@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 台湾

取引先さんと総勢6人で訪れたのは員林市中心部の赤玉さん、外観は石垣&板塀に大きな店名提灯、中庭もあったりでかなり豪華な作りですね、岡山県のどの日本料理店より豪華です^^;

DSC_7717
DSC_7778

店内もお洒落な造りになっています、和風というより現代モダンな印象、有名な日本酒もかなりラインナップされており冷蔵ガラスケース内に陳列されています。当日は我々以外には日本人は居ませんでした!

DSC_7720

プレミアムモルツの生ビールで乾杯、仕事の疲れを癒やしましょう^^ 料理は取引先さんにお任せ、突き出しは一合枡に入った甘いおかき!! アテのトップバッターは豚焼き、串焼きだと思いますが提供時に串を抜いていますね、脂がのって美味しいですが小骨が若干ありました。刺し身は鮭、台湾サーモンと呼ばれるらしいです!、脂がきれいに入って甘い味わいです。

DSC_7725
DSC_7734
DSC_7736
DSC_7723

小さな芽キャベツがきれいに並べられています、茹でられて甘い素朴な味わいでした。鶏焼き、外は香ばしく中はレア状態、これはレベルの高さを感じました。烏賊の塩焼きは食べやすい小片で登場、味付けは一捻り欲しいでしょうか。ジョニーウォーカー(約翰走路)黒ラベルロックに切り替え、日本酒は多いんですが焼酎がないのでウイスキーを頂きましょう!

DSC_7739
DSC_7743
DSC_7747
DSC_7727

鮭焼きは皮付きで登場、脂がしっかりのった部位ですね、柔らかい食感で甘い味わい、醤油が合います。次に登場は忘れな草の芽? アスパラの様な見た目ですが台湾の友人曰く、忘れな草...本当かな^^; 何故かここでご飯の登場、鮭身が少しのっていますね、中〆で消化! ここでも豚焼き登場、最初のより片が大きく脂もしっかりです。ウイスキーはマッカラン(麥卡倫)に切り替え、漢字のマッカラン名称を初めて見ましたが雰囲気あります^^;

DSC_7749
DSC_7753
DSC_7755
DSC_7757
DSC_7741

クラッカーと一緒に登場したのは鶏レバーペースト、想像通りの味わいですね、尿酸値高い後輩は恐れて一切手を付けません!。ねぎまはこれまた串なしで登場、適度に脂がのって美味しいです。大きな海老の姿焼き登場、これはしっかり串が通っています。種類はブラックタイガー?、引き締まった身はアテになります。エリンギは一口大、シンプルに焼いています!。ウイスキーはシングルトン(蘇格登)に切り替え、非常になめらかな口当たりのシングルモルトです!

DSC_7760
DSC_7763
DSC_7767
DSC_7769

ズッキーニは輪切りで登場、上に何かを掛けて焼いていますね、素材を活かした調理です。生の黄身の上にのって登場は鶏つくね、全体的に甘い味わいです。〆ははまぐりの吸い物、中サイズ蛤からはしっかり出汁が出ていますね、〆に相応しい上質な味わいです。

DSC_7770
DSC_7772
DSC_7776

品数多く、中盤からはフードバトル状態ですね、お腹パンパンで口数少なくなりました。この後はマッサージに連れて行ってくれるとのこと...お腹をこなさないと大変なことになりそうですΣ(・口・)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
赤玉
(+886) 04-835-2666

麗禧酒店(GRAND VIEW HOTEL)に荷物を預けたのが13時過ぎ、近くで腹拵えしましょう。ホテル内にもレストランありますが味気ないので、近くのジモティー食堂を探します。徒歩3分位の処にええ感じのお店を発見、同僚二人と突撃です。

DSC_7690

13時を過ぎていますので先客さん4名と少ないですが、配達やら引取り等々で忙しくされています。店舗奥のテーブル席に着き、メニュー表を眺めますがよく分からないので適当に注文です。

DSC_7689
DSC_7692

魯肉飯は必須ですね、小椀ですのでサクッと頂けます。猪脚と潤油豆腐と燙青菜で一人辺り250円くらいですか、安くあげるなら大衆食堂が一番です^^

DSC_7694

魯肉飯は若干オイリーですが、これがこのお店の味付けなのでしょう、猪脚は骨が大きくてプルプル身を歯で剥がすのに苦労しましたが美味しいですね!

DSC_7699
DSC_7695

潤油豆腐は濃い目の味付けですが香草は控えめで日本人向け、ビールのアテに最適でしょう。燙青菜はレタスをサクッと湯がしてシンプルな味わい、キャベツも選べましたがレタスで正解でしょう。

DSC_7697
DSC_7696

日本人があまり来ないお店なのでしょうね、近くの先客さんが珍しいそうに我々を眺めます! 箸の使い方は我々が一段上かな!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
富老爺
(+886) 04-83522233

台北のお宿は行天宮駅からほど近いガーラホテルさん、観光客も多い中堅ホテルさんですね、何度も前は通過していますが宿泊は初めてになります!

