ)登場、トマトベースの冷製スープにパスタが浮かんでいるイメージでしょうか。しっかり冷えていますので盛夏にはもって来いですね、夏野菜もしっかり、自家製の鶏ハムが特に美味しかったです!

DSC_3093
DSC_3102

夜はBarになるFUGLYさん、次回は遅い時間帯に伺ってScotchを頂きましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
カフェ&バー ファーグリー (Cafe&bar FUGLY)
 オレンジビル 1F
080-4481-0556

友人と宵呑みに訪れたのはオランダ通りの焼肉店「未完」さん、左隣は沖縄料店さんですね。焼き板のシックな外観、目印ないのでうっかり通り過ぎてしまいました^^;

DSC_9074

週末金曜日という事で店内は賑わっていますね、友人が事前に予約してくれましたのでテーブル席に付きます! 早速スタッフさんが七輪をセット、焼肉は炭火焼き、風情ありますね!!

DSC_9076

まずは生ビールで乾杯、キムチ3種盛りをアテにグイグイ呑みましょう。上塩タン、あっさりですが旨味はしっかり、レモンとピンク岩塩で美味しく頂きます。上ロースはサシがキレイに入っていますね、甘みがしっかり、上品な味わいです^^ チョレギサラダで口直し、ごま油が香ばしいです。

DSC_9079
DSC_9084
DSC_9087
DSC_9089
DSC_9091

ハラミは辛口仕様、細かく砕いた一味が全体に掛かっていますね、食べやすいですが内臓系の旨さも併せ持ってます。ホルモン3種盛り、テッチャン・ハツ・ヨメナカセ、どれも新鮮で美味しいですが個人的には脂のりの良いテッチャンが好みです。この辺りで角ハイボールに切り替え、焼肉には炭酸が合いますね。

DSC_9095
DSC_9103
DSC_9109
DSC_9127

カルビは脂がしっかりです、黒胡椒で頂くと味がしっかり引き締まります。上ミノはコリコリ食感、肉厚で歯ごたえ良好です。ナムル畑は良いアテになりますね、どの素材も好きですが定番のもやしとごぼうが特に美味しかったです。定番ウインナーも頂きましょう、口直しにも良いですね。

DSC_9112
DSC_9114
DSC_9116
DSC_9123
DSC_9129
DSC_9131

辛味ハラミは本日2回め、安定感ある美味さですね。トッポギは円柱形の餅が沢山入ってますね、キムチの辛さより餅の甘さが勝った味わい、すっきり感もあります。〆は盛岡冷麺、コシのある半濁麺が美味しいですね、辛味は強くなくスッキリした味わい、途中から酢を掛けて頂きました。

DSC_9133
DSC_9134
DSC_9139
DSC_9141

食後にはデザートを頂きながら暫しまったり...平成も残すところ後二日になりましたね、丁寧に仕上げて終わりましょう!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
未完 (ミカン)
 花房ビル 1F
050-5593-7723

広島からの賓客をお迎えし、ふたり忘年会で伺ったのはオランダ通りの小ぐりさん、予約困難度はかなり高い和食割烹のお店になります。時期的に忘年会シーズンたけなわですが一ヶ月以上の前の予約でカウンター席を確保です。

DSC_5406

店内は奥に長い構造、厨房と平行にカウンター席、奥が座敷席になります。座敷席は5年前より構造が少し変わっていました。月曜日ですが予約で満席、さすがの人気店です!

DSC_5407-b

三岳ロックで乾杯、和え物・貝・鯖寿司の突き出しはどれも繊細な味付けです。二品目は牡蠣酢、牡蠣のシーズンは始まったばかりですがかなり大きなサイズ、酢で引き締まった身は絶品です^^

DSC_5409
DSC_5411
DSC_5419

たたみいわしは炙られて香ばしい味わい、カタクチイワシの稚魚ですから栄養も豊富です!。鯨ベーコンは綺麗な色合いですね、外は鮮やか朱色で中は白く...上質な脂は良いアテになりますね、時間が経過すると脂がまわりますから急いで頂きました^^;

DSC_5426
DSC_5430
DSC_5438

白子の松前焼きは鮮やかな器で登場、白黒赤の対比が芸術的です。昆布船で焼かれた白子は甘さがワンランクアップ、繊細な甘さの中に旨味が凝縮、最高の酒アテです。だし巻きはほのかで自然な甘みが良いですね、大根おろしと一緒に頂くと素朴な甘みが際立ちます。

DSC_5432
DSC_5436
DSC_5442

鶏の炭火焼き、外は香ばしく中はジューシー、鶏本来の旨味が凝縮されています。ラストは葉わさび、近隣だと島根産が有名ですよね。見た目より強めの風味が〆にふさわしいです!

