@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 寿司(鮨)

長月序盤で残暑復活、蒸し暑い中を宵呑みに訪れたのは表町の路地裏に位置する「すし 拓」さん、昨秋オープンされた新しい鮨屋さんです!

DSC_4187

店内はカウンター8席とこじんまり、大将との距離感が近いので色々会話を楽しめます。カウンター中央にはネタケースが鎮座、旬の魚を目でも楽しめます^^

DSC_4190
P9051218

最初にアテをお任せでお願いします、最初は筋子のポン酢、イクラものって芋焼酎ロックが進みます。ワタリガニは雄のほぐし身、味噌ものって初秋の味覚を楽しみます。

P9051229
P9051237
P9051227

鯛は皮付き、引き締まった身は新鮮この上ないですね。鯵は夏を終えて脂が少し落ち着いていますね、あっさりいただけます。

P9051238
P9051244

真蛸は下津井産、大きなサイズで食べごたえあります。ホッキ貝は特有の甘みがありますね、強めの食感も同時に楽しめます。アテの〆はのどぐろの塩焼き、皮はパリパリ、身は特有の甘みが塩でワンランク引き上げられています^^

P9051247
P9051253
P9051263

握りの最初はヒラメの昆布締め、あっさりした白身が酢飯に合いますね。中トロは赤身部分が多いですが脂のまわりが良く甘さもしっかりです。赤身は身のしっとり感が際立つ仕上がり、美味しいですね。

P9051268
P9051271
P9051274

鰯は口中でとろけますね、極上の脂が質の良さを物語ります。トリ貝は独特の食感と甘みがあり好みの仕上がりです。

P9051283
P9051287

雲丹は二種を立て続けに頂きます。最初は赤ウニ、口中でとろける軟らかさ、甘みが次第に押し寄せてきます。バフンウニは軍艦仕立て、最初からドンとくる力強い味わいですね、赤ウニに比べると甘さは控えめ、個人的には繊細な赤ウニの方が好きです。

P9051290
P9051295

サンマは出始めですね、脂は控えめで端正な味を楽しめます。イクラは軍艦仕様、食感と特有の甘みが魅力です。

P9051300
P9051306

蝦蛄は大振りなサイズ、甘タレは控えめ、あっさりした本来の味を楽しめます。ママカリは二枚分ありますね、岡山の旬を久しぶりに堪能です。〆は穴子、煮しめで軟らかく仕上げています。〆に相応しい郷土の一品に満足です^^

P9051307
P9051312
P9051315

まだお若い大将は地元の鮨店で長年修行されています。シャープな所作とよく通る声が素敵ですね、今後の進化も楽しみです!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
すし 拓
050-5596-7771

酷暑再来のお盆前、休日ランチで訪れたのは弓之町の山もとさん、移転後初訪問になります。県民局の細い道を挟んで東側、小さな表札だけなので気が付かずに通り過ぎる危険性あります!

DSC_3290

木目の綺麗な白木のカウンターは前のお店と同様ですが、カウンター席数は減った印象、奥にテーブル席ありましたが普段は使われていないようです。

DSC_3315
DSC_3317

麦酒ときゅうりの浅漬で涼取り開始、透明器で供されたのは蛸の子、一見里芋に見えますが独特の味わいは良い酒アテになります^^

DSC_3327
DSC_3324
DSC_3321

握り寿司は鯛から開始、瀬戸内産の鯛は大きくありませんが身がしっかり引き締まっています。小鯛は皮付きで登場、大鯛よりも繊細でキレがありました。鮪赤身は甘いながらも清楚な印象、浅く漬けてあるのでさっぱり頂けます。

DSC_3332
DSC_3334
DSC_3342

コハダは軽く酢じめでしょうか、今の季節はシンコ、脂っぽさは皆無、夏らしい味わいです。鯵は大ぶりサイズ、こちらは脂がしっかり、食べごたえありました。剣先イカは軽く茹でてあります、オリジナルのタレが淡白な味を引き立てていました。

