@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

タグ:うな丼

6月は精力強化月間ということで美味しいうなぎを頂きに中畦の「う越新」さんにやって来ました、近隣にはうなぎ料理で有名な”くりはら”さんがあります。当店は老舗の仕出し・宴会をメインに地域密着型で営業されています!! 60人規模の宴会が出来る座敷がありますので外観も立派ですね。
 
DSC_1300

ランチも大広間で頂くようになります、衝立はいくつかありますが端まで見渡せる座敷は広々で気持ちいいです^^; 13時前の入店でお客さんはまばらでした。
 
DSC_1270-b

注文は「うなぎ御膳(3240円)」、うな丼と定食(ご飯とうなぎが別々)から選択できますのでうな丼でお願いしました。待つこと10分少々でやって来ました、丼の他に小鉢2つと味噌汁の構成です。
 
DSC_1280

うなぎは一尾使われています、半身が上にのっかりもう半身はご飯の中間処に埋め込まれていました^^; 焼き仕上げだけですがしっかり軟らかく箸で切断出来ます。小さな肝が真ん中に鎮座してました。

DSC_1286

タレは甘みがあり濃厚なタイプ、ご飯にもしっかりかかっています。タレは昔風の味付け、ご飯がどんどん進みます!! 味噌汁の具材は鰆、やわらくて美味しかったですが、肝吸いが付いていればベストですね!!
 
DSC_1293

1952年創業のう越新さん、ランチメニューはかなり豊富です。仕出しで頂いたことのある大きな海老フライを次回は定食で食べたいと思います(^^♪

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
う越新
086-298-2033
 

皐月終盤は梅雨の様な天候が続きます、ダルダルな身体に喝を入れるべく岡ビル百貨店で晩酌のアテを物色、帰路で精力のつくものを見つけてしまい即購入です!!
 
DSC_1106

光吉商店さんの名物お母さんが手焼きされる鰻料理の数々、今回はうなぎ弁当(1200円)とうな丼(700円)を購入です。イートインスペースはありませんのでその日の晩酌で頂きました。
 
DSC_0602

うなぎ弁当は国内産シール、うな丼は天然シールが貼られています。二つを食べ比べましたがうなぎ弁当の鰻は厚みがあり軟らかい食感、うな丼は厚みがなく少し硬い口当たり...鰻サイズの違いもあると思いますが、養殖と天然の違いでしょうか、うな丼鰻は昔懐かしい味わいでした。タレは共通で昔ながらの醤油が勝った香ばしい味付け、60年以上継ぎ足された秘伝ダレは食欲を促進させるものでした^^
 
DSC_0616
DSC_0621

昭和28年創業の川魚専門 光吉商店さん、川エビ素揚げや焼きアナゴ・鮒ミンチ等々、アテが盛りだくさん、また早々に伺いたいと思います!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
川魚専門 光吉商店
086-232-9533
 

倉敷駅前でランチに伺ったのは店頭の鰻生簀がシンボルマークの喜久味さん、一年半ぶりの訪問になります。2月の冬季でも生簀では鰻達が元気に泳いでいます、地元産ではなく鹿児島産、脂がのるこの時節が一番の食べ頃ですね。
 
DSCF0072

DSCF0089

13時30分を回っていましたが店内は6~7割席が埋まっています。カウンター席・テーブル席・小上がり席でかなりの人数を収容出来ます。夜は観光客の居酒屋利用が多いのでしょうね、フルラインナップで焼酎が揃っています^^
 
DSCF0074-b

DSCF0075

注文はうな丼セット(1500円)、生から焼きますので10分少々時間を要すとのこと、のんびり焼き上がりを待ちます。連れのすき焼き定食(690円)が先にやって来ました、価格から考えるとかなり充実しています。すでに半分ほど煮られた状態で届きますが、そこから固形燃料で更に熱しますので熱々のすき焼きを頂けます!!
 
DSCF0080

DSCF0079

予定通り10分少々でうな丼定食が配膳されます、うな丼(半身)・すまし汁・サラダ・漬物の組み合わせ。鰻は関西風仕上げのため”焼き”だけですが箸先で切断できるほど軟らかくなっています。タレは癖のないあっさりした味わい、物足りないようであれば別容器のタレを追加できます。ご飯が少し軟らかだったのが残念ですが価格を考えれば納得の内容ですね!

DSCF0088

DSCF0085


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
喜久味 本店
086-425-0881
 
 

7月第四週は土用丑の日、その前にフライングで近所の丸勝さんへうなぎを頂きにやって来ました。当店は児島線沿いに位置し、かなりの老舗さんになります。鮨・仕出し会席・鰻と和食全般何でも扱われています。外観は年季の入った和風家屋の佇まい、◯に勝の大きな看板が目印になっています。

DSC03300

DSC03299-b

内観はカウンター・小上がり・座席とフルラインナップ、しかしこの土用丑の日週は次々と来店され、店内は12時を前にして満席になりました。

DSC03288-b

早くも夏バテの身体に活を入れるべく特上うな重(3300円)を注文、待つこと15分少々でやって来ました。西日本では蒸しませんので炭火でじっくり焼き上げます、表面の焦げ具合が素敵ですね。真冬の脂がのる時期ではありませんので、鰻身自体はすっきりした印象です。タレはしっかり濃厚、鰻だけではなくご飯にもしっかりかかっています。昔ながらの歯応えある焼き加減、甘辛いタレで頂くと食欲増進します。

DSC03297

DSC03296

肝吸いはしめじ・舞茸も入っており、さっぱしたすまし汁が口中の鰻ダレを緩めてくれます。老舗割烹が造る昔ながらのうな重、美味しく頂き明日への活力になりました^^

DSC03298

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
丸勝 (まるかつ)
岡山県岡山市南区内尾237-6
086-298-3279

<2015年1月>
滋養強壮で夏にうなぎを食しますが、脂がのるこの時節がやはり一番の食べ頃ということで、くりはらさんにやって来ました。うなぎは西低東高、特に岡山市内にうなぎ専門店は少なく、うなぎが食べたくなるとくりはらさんを訪れています。

DSC00248

11時の開店直後に訪れましたが、既に沢山の方で賑わっています。奥の小上がりに座を決め、うなぎ丼(3100円)を注文、待つこと10分少々でやって来ました。恐らく客足が途切れないので厨房では延々と焼き作業をされているのだと思います。

DSC00251-b

当店のうなぎは関東と違い焼き仕上げのみですが、弾力を保ちつつとても軟らかい食感になっています。プルプルの身を箸だけで崩すことが出来ます。タレはしっかり濃厚で甘みもあり、褐色飴色の艶が食欲を増進させます。ご飯にもまんべんなくタレをまぶしてありますので、濃い味が苦手な方は後半ちょっときつく感じるかもしれませんね。

DSC00253

DSC00254

DSC00255

DSC00256

肝吸い・白焼きも専門店ならではの見事な味わい、県内でも一二を争う美味しいうなぎが頂けます。特に真冬のうなぎは絶品です、是非しばれる時節にご賞味あれ!

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


(お店の情報)
うなぎ料理 くりはら
086-298-2428 

↑このページのトップヘ