@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: ステーキ・焼肉

同僚と宵呑みに伺ったのは東大井の「銭場精肉店」さん、大井町駅から至近距離、青物横丁駅からも歩ける距離にある溶岩焼きの店舗さん、後輩が予約を取ってくれました。

DSC_8360-b

名前からはコテコテの居酒屋風焼肉店を想像していたのですが、店内はかなりお洒落、スタッフさんも全員洗練された方ばかり、店内に煙が立ち込めることも皆無です。

DSC_8364

生ビールで乾杯後、五月雨式に肉とアテを注文します。肉は基本的にスタッフさんが焼いてくださいます。タレは塩・わさび・醤油・ポン酢が用意されており、部位別にお薦めを教えてくれます。

DSC_8369
DSC_8372
DSC_8368

タン(上&ネギ)は厚み違いが2種、薄い方はサッと焼いてネギ塩で、上タンはじっくり焼いてレモンを絞り、塩で頂きました。どちらも美味しいですね、個人的には厚みある方が好みでした。

DSC_8376
DSC_8384
DSC_8373
DSC_8389

小豆島玉ねぎ、大きなサイズをじっくり溶岩プレートで焼き上げます。塩で頂きましたが、甘みがしっかり出て良いアテになりました。アンチョビポテトフライ、アンチョビの味が濃厚に効いてビールに合う味わいでした。

DSC_8382
DSC_8392
DSC_8393
DSC_8397
DSC_8409

8種盛り合わせ、部位違い&豚肉が綺麗に盛り付けられています。焼き加減・タレをスタッフさんに指示頂いてどれも美味しく頂きました。〆は黒毛和牛ハンバーグ、手捏ねの100%和牛は肉肉しい味わい、オリジナルの自家製オニオンソースも絶品でした!!

DSC_8402
DSC_8411
DSC_8400
DSC_8405

煙がもうもうと立ち込める炭火焼肉もいいですが、じっくり色んな部位を食べ比べできる溶岩焼き、お洒落な雰囲気&気遣い抜群のスタッフさんが世話を焼いてくださる当店もお勧めです^^

(お店の情報)
銭場精肉店
03-6712-1129

1月6日にして早くもお正月は遥か彼方の様相ですね、同僚とランチに訪れたのは「当新田食堂」さん、創業は1963年、この1月で54年目に入られました。
 
DSC_5350-b

店内は広々空間、テーブル席・小上がり席も多く、大人数で訪れても余裕で対応頂けると思います。今日はお二人様なのでカウンター席に着きます。
 
DSC_5330

注文はお母さんにお任せ、ホルモンが食べたい旨を伝えると、うどんとカルビ&野菜を加え、二人前同時調理で進めてくださいます。まずはホルモンとカルビを鉄板で炒めます。
 
DSC_5334

その後キャベツ・玉ねぎ・もやしを投入、しっかり炒めた後にオリジナルのタレを掛け完成、目の前の鉄板に移動してくれます。ご飯・味噌汁・カクテキ・特製ダレとのセット(合計1170円)で頂きます。
 
DSC_5336
DSC_5343

食べるときに漬ける特製ダレはかなり濃い目の味わい、うどん&ホルモンの甘みをうまく消し去り、白ご飯の進む味わいになります。

DSC_5348

ホルモンは大きな塊で軟らかくジューシー、新鮮な証ですね。うどんは一人前なのですが野菜たっぷりでかなり食べ応えありました。焼肉屋さんが作る本格的なホルモン野菜うどん、バランスの良さは特筆です!!
 
DSC_5349

岡山県南の名物食堂、ホルモン頂くならイチオシの店舗さんですね^^


(お店の情報)
当新田食堂
086-241-3558
 

師走としてはかなり強い雨脚の中、有志の忘年会でかや乃さんを訪れました。十数年ぶりの訪問、前回は取引先 中国の方とお邪魔しています。玄関の控えめな電飾が高級感を醸し出しています!
 
