@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: ステーキ・焼肉

休日の焼肉ランチに家族と訪れました、自宅から徒歩圏内の「炭一鉄」さん! ウィークデーは夜だけの営業ですが土日祝は昼営業もされています。

DSC_1517

新築オープンなので外観・内観共に綺麗で油のギトギト感は皆無、当店はかまくら風の個室が設置されており、ひと目を気にせず肉を頬張れます^^;

DSC_1527
DSC_1526

注文はももたろうランチ(5800円/三人盛り)、最初にサラダが運ばれてきます。このサラダとご飯・スープ(すまし汁)はお替わり自由とのことです。

DSC_1532
DSC_1554
DSC_1524

サラダの後は塩タン登場、一人換算2枚になりますね。丸く大きなサイズですが薄切りの為それほどボリュームはありません。塩ダレでさっぱりと頂きました。

DSC_1537
DSC_1540

メインのお肉が大皿でやって来ました、3人盛りだと迫力ありますね^^; 和牛カルビ・国産カルビ・国産ロース・一鉄ハラミ・王様ホルモン・焼き野菜の構成、怪しい部位は少なく人気部位だけの構成になっています。

DSC_1544

炭火なので短時間で焼けますね、カルビは脂のノリが良く甘い味わい、ロースも上品ですね。ホルモンは大きな塊で上質なものでした。焼き野菜は若干少なく、これはもう少し量が欲しかったです。

DSC_1550

焼肉だと大盛りご飯が難なく食べられます、次回は宵に訪れてビールを頂きましょう^^

(お店の情報)
炭一鉄 下中野店
086-230-7729

後輩と宵呑みに訪れたのは磨屋町の巨城里さん、焼肉呑みは久しぶりです。飲み屋さんの多い通りに面しているビルの一階、焼肉のぼり旗が迎えてくれます。

DSC_0142

週末の20時で店内は満席、予約していましたが少し待って入店です。円筒形の排煙装置が七輪直前まで伸びていますので全然煙たくありません!

DSC_0168

3000円食べ放題コースに2000円の飲み放題2時間を付けて合計5000円、生中で乾杯し焼肉スタートです。

DSC_0146
DSC_0148

3000円コースの内容は、トントロ・カシワ・ウインナー・Pロース・ハラミ・カルビ・ホルモン混合・キム盛・サラダ・イカ・ライス・スープになっています。

DSC_0150
DSC_0153
DSC_0157
DSC_0167

トントロから始まり、全種一通り出てきた後は好みで追加を伝える仕組みになっていました。量は食べられないので全種制覇を目標に頑張ります^^;

DSC_0169
DSC_0172
DSC_0174
DSC_0178
DSC_0180

好みはイカ・ハラミ・カシワ辺りでしょうか、オリジナルのタレは甘さを抑えたオーソドックスな仕様、岩塩・胡椒塩も常備されています。炭火の勢いが途中弱くなるシーンはありましたが全体ボリュームはかなりあり、最後まで美味しく頂きました!!

(お店の場所は)
巨城里 磨屋町店
050-5868-8151

かなり久々の訪問は医大前商店街の焼肉「福助」さん、前回訪問は会社忘年会...20年以上前ですね^^; この界隈ではかなり老舗の焼肉店、初訪は30年以上前になります。

DSC_0031

13時前の訪問で一階はほぼ満席、場所柄市役所関係の方が多いように思いました。大人数での宴会は二階席になります。

DSC_0005-b

注文は「塩タン付き福助サービスランチ(1080円)」、待つこと10分少々で焼肉の準備完了、ご飯はてんこ盛りになっています。時節柄、小鉢の冷奴が嬉しいですね。

DSC_0008

塩タンは3枚、かなり薄く仕上げてあります。サッと短時間焼いてレモン汁で頂きました。メインのお肉はハラミと豚肉、ハラミは厚みがありますのでじっくり焼いて甘辛いオリジナルのタレで頂きます、香ばしい味わいは白ご飯が進みますね、推定2合近いどんぶり飯が最後まで一定の速度でいただけました^^;

DSC_0016
DSC_0012
DSC_0021

食後にはアイスコーヒーを頂きながら暫しまったり...外は暑いのでもう暫くのんびりしましょう ( ˘ω˘ )ボ~

DSC_0026


(お店の情報)
福助
086-222-0188

盛夏の宵呑みに訪れたのは笠岡青果市場内の「焼肉たにもと」さん、取引先さんに紹介頂いた焼肉店さん、笠岡干拓地で牧場を経営され美味しいF1牛(交雑牛)を安価に供されています。オープンして3年ということで外観はまだ新しいですね!、笠岡ラーメンの名店 おっつぁんさんの対面に位置します。

DSC_3537

店内はカジュアルな雰囲気ですね、ケーブル巻取り?テーブルと椅子をビニールで覆った調度、排煙装置は各テーブル毎に備え付けられています。

DSC_3470
DSC_3472
DSC_3473

ビールで乾杯の後は、色んな部位を試すべく焼肉奉行(同僚)の采配に任せます。いい加減に酔ったのでどの画像がどの部位か定かではありませんが、イチボ・ミスジ・ツラミ・ハラミ・トンビ・小腸・ロース等々を頂きました。焼き時に使用する岩塩の他に、甘タレ・塩コショウ・わさび醤油・ポン酢の4種が用意されます。

DSC_3476
DSC_3484
DSC_3493
DSC_3499
DSC_3488
DSC_3502
DSC_3509

アミでサッと焼いたレア状態の部位を素早く頂きます、どれも綺麗にサシが入っていますが脂は驚くほどあっさり、クドくないF1牛はどんどん胃に収まっていきます。ロースは勿論軟らかく甘い味わい、ホルモンは噛むことなく口中で溶けます。

DSC_3505
DSC_3511
DSC_3513
DSC_3517
DSC_3522

DSC_3521
DSC_3527
DSC_3533

F1牛の概念を覆す美味しい牛肉、牧場経営で培ったノウハウを焼肉店で活かされいます、焼肉好きなら是非!!

(お店の情報)
焼肉たにもと
0865-75-0180

某東南アジア政府及び企業経営者の方々との打ち合わせを終えて、ランチに伺ったのは帝国ホテル17階の嘉門さん、付き合いのある華僑の方がAMEX経由で個室を確保されました。

DSC_9186
DSC_9148

最上階なので窓からの眺めも良いですね、当日は35℃予報でしたが室内は快適空間です。個室は10名収容、鉄板に向かって横一列に並びます。次の打ち合わせ時間が迫っていましたので約一時間でお願いしました。

DSC_9151-b

最初はグリーンピースの冷製スープ、濃厚な味わいながらしっかり冷えているので爽やかさも同時に味わえます。サラダにはしっかり焼かれたタンが入っており香ばしい味わいを楽しみます。

DSC_9157
DSC_9153
DSC_9166

ステーキはミディアム、厚みがあるので肉汁が抜けませんね。岩塩と胡椒メインで頂きましたが甘みの強い肉を引き締める効果があります。専用タレ&山葵も試しましたが個人的には岩塩が一番好みでしょうか。

DSC_9160
DSC_9168
DSC_9170
DSC_9178
DSC_9181

最後はデザート&珈琲で締め括る予定でしたが時間が押してここで終了、慌ただしいランチとなりましたが美味しいステーキを堪能しました。

DSC_9185

普段利用するシーンの少ない高級ホテルですが落ち着いた雰囲気&丁寧な接客は良いですね、他にもレストランがありますので順番に訪れたいと思います^^

(お店の情報)
嘉門 (かもん)
03-3539-8116

↑このページのトップヘ