@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 大阪府

駆け足で香港に行って来ました!! 7年ぶりの香港、九龍の街並みはかなり変わっていました、短期間の滞在で食べ歩きはあまり出来ませんでしたが、関西国際空港のラウンジからアップしたいと思います(・∀・)

DSCF3487


関空~香港(全日空 NH873)搭乗前に利用しました、15番ゲート至近ですのでギリギリまで利用できます^^; 関西国際空港、10~11時の出発便がかなり多いのでラウンジも混み合う時間帯、10時前の利用で7割程度席が埋まっています。
 
ana001
DSC_3449-b

メニューはそれほど多くありませんので、前回と同じくANA特製チキンカレーを一番に頂きます。具材が大きく味付けも万人が好むちょい辛仕様、機内食は期待できませんのでこちらをメインに頂きます!
 
DSCF3494

焼きそばは前回とは違ってオーソドックスなソース焼きそば、豚肉もしっかり入って味にコクが出ています! 辛さは適度でシンプルなおにぎりと合いますね^^

DSCF3497


(関空~香港(NH873)全日空 機材・機内食)
DSC_3453
DSC_3455


(ラウンジ情報)
ANAラウンジ 関西空港 国際線 (ANA LOUNGE )
072-456-7800 

マイレビ美姫さんからのビッグサプライズ、幻のラーメンスープ(「ら道本店」さん謹製)を頂きました!! 色々調べてみると幻のスープの所以が分かります、ラーメン好きが高じて休日に自分でスープを作られるようになり友人に分けられていましたがいつしか評判になり通信販売されるように...注文はFacebook経由で行い、後はひたすら待つのみ...現時点では約11ヶ月待ちとのことです。店舗(ご自宅?)では一組/日で食べられるそうですが数年待ち...凄いですね^^;
 
DSC_1057

この幻スープに合わせる麺とチャーシューもマイレビ美姫さんが用意してくれました。麺は地元岡山で評判の高い博多とんこつラーメンの雄「にこいち」さんの細麺、チャーシューはこれまた岡山で名を馳せる「ラーメン小紫」さん謹製、この素晴らしい組み合わせを難なく準備出来る手腕に脱帽です!
 
(にこいちさんの麺) 
DSCF1086
(ラーメン小紫さんのチャーシュー)
DSCF1089

スープは冷凍されていますので、頂く2~3時間前に冷凍庫から出して自然解凍させます、その後丼に移し電子レンジで温めますが、丼に移すタイミングで湯煎すると移しやすいです。
 
DSCF1090

麺は大量のお湯で茹でます、にこいちさんのは細麺ですので茹ですぎ注意ですね! 小紫さんのチャーシューも適度なサイズに切り分けます、ゆで卵・青葱も事前に用意し準備万端でスープを温めます。

手早く各作業をこなし、ら道本店さんのスープを使用しての自作ラーメン完成ヽ(´エ`)ノ なかなか素敵なビジュアルですね、自画自賛です! 解凍前のスープを見ると固形脂が白っぽく目立ち、かなり濃厚かと想像しましたが、仕上がってみるとあっさり豚骨で優しい味わい、ごく僅かに魚介味を感じました。恐らく醤油ダレの中の煮干し&鰹節が絶妙に効いてくるのでしょう!!
 
DSCF1096

今回は脇役に徹したにこいちさんの細麺が優しく奥深い豚骨スープに完全マッチ、また小紫さんのチャーシューは濃厚で旨味がしっかり詰まっていて、繊細な味わいのスープと麺を側面から引き立てます!
 
(。-ω-)ノll 
DSC_1068

極上豚骨スープを元にして、麺・チャーシュー・具材を組み合わせれば色んなバリエーションが楽しめます、ラーメン好きでしたらこれは最高のシミュレーションになると思います!