DSC_5447
DSC_5450

今日は焼酎ロック(三岳・赤霧島・白玉の露)オンリーで5~6杯頂きました^^ どのアテも繊細な味付け、見た目でも楽しめる逸品の数々、人気の程が伺える小ぐりさんでした!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
和食 小ぐり
 鳴門ビル1F
086-222-5996

今日は友人3人と「あまおと」さんで宵呑みです、オランダ通りから少し東に入った立地、間口は狭いので気をつけないと通り過ぎます^^

DSC_4228

一ヶ月ほど前に予約、入口横の小上がり席に入ります。カウンター席の方々も皆さん予約のようですね、これから年末までは予約取り難いかもです。

DSC_4275-b
DSC_4231-b

赤兎馬ロックで乾杯、お通しのポテサラも一工夫されて濃厚な味わい、量は少ないですが良いアテになります。前菜4種はどれも繊細な味わいですね、話に夢中で詳しく書き留めていないのですが抜群のアテですね、この中ではガラエビが特に好みでした^^

DSC_4235
DSC_4242

刺し身は3種、手前の鰆炙りがメインですね、厚切りされた身は旨味がしっかり詰まっています。添えられた山葵が秀逸ですね、辛さは程々で魚を活かす素朴な味わいが素晴らしいです。小さな陶器茶碗で提供されたのは茶碗蒸し、オリジナルですがセンスの良さを感じる味わい、しめじが卵に馴染んで良かったです!

DSC_4244
DSC_4246

ハタハタはオイルサーディン風に仕上げて丸ごと食べられるようにしています、添えられた赤カブが良い口直しになります!。秋刀魚の塩焼きは強めに焼き上げられ香ばしい味わい、大きな身で食べごたえありました。

DSC_4249
DSC_4267

豚肉は酒粕で下味を付けて焼かれています、品種は桃太郎ポーク、加熱しても固くならず豚肉本来の甘みを楽しめます。〆はリゾット、濃厚な味わいで食欲を満たしてくれました!

DSC_4271
DSC_4273

私は焼酎オンリーで無粋な輩ですが、女性店主(美人さんですね!)さんの創作系割烹料理を日本酒メインで頂くお店ですね、コース料理の量も私には丁度良かったです。オープンされて1年10ヶ月、オランダ通りの人気店さんになられていました^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
夕食とお酒 あまおと
086-226-2017

岡山でも一二を争う老舗喫茶の「B三共」さん、前回は珈琲を頂きましたので今回はランチしましょう。表町オランダ通りの当店、枝分かれする前のA三共さんは西大寺町にあったとのことです。

DSC_1060
DSC_1075-b
DSC_1076

創業は昭和初期ですから90年近い歴史を誇ります、現在の建物は昭和40年台、シックな内観はやはり歴史を感じさせますね、中央の六角形テーブルとシャンデリアが素敵すぎます^^;

DSC_1064

注文はオムライス(550円)、マスターが厨房で丁寧に作ってくださいます。待つこと10分弱で着皿、ケチャップではなくデミグラスソースなのが老舗の挟持ですね!

DSC_1067

中もデミグラスソースをしっかり効かせた味わい、鶏肉もしっかり入っています。薄焼き卵で綺麗に覆われ、デミグラスソースはかなり本格派、洋食系の味わいで最後まで美味しく頂きました!

DSC_1071

食後には薄暗く静寂に包まれた店内で暫しまったり...エアコンもしっかり効いていますので瞑想しましょ (。-ω-)zzz. . . 

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
B三共
086-231-1147

↑このページのトップヘ