@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 台湾

取引先さんとの打ち合わせを終えて懇親にやって来たのは同じく員林市内の日本料理店 野村さん! 店頭の野村提灯が伝統ある日本料理店の風情を醸し出していますが...

DSC_3060
DSC_3114

入り口横の厨房では板前姿の精悍なお二人が忙しく調理されています。店内はテーブル席メイン、奥には10席の円形テーブル個室もあります。

DSC_3113
DSC_3088

台湾ビールで乾杯、しっかり冷えた台湾ビールは久しぶりかもです^^; 最初に刺し身が登場です、魚種は...よく分かりませんね^^; 烏賊と鰤系は判別付いたのですが他は南の海域に生息する魚のようです! わさびは全然辛くありません。

DSC_3063
DSC_3071

次の皿はサラダ仕様? 鮑の薄切りがメインですが、袋つきみかんとたんぽぽの花が印象的でした。3品目で早くもおにぎり登場、五目風で長い焼き海苔で巻いて頂きます! ご飯がぱらぱらなので巻いても食べてもバラけて大変なことになりました^^;

DSC_3073
DSC_3078

ビールから焼酎に変更しようと「湯割り」をお願いしましたが...出てきたのは日本酒の熱燗...どうやら焼酎は置いてないようです^^; 次に登場はアスパラガスと茹でナマコ、ナマコは酢漬けでプルプル食感、美味しかったです。

DSC_3084
DSC_3092

スープの登場ですね、鶏肉とごぼう具材、しっかり鶏出汁が出て美味しいのですが和食じゃないですね^^; 次はエンゼルフィッシュを大きくした魚の煮付け、南方系の魚種だと思いますが、意外に身が締まって濃い目の味付けが良かったです。

DSC_3094
DSC_3095

豚肉と野菜の唐揚げ、真ん中にはキャベツのみじん切り、ここにもたんぽぽ花があります。熱燗から台湾仕様白酒「高粱酒」に切り替えです。度数は58...小さい専用カップで頂きますが、この度数だと一気に酔えますね^^;

DSC_3099
DSC_3101
DSC_3106

次に登場は茶碗蒸し風の卵料理、出汁がスッキリで甘くない味付けでした。〆は白味噌仕立ての魚スープ、甘めの白味噌に魚介ダシが出て意外と美味しかったです。このあとデザートも出てきました。

DSC_3108
DSC_3110
DSC_3112

店名と厨房周りは本格的日本料理を連想させますが、台湾人料理人さん&スタッフさんによる日式飲食店ですね! 日本料理と捉えず現地和風料理を楽しむにはいいかと思います、当日も現地の方々で賑わっていました!

(お店の情報)
員林野村日式料理 (彰化県員林市)
(+886) 0935569686

午前中の打ち合わせを済ませて午後からは彰化県の取引先さんまで移動です! 台湾新幹線乗車前に腹拵えでやって来たのは台北駅二階の飲食店街、小綺麗なお店が並んでいます。本当はジモティー食堂さんで炒飯でもかきこみたいんですが、仕方ありません。後輩が選択したのは都内で有名な大戸屋さん、私は初訪問になります。

DSC_3044

店内に入ると威勢よく「いらっしゃいませ~」の掛け声、スタッフさんは全員台湾の方ですので注文は北京語で聞かれます^^; メニューをじっくり眺めます、後輩曰く、メニュー構成は似ているが値段は日本より高いそうです!

DSC_3042

私は「鶏肉りゅう菜(280台湾ドル/約1040円)」を注文、待つこと10分弱で登場、ご飯と味噌汁はお替わり可能だそうです。メインの他にサラダと小鉢が付いていますね。

DSC_3052

メインは鶏唐と野菜の黒酢餡掛けですね、割と酢が効いており甘酸っぱい味付け、鶏肉は一片が大きく食べ応えあります。野菜のシャキシャキ感があり白飯が進みます^^ ご飯はしっかり日本仕様で炊かれ味噌汁も出汁が効いていますが、温度低いのが残念でした。

DSC_3055

さくさく食べ終え、急いで台湾新幹線に乗車です。慌ただしいですが、商務クラスなので車内で珈琲を頂きましょう!

(お店の情報)
大戸屋微風台北車站店
(+886) 0223319337

今日は台北市から新北市に移動して打ち合わせ、仕事を終え現地の通訳の方にジモティー御用達の食堂さんに連れてきて頂きました。歩道から間仕切りなしに入れる「山水亭熱炒」さん、店頭には鮮魚が陳列されています^^;

DSC_3020
DSC_3021

簡易的な椅子とテーブルが並ぶ典型的な台湾食堂、ビールもあるので居酒屋的な使い方も出来ますが、現地の方は夕食時にはあまりお酒を呑まないんですよね。注文はメニュー一覧にチェックを入れる方式、通訳(20歳台女性)さんにお任せして親父二人はビールを冷蔵から取ってきます。

DSC_3001

突き出しは枝豆、大蒜と唐辛子で炒めてありますので台湾チックな枝豆になっています。ビールは台湾ビール ドラフト仕様で製造から18日限定のちょっと変わり種を選択です。

DSC_3004
DSC_3003

以下、メニュー名不明なんですが特徴を書きます!。烏賊と葱炒め、唐辛子は粉と固形の両方がしっかり入って激辛です。豚の血を固めて寒天状にしたものを野菜と煮た料理、見た目はレバーですが味はかなりあっさり、誰でも食べられる料理です!

