@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: フレンチ

桜も散って新緑の時節、今日は倉敷まで休日ランチにやって来ました! キャンドル卓 渡邉邸さん、倉敷のキャンドルメーカーさんが経営母体の古民家フレンチになります。

DSCF3186-b
DSCF3182

昔ながらの蔵を綺麗に改装されていますね、高床&白壁の蔵内部は少しひんやりした空気に包まれています。若干薄暗いので日中でもキャンドルの優しい揺らめきを楽しめます、中央のシャンデリアもキャンドル仕様になっていました。

DSCF3115
DSCF3133
DSCF3142

春(3月)から夏(7月)にかけたランチテーマは、"La Mer"(ラ・メール)。瀬戸内の幸を中心に、旬の食材をからめたコース料理になるそうです、今回は肉料理を追加して3780円です。

DSCF3180

前菜(舌平目のベニエ、ホタテのスモーク)
なかなかボリュームある内容ですね、優しい味わいの舌平目のベニエ、濃いめの味わいが素敵なホタテのスモーク、白ワインに合う見た目も綺麗な前菜でした。

DSC_7170

スープ(鮮紅のビスク)
桜えびを使った色鮮やかなスープ、見た目同様かなり濃厚な味わい、海老の旨味が押し寄せてくる豪快さが素晴らしいですね。

DSCF3131

パスタ(ホタルイカのアーリオ・オーリオ風)
長めの巻き貝風パスタ、しっかりした歯ごたえでパスタ本来の旨味がシンプルに味わえます。具材はホタルイカと貝身、オリーブオイルとにんにく風味が春野菜にも行き渡り、爽やかさも同時に味わえます。

DSCF3139

魚料理(河豚のロースト)
淡白な河豚を2種のソースで楽しめます、一つはベシャメルソースで各種野菜も入って健康的な味わい、もう一種はそら豆?の入った濃厚なソース、淡白な河豚ですがアーモンドスライスでローストされていますので香ばしさも加わって好みの味わいになっていました。

DSCF3151

パン(8種の穀物が入ったバケット)
DSCF3140

肉料理(牛 ハツのステーキ)
かなり締まった肉質ですね、ナイフで切ると中はいい感じで火が通っています。食感も強めで豪快なステーキ、赤身好きな方にもお薦め、マスタードソースは数種使われており、肉汁とも融合して複層の味わいを楽しめました^^

DSCF3158
DSCF3169

デザート&珈琲
シフォンケーキ・リコッタチーズと抹茶のミルフィーユ・きなこのブラマンジュ、私の専門外ですがどれも手作りされており質が高いですね、濃いめに入った珈琲と一緒に美味しく頂きました。

DSCF3172

料理歴35年を超える中嶋シェフの料理はどれも繊細で見た目も美しいです、スタッフさんの気配りも良く、素晴らしいテンポで料理をサーブ頂きました。居心地いい空間で頂く美味しい創作フレンチ...次回は夜に伺ってしっかりお酒も頂きましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
キャンドル卓 渡邉邸
050-5571-6911

台風一過で陽光が戻った岡山市内、今日は奉還町のビストロ ラ フェー(フレンチ)さんでランチです。フレンチと言っても下町奉還町商店街ですから気軽に入店出来ます。

DSC_1795

店内はカウンター席のみ、鍵の字カウンターで8席仕様、席数少ないので先客さんの隣に詰めて座ります。

DSC_1800

ランチメニューは週替りランチ(1200円)の一種のみ、まずは前菜三種が木盆にのって登場です。サラダ・スープ・ババロア、さつまいものスープはギュッと濃縮された味わいで良かったです。

DSC_1804

魚はイトヨリのポワレ、イトヨリは鯛をスマートにさせた外観の魚種、スズキ系なのでスッキリ癖のない味わいですね。パリッと焼かれた皮が特に美味しかったです。

DSC_1807

肉料理は「アルザス風 ひき肉の手打ちパスタ」、肉料理の周りを幅広紐パスタで固めた料理、一片のサイズは小さいですが3つあるのでそこそこの量になります。季節野菜もしっかり添えられ健康的な仕様になっています。

DSC_1809

デザートはアズキのガトーショコラ・かぼちゃの焼きヨーグルト・果実3種、量はそれほど多くありませんが口直しには最適でしょう。

DSC_1813

食後は珈琲を頂きながら暫しまったり...最近運動不足なので商店街の端っこまで歩いてから帰りましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
Bistrot La fee (ビストロ ラ フェー)
086-259-2038

秋晴れの休日、ランチに伺ったのは倉敷市のポン・ヌフさん、15年ほど前親戚の披露宴で訪れて以来、この界隈では老舗の郊外フレンチ店です。季節の良い頃はレストランウェディングが入っており、なかなか伺う機会がありませんでした。

