@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 福岡県

福岡市内での打ち合わせを終え、全日空便搭乗の待ち時間で利用、前回訪問は2年前でしょうか、当時は少し狭く設備の老朽化も目立ちましたが、改装されて快適空間に生まれ変わっていました。

DSC_3729

ラウンジも丁度空く時間帯、人も少なく時間がゆったり流れています。国内線ラウンジなので食べ物は”おかき”程度ですが、飲料は全種揃っています。ソフトドリンクの他に日本酒・焼酎・ウィスキー、時には樽酒が置いてあることも...

DSC_3736
DSC_3740

奥の席は壁向きですが、ゆったりした長いソファーが有り、照明も工夫されており、かなりの快適空間...暫くのんびり過ごしましょう ( ̄◇ ̄)ボー

(ANA254便 Boeing 777-200)
DSC_0835


(ラウンジ情報)
ANA 福岡空港ラウンジ (ANA LOUNGE)
092-752-8800


今日は福岡市内で打ち合わせ、腹拵えでやって来たのは博多駅構内にある「博多らーめん Shin-Shin」さん、こちら(博多めん街道)で頂くのは3回目、以前は一幸舎さん・だるまさんでお世話になりました。Shin-Shinさん、開店前に10人程度並んでいますがお店が広いので大丈夫だろうと判断、最後尾に付きます!!

DSC_0829-b

お一人様なのでカウンター席に案内されます、こちらは食券ではなく席での注文が可能です。ランチ限定価格のラーメン+半焼き飯セット(880円)を注文、待つこと7~8分で着丼です。

DSC_0809-b
DSC_0811

スープは言わずと知れたオーソドックな豚骨、獣臭はなく割と濃いめですが癖ないですね、クリーミィなタイプではありません。

DSC_0819

硬めでお願いした細麺ストレートはドンピシャ、喉越し良くツルツル頂けます、チャーシューはこぶりなサイズが2枚、脂がしっかりのっています。他の具材はキクラゲ・青ネギ、後半は卓上の白ごまと紅しょうがを投入し味変させました。

DSC_0824

半焼き飯、ハーフサイズにしては量があるでしょうか。具材は卵・チャーシュー片・青ネギとシンプル、パラパラとしっとりの中間、脂がしっかり回っていました、私的にはもう少しあっさり仕上げの方が好みです。

DSC_0815

王道の博多ラーメンを味わえるShin-Shinさん、開店後10分でかなりの待ち行列出来てました、博多めん街道の中では一番人気のように思います!!

(お店の情報)
博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店
050-5570-2915

福岡市内の仕事を済ませ東京へ移動する前の腹拵えでやってきたのは「元祖博多だるま」さん、デイトスのお店は昨年暮れに訪れた”博多一幸舎”さんに続き2軒目になります。
 
DSC_1581-b

場所はお土産街道を抜け階段を上がった正面になります。呼び込みスタッフさんの指示に従い食券購入、今日は半餃子とのセットにしました。食券購入時に呼び込みスタッフさんが厨房に選択メニューを伝えます。フロア担当スタッフさんがカウンターに水を汲んで置いてくれます...混み合う時間帯でいかに沢山のお客さんを捌くかを考慮した効率的な流れですね。
 
DSC_1576

待つこと4~5分で着丼、スープは背脂が浮いた濃厚な味わい。前回頂いた一幸舎さんに比べるとパンチが有り、とんこつ特有の獣臭さもあります。麺は極細、硬めでお願いしましたが丁度いい感じで出てきました。チャーシューはしっかり脂ののった中サイズが2枚で食べ応え有ります。シャキシャキ木耳・青葱も高品質です。私的には正統派博多ラーメンの印象を強く受けました!
 
DSC_1577

半餃子は一口サイズ、関東餃子と比べるとかなり小ぶりです。外かわの焦げ目は少なく全体的にしっとり食感、大蒜はそれほど効いていません。餃子を頂くとビールが無性に飲みたくなります^^;

DSC_1580


(お店の情報)
元祖博多だるま 博多デイトス店
092-475-8233
 

<2014年12月>
東京への移動(ANA256)待ち時間で利用しました。食べログにANA LOUNGE が登録されているとは...驚きです。余裕を持って空港に来ることが多いので搭乗待ち時間でANA LOUNGEを利用することが多いです。

DSC_0204

福岡空港第二ターミナルANA LOUNGE も他空港ラウンジと同じく、飲料メインでアルコール(ビール・日本酒・焼酎・ウィスキー)も飲み放題になっています。移動先で車移動がなく勤務時間外であれば偶にビールを頂くのですが、激酔いして搭乗するわけにもいきませんので珈琲をいただくことが多いです。

DSC_0203

DSC_0202

DSC_0201

当ラウンジは利用者数に比べると席数が足りていない印象で、私の滞在時間中も満席になっていました。ターミナルの構造上拡張がままならないかもしれませんが、席数拡大リニューアルが望まれます。

(Boeing777-200(256便)Premium SABO)
DSC_0205
DSC_0207

DSC_0206

DSC_0208

DSC_0211


(お店の情報)
ANA 福岡空港ラウンジ 第2ターミナルラウンジ (ANA LOUNGE)
092-752-8800 

<2014年12月>
福岡市内の仕事を早々に片付け、福岡空港移動前に博多駅でランチを取ることに...お土産屋さんの集まるエリアを突切りエスカレータで2階へ、ラーメン屋さんが集まっているデイトスへやって来ました。時間は11時半を回ったところ、そろそろ混み出す時間帯です。

DSC_0200

お目当ての博多一幸舎さんへそのまま入店です、入り口で案内スタッフの指示に従い券売機で味玉ラーメン(850円)を注文、威勢のよい掛け声で迎えられカウンターに着きます。

DSC_0195

DSC_0196

カウンターにはしょうがと高菜の壺があります、また生にんにくも用意されていますね。5分少々で着丼、泡だったスープが目を引きます。まずはスープから頂きます、想像よりあっさり薄味でとんこつ特有の獣臭もありません。麺は細めん、若干の縮れがあるように感じました、小麦粉の香ばしい味わいが舌に残ります。

DSC_0197

薄くて面積の広いチャーシューが1枚、青葱・細めの木耳・半熟ゆで卵がまるごと一つ。後半は高菜を少量入れましたが、これはかなりの辛さであります。味が変わり過ぎますの終盤投入が正解だと思います。

博多一幸舎さんのらーめん、全体的に癖のない味わいです、岡山で食べる博多ラーメンよりあっさり目に感じました!


(お店の情報)
博多 一幸舎 博多デイトス店
092-475-8510 

↑このページのトップヘ