DSC_1626

今日はすき焼きなので二階の個室に案内頂きます、落ち着いた雰囲気の6人部屋、正面には花崗岩のはめ板装飾があります。重そうな鉄鍋は2つ設置、電磁プレート調理のようです。
 
DSC_1628

先付けのあん肝でスタート、その後は前菜3種盛り、スマートですね。

DSC_1631
DSC_1636

メインのお肉は佐賀牛、ばりばりの霜降りではなく控えめなサシが良さげです^^ 最初はスタッフさんが焼いてくれます、牛脂の香りが良く、半分程度焼けたタイミングで卵に投入...口中に甘さが広がり、その後旨味がしっかりやって来ます。しつこさはなく、丁度いい塩梅の脂加減ですね。
 
DSC_1641
DSC_1647
DSC_1649

その後野菜を入れ旬の味を堪能、丸腸は綺麗な色合いですね、割り出汁で煮るとキュッと縮んですぐに食べ頃に、これも見た目よりしつこくなく美味しいです。
 
DSC_1642
DSC_1644
DSC_1653

一通り食べ終わって、野菜とあぐー豚を追加、薔薇の花弁仕上げが見事です。沖縄固有の貴重な豚種、霜降り肉で脂に甘みと旨みがあちますのでまさにすき焼き向きですね! 霜降り脂は佐賀牛より強く感じました。
 
DSC_1654
DSC_1659

最後にデザートを頂き、暫しまったり...年の瀬すき焼き忘年会、しっかり堪能いたしました^^


(お店の情報)
鉄板焼 かや乃
086-233-8800
 

気温高めで過ごしやすい休日、ドライブがてらランチにやって来たのは「ビストロ グランパ」さん。倉敷市役所近くの洋食屋さん、創業8年の比較的新しい店舗さんです。交差点近くに位置していますので店舗前の駐車場は若干停めにくいですね^^;
 
DSC_4318

店内はテーブル席オンリー、華美な装飾は一切なく、とても落ち着いた雰囲気、11時30分頃の訪問でしたが12時前には満席になりました。
 
DSCF0922

注文は「サーロインステーキ(1390円)」、日曜日の日替わりはステーキになるようです。高齢のマスターが丁寧に焼いてくださいます、待つこと15分程度でやって来ました。付け合せのサラダ&ポテトがステーキの上に添えられています。
 
DSCF0924

ステーキのサイズは100g程度でしょうか、ミディアムでお願いしましたがベストの焼き加減です。オリジナルのソースは比較的あっさりした味わいで肉本来の美味さをスポイルしていません。付け合せの野菜も素朴な味付け、量はもう少し欲しいでしょうか!
 
DSCF0926
DSC_4312

情報なしに訪れましたが、当「ビストロ グランパ」さんは一週間後の11月20日(日)で閉店されます、洋食好きの方は早めの訪問を!!


(お店の情報)
ビストロ グランパ (Gran-pa)
086-434-2262
 

昨年4月に表町から磨屋町に移転された「とき」さん、美味しい鶏ガラ+魚介のスープが特徴で大好きでしたが、暫く閉められていました。昨秋にホルモン・もつ鍋屋さんに業態変更されました!、お昼には壺漬けはらみのサービスランチ(700円)があるということで同僚とウィークデーランチにやって来ました。
 
DSC_0319

DSC_0326

店内はときさん時代と変わらずカウンター+入り口右のテーブル席になります。同僚と11時30分頃に訪問、はらみだけではなくホルモンとの混合もできるということで混合を選択です!
 
DSC_0320

DSC_0321

女将さんが厨房で丁寧に焼いて下さいます、待つこと6~7分で配膳です。壺漬けされたはらみは濃厚な味わいですね、白飯がどんどん進みます^^; ホルモンはぷりぷり、和牛を使われているので新鮮さも申し分ありません。スープもたっぷりで小鉢のサラダも美味しかったです。
 
DSC_0323

DSC_0324

夜は鍋焼き・もつ鍋の他に餃子・おでん等のアテもラインナップされています、壺漬け頂くならやはり夜に訪れてビールでしょう。また週末には澄んだ鶏ガラ醤油スープが絶品のときラーメンも提供されているそうです、〆に頂きたいですね^^


(お店の情報)
一角
086-226-3320

↑このページのトップヘ