DSC_7670
DSC_7663

部屋はシングルルーム、観光ホテルでは珍しいシングル構成ですが6階には数多く設定されていました。設備は若干古いですが泊まるには全く不自由ありません。

DSC_7588

朝食は一階ロビー横のレストラン、6時半開始で7時頃に入店、2~3割程度席が埋まっています。バイキングなのでビュッフェコーナーで適宜取りましょう。洋食系の料理が多いですね、中華系は少なく和食はそれなりにラインナップされていました!

DSC_7639
DSC_7638-b
DSC_7662

バランス良く品数を摂りましょう、ご飯はばら寿司風、錦糸卵と一緒に甘辛く煮た穴子の身が上にのっていますね。茶そばもありましたので少量を...ちょっと緩い味わいですが雰囲気は出ていました^^;

DSC_7646
DSC_7651
DSC_7653
DSC_7655
DSC_7657
DSC_7661

食後にはコーヒーを頂きながら暫しまったり...荷造りして彰化県員林市まで移動しましょう 旦_(-ω- ,,)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(ホテルの情報)
Gala Hotel (慶泰大飯店/ガーラホテル)
(+886) 225416888

ホテルのチェックインを済ませ、同僚3人と歩いて好記担仔麺さんまでやって来ました。台南発祥の担仔麺が有名ですが、アテになるメニューが多いので宵呑みには最適ですね^^

DSC_7604
DSC_7599

19時半頃の訪問で5割程度の入客、同僚と一緒に店頭メニューサンプルを指差して注文、スタッフのおやっさんが日本語で復唱してくれます!

DSC_7589
DSC_7595

台湾ビールで乾杯、移動の疲れを癒やします。飛行時間は2時間半ですが前後を含めるとやはり半日を要していますのでビールが美味いです(*^^*) 空芯菜はしんなりした仕上がり、ひき肉が上にのっているのは珍しいですね。麻婆豆腐は鮮やかな色合い、四川麻婆は花椒強いですはこちらはストレートな唐辛子の辛さ、食べやすいですね。

DSC_7607
DSC_7609
DSC_7593

酢豚は野菜少なく肉がメイン、こちらは骨付きなのでしゃぶるように肉を落とながら頂きます、濃厚な味付けでビールが進みます。ナッツ炒めには大きないかなごが沢山入っていますね、ナッツと小魚の組み合わせ、日本では珍しいですが違和感なく良いアテになります。

DSC_7612
DSC_7618

円形の卵料理、中にはひき肉がしっかり入っています。こちらは一番癖がなく日本人受けしそうな味付けです。豚のあばら肉に卵と小麦粉の衣をつけて油で揚げた排骨、こちらはかなり癖のある味付けですが数回食べると癖になる料理です!

DSC_7620
DSC_7622

〆は担仔麺、小椀なので量はかなり少ないですね。スープは海老の風味がしっかり効いており、日本人にも合う味付けになっています。

DSC_7627
(。-ω-)ノll
DSC_7634-b

麺はかなり緩いですが、この緩さが担仔麺の特徴でもあります、「食巧不食飽」(飽きずに美味しく)、台北ナイトの〆には最適な麺類でしょう!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
好記担仔麺
(+886) 025215999

2018年9月の台北紀行で購入した永久號さんのからすみ、晩酌のアテでちびちび頂いています。初回訪問は2014年9月、4年ぶりの訪問でお客さんがかなり増えた印象です! 永楽市場から少し回り込む商店街の一角、かなり趣のある通りに位置します。

(永楽商場)
DSC_2818
DSC_2819

(永久號さん)
DSC_2814

店内はこじんまりですが身のふっくらしたからすみが所狭しと並べてあります。壁際にはほたて貝柱や松茸の缶詰もありますね、今まで気が付きませんでした^^; ベテランの大将に5つほど選んで貰い購入、大サイズ3つと中サイズ2つで一万円弱、恐らく日本で購入すると3~4倍はすると思います。

DSC_2812
DSC_2811

晩酌用に2枚確保、3枚はお土産で友人に進呈しました。友人は削ってパスタに入れたりするそうですが、私は晩酌用にフライパンで軽く炒って頂いています。弱火で両面軽く焼いて適度なサイズに切り分けます。

DSC_2872
DSC_2873

ラメが入った色合いから飴色に変わったら丁度いい塩梅、味が濃厚で独特の旨味が凝縮されていますので小片でかなりお酒が頂けますね、特に大サイズだと軽く一升は呑めると思います...そんなに呑めませんが^^;

DSC_5804
DSC_5817

永楽市場周辺は問屋さんの良店が多く、有名な縁結びの霞海城隍廟もあります。観光がてら訪れてからすみや海鮮乾物を買い求めるのも一興ですよ!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
永久號
(+886) 0225557581

↑このページのトップヘ