DSC_3007
DSC_3008

長い豆苗風野菜炒め、シャキシャキ感があり空芯菜より爽やかな味わいです。茹で豚肉と野菜は専用の甘辛タレが掛かっていて、これはかなり好みです。

DSC_3011
DSC_3012

インゲンと大腸の揚げ物、サクサク食感で味付けも爽やか、もう少し塩味効いた方が良いかな^^; 骨付鳥の旨辛煮、一度揚げた鶏を煮ており濃厚な味わい、香草も効いていますが癖はなかったです。

DSC_3015
DSC_3017

〆は炒飯とハマグリスープ、高温でさっと炒められた炒飯は美味いですね、脂っぽくならないのはやはり高温調理のなせる技でしょう。ハマグリスープはシンプルな味わいですが生姜風味が意外に強かったです。

DSC_3022
DSC_3025

通訳さんは妙齢の台湾女性ですが、しっかり食べられますね。早々に無料の白ご飯を取ってきて何でも上にのせてガッツリ...見ていて気持ち良いです!
しっかり食べてビールも追加し4人で4000円ちょい、一人1000円はやはりジモティー食堂ならではですね(・∀・)

(お店の情報)
山水亭熱炒
(+886) 022246318

台北出張二日目、マイレビさんに教えていただいた巢鴨壽司さん、ホテルから徒歩10分くらいだったのでトボトボ歩いて訪れました! 店頭の暖簾・幟は日本語...巣鴨駅界隈にあっても全く違和感がありませんね^^;

DSC01033
DSC01031

店内は少しカオスチック、所狭しと日本語のメニュー札が貼られています^^; 台湾の芸能人なのかな、店長と一緒の写真がかなり掲示されていました。寿司店となっていますが居酒屋メインでしょう。

DSC01027
DSC01029
DSC01025

午後からも打ち合わせあるのでアルコールは封印、ランチは各種定食がラインナップされていますが単品メニューから北海道みそラーメン(185台湾ドル)を注文、当日のレートで700円弱ですから日本と同じくらいですね。待つこと10分少々で登場...味噌汁っぽいスープにゆで卵と蒲鉾が浮いていますが麺は見えません、店頭の写真付きメニューとのギャップが凄いです^^;

DSC_2990

スープは見た目通りストレートな味噌汁味ですね、悪くはないんですがコクがありません。八角香草の味わいもあり台湾っぽさもあります。麺は中細でストレート、デフォで軟いですね^^; 小サイズのチャーシューとシナチク、葱少々の構成です!。日本で頂くと???になりますが、台北で頂くと牛肉麺に通じる様子もあり何だか納得です!

(。-ω-)ノll
DSC_2996

居酒屋メニューはかなり豊富で本格的、ランチより宵呑みが正解の店舗さんだと思います。日本で長く修行された大将は日本語ペラペラ、店名の巢鴨壽司は18年住んだ巣鴨の地名より採用されたとのことです!!

(お店の情報)
巢鴨壽司
(+886) 0225153928

一年半ぶりの台湾出張、最近は2年に一度位に激減、食の美味しい台湾はプライベートでも頻繁に訪問したいですね。今回は付き合いのある代理店経由で段取り、HOTEL COZZI 台北民生館(和逸飯店)さんを予約してくださいました。行天宮近くのシティホテル、まだ新しいですね。
DSC00984
DSC00980

DSC_2966

初日はかなり遅い時間帯でチェックイン、免税店で購入したウィスキーを呑んでベッドに倒れ込みます。ホテルはビジネス利用のためかアップグレードしてくださいました。角部屋で広く、窓からの景色もまずまず、大きなバスタブもあります。

DSC00978
DSC00976
DSC00974

翌日は通常通り起床(一時間の時差あり)、朝食を頂きに二階ラウンジに降ります。開始時間で訪れたのでガラガラですね、気兼ねなく写真を撮れます^^; サラダコーナーとメインビュッフェコーナーに分かれています。品数はそれほど多くなく、洗練されたメニューではありませんが必要にして十分でしょう。大皿に各種、混ざらないように盛り付けます!

DSC_2976
DSC_2973
DSC_2985
DSC_2972
DSC_2971
DSC_2984

二日目までは一人行動なので4人掛けテーブルにゆったり座って頂きましょう。アジア系ホテルでよく見かけるメニューばかりになってしまいますたが、台湾ホテルの味付けは全般違和感なく頂けますね。これが中国本土になると香草風味が強くなったり、地域特有の味付けだったります。

DSC_2980

食後はブレンドコーヒーを頂きながら暫しまったり、12月初旬で台北の気温は20℃前後、薄着で過ごせるのが良いですね^^

(ホテルの情報)
HOTEL COZZI 台北民生館 (ホテル コッツィ/和逸飯店)
(+886) 277063399

↑このページのトップヘ