@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:オフ会

山陰の両雄と県南の侘び寂びスポットを散策、乾きを癒すべく訪れたのは懐石料理で名高い「あじ彩 真」さん、リーズナブルで日常シーンでも利用しやすい店舗さん、岡山駅からも近く便利な立地です。

DSC_8637

事前予約していましたので入り口右手側のテーブル席に着きます。当日は土曜日でしたが予約で満席、さすがの人気店ですね、事前予約が必須の店舗さんです。

DSC_8639-b

まずは生ビールで乾杯、乾いた身体にビールが素早く吸収されます。アテは先付け八寸、夏らしい器と盛り付け&素材、大将のセンス良さを感じさせます。そら豆のカエル細工(一寸蛙)&沢蟹素揚げで季節感をしっかり演出ですね!、自家製心太・茄子の白和えが良いアテになりました。

DSC_8642
DSC_8646

椀物は鱧の葛打ちと水無月豆腐、鱧の身は軟らかく繊細、暑い時期でも温かいものは嬉しいです。造りは、鯛の薄造り、これは柑橘を絞りポン酢で頂きます、身の締まった鯛は良いアテになります。真魚鰹・鰹・カンパチ・鱧・こんにゃくは山葵と醤油で頂きます、旬の魚はどれも新鮮、素材の良さを堪能です。

DSC_8655
DSC_8664

焼き物は玉ねぎ田楽、新玉ねぎの甘みと田楽味噌の香ばしさが楽しめる逸品、自宅でも頻繁に頂きたくなる美味しさです。焚物は穴子の湯葉蒸し、瀬戸内の穴子はしっかり素材の甘味と新鮮さが出ていました。

DSC_8670
DSC_8675
DSC_8658

揚げ物はキス、これから暑くなってくると山陰の砂浜で大物が釣れ始めます、投釣りのターゲットでもあります。カラッとあがって身も骨も美味しく頂きました。ご飯物は、鯛めし・味噌汁・香の物、あっさり薄味の鯛めしはシンプルな味わい、鯛の出汁が移った米は食欲を増進させます。

DSC_8682
DSC_8687
DSC_8694

水物を頂きながら暫しまったり、色んな話題で盛り上がった一次会もお開き、精悍な大将のお見送りを受けて店舗を後にしました!!

(お店の情報)
あじ彩 真
086-221-8810

bankaraさん・hajimeさんと三次会に訪れたのは賑わう通りの3階にあるBAR「香木」さん、23時半頃の訪問でカウンター・テーブル席共に空いていましたが、その後団体さんが次々と訪れ満席状態に...土曜日の夜はやはり賑やかですね。

DSC_3271-b

薄暗い店内、各々好きなウイスキー・カクテルを注文、banさんは名前にインパクトある「ゴッドファーザー」、hajimeさんは白州、私はジンベースのギムレットです。

DSC_3275

DSC_3273

ここでは少し会話のトーンを落としながら様々な内容で話し込みます、仕事の話もちらほら、お二方とも働き盛りの年代ですので日々真剣勝負ですね。私は海外出張話題で参戦、hajimeさんも二十代で海外赴任され苦労された話をお聞きします。私はジントニックに変更、心地良い気怠さに少し酔いが混ざっていきます。

DSC_3277

DSC_3274

尽きぬ話題で静かに盛り上がりますが24時半を回ったところで楽しい岡山オフ会もお開き、次回米子オフ会(忘年会)での再会を約束し帰路につきました!!


(お店の情報)
香木 (カボク)
岡山県岡山市北区本町3-23 大関ビル 3F
086-227-5885

食べログ有志の方々と二次会に訪れたのは行き付けのカジュアル創作イタリアン「アリスタ」さん、土曜日の夜で混み合っていましたが無理を言って1階の奥のテーブル席を確保頂きました。

R0000304-b

オーナーシェフは山口県のご出身、地元の銘酒「獺祭」を常備されていますので有志お三方は獺祭をワイングラスで、私は小休止でジンジャーエールで乾杯です。

R0000307

まずは新鮮野菜のバーニャカウダ、ソースを温めながら頂きます。アンチョビを混ぜ込んだこのソースは美味しいですね、食欲が増進します。次は馬刺しとスライスチーズの登場(料理名忘れました^^; 馬肉は綺麗にサシが入って常温ではゆっくり脂が溶け出してきます、馬肉ならではの爽やかな味わいが素敵です。

R0000309

R0000313

ここで白ワインに切り替えます、岡山が誇る吉田牧場のカチョカバロが登場、トーストの上でしっかり溶けた状態、これは手早く食べないと駄目ですね! 濃厚過ぎず豊かな味わいのカチョカバロ、マジャクリと共に一番好きなチーズです。

R0000318

R0000314

その後もエビ揚げ・砂肝・水牛のモッツァレラチーズ揚げと酒のアテが続きます。二次会で利用する時には完全にシェフおまかせです、進捗状況を確認しながら適切なタイミングで料理を出して頂けます^^

R0000317

R0000319

R0000322

一次会に続き、ここでも沢山の話題で盛り上がりますが23時近くなってきましたので倉敷に戻る君影草さんを送るために一旦散会、オーナーシェフ・奥様の見送りを受けてアリスタを後にしました。

R0000324


(お店の情報)
アリスタ (ARISTA)
岡山県岡山市北区磨屋町1-1
086-207-2990

鳥取県からbankaraさん・君影草さん、大阪府からhajime550iさんをお迎えし、平和町「一文」さんで宴の開始となりました。土曜日の夜でしたので周辺は平日に比べかなり賑わっています。四つ角の角っこに位置し、一文銭を描いた青い暖簾と暖かな灯りが迎えてくれます!

R0000281

10日程前の予約で座敷席を確保しましたので、カウンター席後ろを通過し座敷手前の四人席につきます、掘りごたつ形式なので足元は楽ですね。

DSC_3270-b

image20150318

まずはビールで乾杯、後ピンでピントはhajimeさんにジャストミートでございます^^ hajimeさんとは今回初対面ですが、毎日コメ欄でやり取りしてますので全く違和感なく、序盤から食べログの話で盛り上がります。

R0000284

R0000288

アテは当日注文、突き出しのあとは刺盛り・地ダコ炙りと出てきます。刺盛りは岡山で人気のサワラも入っています、本マグロは中トロで甘みのある味わい、鯛もコリコリ食感、新鮮で美味しかったです。

R0000293

R0000290

中盤で倉敷にお仕事で来られていた君影草さんが登場、女性の飛び入りで座が一気に華やかになります。乾杯で仕切り直し、益々話が盛り上がっていきます!!

R0000299

次に登場は白子焼き、これも独特の甘みに溢れていてお酒のアテとしてはかなり上位に位置しますね。蓮根まんじゅうは表面を揚げ玉で覆いとろっとした餡が掛っています。わさびを少し溶いてミョウガと共に頂くと甘さが引き締まり焼酎が進みます。

R0000296

R0000301

食べログでご活躍のご三方、酒がお強いですね。幹事役が酔い潰れると情けないので当日はマイペースで頂きましたが、banさん・hajimeさんは芯の通った男前呑み、君影草さんはさり気なく焼酎水割りの杯をかさねます...皆さん格好良いです!!


(お店の情報)
一文 (イチモン)
岡山県岡山市北区平和町7-11 グレイス岡山
086-233-2288

↑このページのトップヘ