DSCF1457-b
DSCF1422

店内はシックな雰囲気ですね、天井高くテーブル間も適度に距離があり快適空間、当日はすぐに満席になりましたが居心地は最後まで良かったです。

DSCF1456
DSCF1425-b

注文はランチコース(1700円)、まず最初に前菜がやって来ます。スズキのジュレソースかけ・生ハム・南瓜とクリームを和え茹で小エビがのったもの...正式名称失念ですがどれも繊細な味わいでした。スープは大葉と鶏挽き肉、最後まで超熱々、暑い時期でもスープは高温が良いです。

DSCF1432
DSCF1436

メインは豚肉ローストで表面のチーズを焦がしグラタン風に仕上げています。濃厚な味わいでしたが、トマトとバルサミコソースであっさり頂けました。チンゲン菜や夏野菜も多くバランスの良いメイン料理です。

DSCF1448
DSCF1442

デザートは別テーブルに多種用意されており、ケーキ類を3つ・アイスクリームを一種選択可能です。サイズは小ぶりですがどれも丁寧に作られており珈琲と一緒に美味しく頂きました。

DSCF1450
DSCF1454

リーズナブルな価格設定、スタッフさんの気配り目配りも好印象、施設も重厚で雰囲気良好、お腹いっぱいの休日ランチ、もう少しのんびりしてから帰りましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ポン・ヌフ (PONT NEUF)
050-5869-7058

表町商店街と平行で南北に伸びるオランダ通り、その南端に位置する「ラボンヌフランケット」さん、お店の前を通過すること数十回...やっとこさランチで訪問です。以前はペットショップだったかな?

DSC_0807

厨房を囲む形でカウンター席あります、お一人様ランチなので左の隅っこに座を構えます。12時少し前、右端に先客の女性いらっしゃいました!

DSC_0779

注文は日替わり、サラダとデザートが選択できるとのこと、生ハムサラダがすぐにやって来ました。塩気の効いた生ハム、喉から手が出るほどビールが欲しくなります...

DSC_0785

スープはトマトポタージュ、酸味と甘いクリームのバランスが良いですね。どちらに傾いてもこの絶妙さがなくなるでしょう。

DSC_0789

メインは活き鱧のフライ、大きなサイズが2つ、見事にカラッと揚がっておりバジルソースで頂くと食欲がモリモリ湧いてきます^^; 夏野菜やマッシュポテトの付け合せもレベル高いです。

DSC_0792
DSC_0803

食後には珈琲を頂きしばしまったり...過ぎゆく夏の空気感が名残惜しいですね ■D_(-ω- ,,)マターリ

DSC_0806


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ラボンヌフランケット
086-221-7077

年度末ですね、気忙しい日々が続きます。安らぎを求めランチに訪れたのは児島湾締切堤防の南にあるフレンチのOBAN(オーバン)さん、この辺りは以前運転免許試験場がありましたね。バスに乗って原付バイクの試験を受けに来たのは35年以上前です^^; 試験場が御津に移転し20年以上でしょうか、元試験場は閑静な住宅街になっており、その一角にOBANさんは位置します。
 
DSC_0416

店内は外観から想像するよりこじんまりしています、入り口を入ると右手側にテーブル席があります。白と黒で統一した内観、とてもシックな雰囲気ですね、高級感もあります。当店はお昼も完全予約でコース料理オンリーとなります。
 
P3270327

4 dishを肉から魚に変更し4860円のコースを選択、まずアミューズが運ばれてきます。新玉葱ムース 生うに アスパラガス シャキシャキ食感と生うにの組み合わせは斬新ですね。次に登場はオードブル、子羊燻製 ビーツ ふきのとう バルサミコソース、野菜が濃厚で旨味が凝縮されています、二種のソースもしっかり個性的、独創的なオードブルです。
(お皿が素敵だったので、引きと寄りの両画像をアップしました!!)
 
P3270332

P3270333

P3270335

P3270339
P3270338

シックな黒器で登場は新牛蒡 里芋 ホタルイカコンフィ、若干甘みのあるスープに濃厚なホタルイカの出汁が効いています、繊細な味付けは本格フレンチ仕様ですね。メインは鮃 帆立ムース詰め 春キャベツ 焦がしバターソース、天然魚の鮃を帆立ムースでボリュームアップ、あっさりした味わいのソースが白身魚本来の繊細さを数段アップさせています!!
 
P3270345
P3270348

P3270354
P3270356

デザートのアイスクリーム、珈琲までどれも隙なく供されます。シェフの繊細な技術が冴え渡る郊外の本格フレンチ、ゆったり過ごすには最適なお店です^^

P3270360
P3270368
P3270364


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
OBAN (オーバン)
086-267-3114
 

↑このページのトップヘ