(お店の情報)
ら道本店
大阪府東大阪市花園東町
電話:非公開

今日の大阪ランチは萩之茶屋の「大寅食堂」さん、新今宮駅から徒歩数分の大通りに面した立地です。外観はかなり渋い昭和食堂さん、黄色が異様に目立つ外観、日除けも暖簾も素敵です、入り口の窓はガラスではなく厚手のビニール製でした^^;
 
DSC_2720

店内は4テーブルとかなり手狭、先客の方々は全員ビールを飲まれていました...まだ午前中なんですが...羨ましい^^; 一品のアテも多いですが安価な定食も数多くラインナップされています。
 
DSC_2722-b

その豊富なメニューの中から「豚汁定食(450円)」を注文、奥の厨房で大将が作って下さいます。待つこと6~7分で配膳、ご飯と豚汁はかなり量が多いですね^^; メインの豚汁はとても具沢山、かなり濃い味付けになっています、この豚汁と二合近い白ご飯だけでお腹パンパンになります!

DSC_2724

卵焼きはふわふわ仕上げ、酱油をかけて頂きましたがとても美味しい卵焼きでした。小鉢(茄子)が付いてワンコイン以下、土地柄もあるのでしょうがかなりお得な内容です。
 
DSC_2727

食後は久々に西成を散策、萩之茶屋~天下茶屋~山王の街並みと商店街を尋ね歩きました、30年ほど前から比べると閉店されたお店が多いですね。一種独特の風情は薄れつつありますが、東京の山谷に比べるとまだまだ懐かしい雰囲気が残っていました!


(お店の情報)
大寅食堂
06-6631-0071
 

葉月終盤戦も猛暑は和らぐ気配なし、新今宮から路面電車に揺られてやって来たのは「聖天坂 春日」さん、聖天坂駅から徒歩数風の好立地を誇る素敵な昭和食堂さん、凛とした佇まいは流石です! 店頭には年季の入った自転車が数台、出前用なのかな?
 
DSC_2717

店内は古いながらも整然としています、オープン直後で大将と女将さんはテーブルで寛いでおられましたが私が入店するとキリッとした営業モードに切り替えられます! 木製岡持ちが沢山ありますので、近隣の出前が多いのでしょうね。
 
DSC_2711-b

蕎麦・うどん・各種丼とラインナップされていますが、先達の方々の評価が高い中華そば(460円)を注文、待つこと5分少々で着丼です。スープは鶏ガラ醤油、あっさりながらもコクのある美味しいスープです。

DSC_2712

麺は中細ストレート麺、デフォでいい感じの硬さ、コシの強い麺ですね。チャーシューはしっかり旨味の詰まった歯応えのあるタイプ、大将が業務用冷蔵庫から取り出されていましたが当店特製品でした!! 他の具材はナルトと青ネギ、胡椒は最初から少量かけられていました。

(。-ω-)ノll
DSC_2714

バランスよく纏まった昔懐かしい食堂中華そば、盛夏のお昼時、とても静かな環境の中、美味しく頂きました^^


(お店の情報)
聖天坂 春日
06-6661-5962
 

神戸から大阪へ移動、一仕事済ませて昼食に立ち寄ったのは岡町の古い商店街の一角に佇む「土手嘉」さん、風格あるその外観は歴史の重みを感じさせる昭和食堂さんです。激渋 まっちゃんさんの情報に寄ると現在のご主人は八代目、大阪最古のうどん屋さんと称されるようです!!
 
DSC_1815

店内はテーブル席オンリーで広々空間、商店街の角地にあるため入り口付近が狭く中に行くほど広い構造になっています。13時回っていましたので店内は数名のお客さんのみでした。
 
DSC_1816-b

注文は中華そば(500円)、待つこと6~7分で着丼、スープは淡い茶濁、最初豚骨系かと思いましたが和風出汁+αの感じ、優しい鰹出汁に包まれています。

DSC_1820

麺は中細ストレート、デフォで軟いです、麺量は少なめでした。小さめのチャーシューは2枚、しっかり味がのっています。他の具材は太もやしと青ネギ、単品で頂くより+200円で丼ものとのセットがお得に思います!

(。-ω-)ノll 
DSC_1822

後で気が付いたのですが...大阪最古のうどん屋さんでラーメンを頂く...大うつけものですね^^; 次回最古うどんをしっかり頂きたいと思います!!

DSC_0841


(お店の情報)
土手嘉 岡町本店
06-6852-3143
 

↑このページのトップヘ