@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 餃子

林森公園近くに13時、課題のピラミッド炒飯をランチで頂きましょう。長春路の「伍柒玖牛肉麵」さん、有名店の京鼎楼さんや鶏家荘さんの並びになります。

DSC_7838

週末の13時過ぎで席は半分程度埋まっていますね、日本人多いエリアですが滞在中は私以外入店することはありませんでした。

DSC_7818-b

蝦仁炒飯(180元)と鍋貼(70元)&台湾ビール(100元)を注文、ビールは冷蔵庫から勝手に取って良いようですね、のんびり飲みながら待ちます。アルコールきつくないので水代わりに呑めますね^^

DSC_7817

7~8分で背の高い炒飯登場、この鋭角は型入れなのでしょうね、エッジ鋭くそそり立っています^^; 味付けは若干薄く、塩胡椒もそれほど効いていません。テーブルの醤油を掛けて頂くと好みの味わい、プリプリ食感の小エビも適度に入っています。高さがありますので量もかなり多いですね、軽く二人前はあるでしょう。

DSC_7820

焼餃子は少し遅れて登場、これも想定以上に数がありますね。平べったい形状で中にはひき肉がたっぷり、野菜は玉ねぎだけ?、皮は薄いですがもっちり食感、一個の大きさは2~3口大、ビールの良いアテになりました。

DSC_7829
DSC_7834

炒飯と餃子&ビールでお腹パンパン、休日の林森公園周辺を散策してカロリーを消費しましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
伍柒玖牛肉麵
(+886) 0225633398

今日のランチは玉野市の天芸さん、地元のTV番組(Voice愛)で”入りにくいお店・見つけにくい お店”として紹介されました、開業して6年、3年程前に前を通りかかりましたが”民家台所の勝手口”に圧倒され立ち去った記憶があります^^;

DSC00094
DSC00072

店内は...やっぱり民家の雰囲気ですね、多少リノベされているとは思いますが親戚の家にお邪魔した印象、隣接の厨房も普通の台所です!

DSC00078

注文は「餃子セット(600円)」、日本語堪能な女将さんが台所で丁寧焼いてくださいます。待つこと10分弱で配膳、中サイズの餃子が8個もあります(・∀・)

DSC00080

中の具材はしっかり詰まっています、辣油&香草の風味が大陸中華を感じさせますが癖がありません。大蒜もしっかり効いていて、かなり好みの味わいでした。

DSC00084

同行者の焼き飯、醤油の味わいが絶妙でこれはかなりいい感じ、しっとり系ですが今まで食べた焼き飯(炒飯)ではかなり上位に来ますね!! 次回はこれの大盛りを頂きましょう^^

DSC00085
DSC00088


ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
天芸
050-5593-4461

同僚と宵呑みにやって来たのは飯田橋の「おけ以 」さん、餃子ではかなり有名な店舗さん、東西線飯田橋駅からだとしっかり歩ける距離にあります。19時頃の訪問で満席でしたが同僚が一足先に入店し席を確保してくれました。
 
DSC_2877

店内は手狭な印象、カウンター席とテーブル席の構成、満席になると窮屈感が感じられます。餃子は出来上がるまでに20分掛かるということで、ニラ玉・鶏唐で先に始めます。
 
DSC_2907-b

生中で乾杯し話に花が咲きます^^; ニラ玉はくせのない味わい、卵の甘さがシンプルな青ニラに合わさって美味しいです。鶏唐は竜田揚げ風の仕上がり、外皮はカリッと揚がって独特の食感、鶏肉の旨味は中にしっかり閉じ込められています。
 
DSC_2879
DSC_2886
DSC_2882

その後メインの焼き餃子登場、関東では中サイズでしょうか。外皮はしっとりでもっちり食感、中の具材も上品な印象、浸け出汁が辛めなのでビールにはしっかり合います。

DSC_2893

強めの焦げですか食べるといい感じの焼き目でした^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
おけ以 (おけい)
03-3261-3930
 

高雄初日、同僚と夕涼みにやって来たのは美麗駅から徒歩数分の距離にある六合夜市。観光客が増えて値段が高くなったと言われていますが、それでも平日の現地の方比率は7割以上だと思います。台北市内の夜市に比べると若干人出が少ないですが、歩きやすく露店をじっくり見ることが出来ます。

 R0000461

土地柄なのか、海鮮系を調理されるお店が多いですね。牡蠣・蝦蛄・伊勢海老等々、日本で見るサイズの倍はありそうな感じです。露店の海鮮系はやはり避けた方が無難だろうということで、水餃子で有名な方記さんに入店です。(入店といっても完全なオープンスペースです)

R0000463

R0000472

R0000490-b

店頭ではおばちゃん二人が手早く水餃子を大量に作られています、短い棒を使って皮を伸ばし手早く餡を詰めていきます、暫く眺めていましたがその熟練の技は流石ですね^^

R0000478-b

先に酸辣湯(112円)が取り寄せました、酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのある四川料理のスープ、当店のはすっきりさわやかな味わい、癖がないので日本人でも違和感なく頂けます。
 
R0000481

待つこと6~7分で水餃子登場、サイズは小ぶりで完全な一口サイズ、外かわプリプリで中の餡は少ないながらもジューシー、小皿の酢醤油+辣油を極少量付けて頂きます。餡に多少味付けがしてあるようで、そのまま食べても美味しいです。

R0000485

R0000487

20個で340円、安価で美味しい水餃子を食べるならやはり台湾ですね^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
方記水餃
(+886) 0936423850
 

同僚と宵呑みにやって来たのは蒲田の春香園さん、羽付き餃子で有名なお店でもあります。既に”羽付き餃子御三家(金春本館歓迎あやめ橋ニイハオ別館)”は制覇しましたので、次なるターゲットをランダムに攻略しています!
 
DSC_1806-b

19時前の入店で一階は既に満席、二階のテーブル席に案内されます。まずは生ビールと餃子(焼き・水)・空芯菜炒め・ニラ玉・きゅうり浸けを注文し杯を重ねていきます。
 
DSC_1824-b

焼き餃子は大きな羽が付いています、当店の餃子はしっかり肉が入っていてボリュームもあります。肉汁も適度に入っており、御三家を上回る美味しさでした。水餃子はこの焼き餃子を蒸した印象でボリュームはありますが少し大味に感じました。
 
DSC_1813

DSC_1815

餃子以外で印象に残ったもの、ニラ玉は日本人向けの味付けで食べやすいです、空芯菜炒めは少しべったりした仕様で台湾で頂くものより少し落ちる印象です。きゅうり浸けは甘く、酒のアテには向いていませんでした。
 
DSC_1809

DSC_1810

DSC_1808

締めで頂いた海鮮ビーフンはさっぱりした味付けでとても美味しかったです。ワンタンスープはボリュームがあり二人で頂くには十二分な量でありました。ビールや酎ハイを適度にお替りして一人3000円程度、コスパはかなり良いですね!

DSC_1821

DSC_1822

ポチっとな!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)

春香園
03-3733-7677
 

↑このページのトップヘ