@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

タグ:〆ラーメン

健康診断が近づいていますが現状昨年より3kg減量に成功、それを台無しにしかねない〆ラーメン...誘惑に負け、誰にも見つからない様、小走りで店内に駆け込みます!!
 
DSC_7444

23時過ぎ、今日は月曜日なので店内は閑散としていますね。テーブル席に付きメニューを眺めます、イチオシは味噌ラーメンとの事ですが久々のつけ麺(880円)を選択です。
 
DSC_7460

待つこと10分弱で着丼、量は少なめなので一安心です^^ つけ汁、とんこつっぽい色合いですが鶏ガラ+魚介の風味、味はそれほど濃くなく〆ラーメンとして最適かな。
 
DSC_7451
DSC_7455

麺は中太縮れ、他店の様な強い主張はなくインパクトはそれほどありません。味のしっかりしたチャーシューは小サイズが2枚、他の具材は半身ゆで卵・幅広メンマ・刻み海苔・もやし・茹でキャベツです。
 
DSC_7453
(。-ω-)ノll
DSC_7456

量は少なく味もすっきり、それほど罪悪感に苛まれることなく帰路に付けました(・∀・)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
麺太郎
086-226-5151
 

暮れてから気温が急激に低下、呑んだくれた友人と〆ラーメンにやって来たのは「みなもとや」さん。源八ラーメン 中央町店さんが店名変更されたのを店内の張り紙で知りました。本店は野田にありましたが、一年ほど前に閉店...今回の店名変更と関係があるのでしょうかね(・・?
 
DSC_5867

呑み屋街にありますので18時から翌3時までの営業、深夜の時間帯になるほど混み合う当店です。大将含めて3人での運営、近隣の出前もされていますので皆さん忙しくされています。
 
DSC_5888

注文はみそラーメン(850円)とぎょうざ(400円)、待つこと7~8分で着丼です。スープは昔ながらの味噌スープ、複雑さは全く無く懐かしい味わいですが見た目より辛さがあるのは不思議です。
 
DSC_5873

麺は中細で弱い縮れ、デフォで少し軟らかいです。チャーシューは肉厚で濃厚なタイプが2枚、これをアテにビールが呑めそうな味わいです。他の具材は炒め玉ねぎ・もやし・わかめ・青ネギ、具沢山でもありました。

(。-ω-)ノll 
DSC_5883

餃子は小ぶりなサイズが8個、表面しっかり焼かれてパリパリ食感、大蒜風味は強くなくラーメンの共に最適です^^

DSC_5880


(友人の中華丼)
DSC_5886


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
みなもとや 中央店
(旧店名:源八ラーメン 中央町店)
086-231-1050
 

呑んだくれた友人と〆ラーメンにやって来ました、薄暗い通りに面した漢口さんの赤い提灯は誘蛾灯の役目をきっちり果たします^^; 夜営業の当店、混み合う時間帯は24時前後ですね!
 
DSC_3335

店内はカウンターのみ、奥に長い構造、ラーメンの他に若干のアテも用意されています。ラーメンは基本の支那そばの他に幾つかありますがトッピング追加になります。
 
DSC_3342
DSC_3340-b

注文は焼豚入り支那そば(700円)、大将がカウンター内で丁寧に作ってくださいます。待つこと5分少々で完成、優しい醤油とんこつの色合いですね、焼豚追加仕様なので見た目豪華です^^
 
DSC_3349

スープは色合い同様優しい味わい、〆向けです。麺は中細ストレート、デフォで若干軟いです。チャーシューは軟らかく脂の入りが絶妙、他の具材はゆで卵半身と青葱、飲み疲れた最後の〆にふさわしい仕上がりでした^^

(。-ω-)ノll 
DSC_3353

当店は平成元年の創業、その前は天瀬町で洋食屋さんをされていたそうです。御年80歳の大将が丁寧に作ってくださる支那そば、酔い醒ましの一杯として美味しく頂きました(・∀・)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
漢口 (カンコウ)
086-226-5375
 

お昼を食べ損ねた週末金曜日、友人と夕食にやって来たのは表町の昭和中華「姚泉」さん。お昼に通りかかると間違いなく閉業されいると勘違いされるであろう激渋の外観、夜になるとネオン効果か、艶めかしく輝きを増してきます(・∀・)
 
DSC_2552

店内はカウンター席オンリー、テーブル席も一席ありますが餃子の皮を包む作業台になっていました。中華屋さんに多い朱色のカウンター席奥に着き、ラーメン・焼き飯・餃子を注文です。
 
DSC_2555-b

一番先に餃子がやって来ました、薄皮仕様で小ぶりの餃子が12個、一口サイズで具材もシンプル、関東の大きな餃子になれていると物足りなさを感じるかもしれません。

DSC_2559

焼き飯は家庭的な仕上がり、しっとり系でシンプルな味わい、塩加減が絶妙、おかん焼き飯の中ではかなりレベル高いですね^^ 小椀のスープ付きです!
 
DSC_2562
DSC_2564

ラーメンは最後に登場、見た目シンプルな中華屋さん仕様です。スープは鶏ガラ系でかなり薄味、麺は細ストレート・加水率低めで若干ぼそっとした食感です。

DSC_2568

脂のノリが絶妙な小サイズチャーシューは3枚、他の具材はもやし・青葱・海苔になります。スープの薄さで好き嫌い分かれそうですが個人的には加水率低い細麺にあった〆ラーメンに思いました!!
 
(。-ω-)ノll 
DSC_2572

今年で創業55年を誇る表町路地裏の昭和中華の姚泉さん、一人呑みもよさ気なお店ですよ!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
姚泉 (トウセン)
086-223-9738
 

早めの夕食を頂きに訪れたのは駅前町のポークラーメンさん、朝4時まで営業されていますので〆に伺ったことは何度かありますが、シラフでは初かもしれません! 駅前商店街から北に外れた立地、こびきさんは割りと近隣にあります!
 
DSC_2146

店内はカウンター席とテーブル席、今日は先客いらっしゃらなかったのでテーブル席に着きました。当店はラーメンの種類が多いです、鶏ガラをベースにして醤油・豚骨醤油・塩・味噌と多岐に渡り、カレー風味やバターも存在します。酒のアテになる一品もありとても利便性の良いラーメン屋さんです。
 
DSC_2130-b

注文は味噌ラーメン(450円)・焼き飯(550円)、待つこと7~8分で同時にやって来ました。味噌スープは甘めで優しい味わい、ガツンと来るタイプではなく鶏ガラに少量の合わせ味噌を加えた印象です。

DSC_2137

麺は中細ストレート・デフォで少し軟らか目、チャーシューはしっかり脂がのった中サイズが2枚、他の具材は細もやし・太シナチク・青ネギになります。全体バランスは良いですがインパクトは若干弱めです。
 
(。-ω-)ノll 
DSC_2141

焼き飯、パラパラ仕様で米の水分をかなり頑張って飛ばした印象です。具材は玉葱・人参・葱・チャーシュー片・玉子、塩はしっかり効いていて家庭的な味わいもあります。いい意味で”おかんの焼き飯”タイプですね^^ 

DSC_2143
DSC_2145

付属のスープは鶏ガラパイタン仕様、これがラーメンスープの元になっているのはないでしょうか!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ポークラーメン
086-223-6578
 

↑このページのトップヘ