DSC_3347
DSC_3356
CIMG2814-s

鮎は小さめの身を二枚使用、あっさりした醤油ダレで川魚特有のシンプルな味を演出です。味噌汁は縦長の小椀で登場、具材の黄ニラが上品な甘さで良い箸休めになります。鱚は山陰産でしょうか、脂肪少なく淡白な白身は夏らしい味わいでした。

DSC_3363
DSC_3370
DSC_3378

トロはシャリ全体を覆う大きな切身、旨さを引き出す包丁捌きで濃厚な甘さと旨さを堪能させてくれます。イワシはしっかり脂がのっていますね、足が早いですが鮨ネタでは極上の旨さを楽しませてくれます。鮑は大きなサイズ、頂いた部位はしっとり食感、甘みのあるタレは淡白な鮑に合います。

DSC_3385
DSC_3390
DSC_3400

車海老は茹でたて、まだ温かい身を一口で頂くと至福の瞬間です。烏賊は細かく縦斬り、切ることで甘さがしっかり出てきますね、粒塩で更に極上の甘みに進化です^^; 雲丹は軍艦仕様、独特の甘みをパリッとした焼き海苔で味わえます。

DSC_3407
DSC_3414
DSC_3423

焼き穴子は長いサイズを折り返して中にシャリを巻き込みます、これは魚正さん伝統の仕様ですね、香ばしく甘い穴子を堪能できます!! 玉子焼きはシンプルに単体提供、中は緩めでほっこり〆られました!

DSC_3428
DSC_3436
DSC_3441

餡このデザートを頂きながら暫しまったり...大将と近況話題で盛り上がります。公では夜に伺うことが殆どですが、私でお邪魔するランチはコスパ良いですね。この値段でキレの良い握り鮨を堪能出来ることに感謝です!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
山もと
086-232-3900

風が気持ちいい休日、倉敷の旧市街地を散策、ランチは老松町の「寿し膳」さんで頂きましょう。オープン時間に訪れたら法事の方々が玄関先で待機中!! さすが大箱の寿司店さん、大人数の予約も受けられるようです。

P1001060-b

予約なしで訪れましたが無事一階のテーブル席に着けました。日曜日で7割方は予約席でしたので予約は前日以前に入れたほうが良さそうですね!

DSC_1636

注文は上にぎり(1620円)、待つこと10分少々で着皿、握り6貫・軍艦2つ・手巻き寿司1巻の内容になります。

DSC_1638

ネタは中サイズでどれも新鮮、シャリもそれほど多くはなく山葵は適量入っています。海老・赤身・軍艦が特に好みの味わい、手巻き寿司はサイズ大きく一番食べごたえありました^^

P1001052
P1001054
P1001056

食後には熱いお茶を頂きながら暫しまったり...健康診断で運動不足指摘されましたのでウォーキングして帰りましょう 旦_(-ω- ,,)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
寿し膳
086-421-2700

昨夜から雨が降り続く岡山市内、今年の5月は異様に雨が少ないですね! そぼ降る雨の中をランチに訪れたのは横井上の夜寿司さん、旧国道沿いの立地、前回訪問は7年ほど前になります。

DSC_1125

郊外の中箱寿司店さん、平日は地元の方々で賑わいます。11時台の入店でしたが席はかなり埋まっています。おひとり様なのでカウンター端っこにそっと着きます...

DSC_1152
DSC_1128

注文は日替わりA(1080円)、二つあるうちの安い方ですね^^; ちなみに高い方は1620円で握りの内容が良くなるようです。待つこと10分程で配膳、品数多い和食膳です!!

DSC_1132

メインの寿司は握り4貫・巻き2貫、ネタはそれなりですが大きさはしっかり、シャリ量も多めで食べごたえあります。

DSC_1141

刺し身はカンパチと鮭、手前の小鉢は白身魚フライ、左は豆腐サラダで奥は南蛮漬け・デザート・もやし和え、茶碗蒸しと焚き物も付いてこの価格ならお得でしょう^^ 全般薄味仕様なのでお酒のアテにも良さげなランチセットです!

DSC_1143
DSC_1134
DSC_1136
DSC_1138
DSC_1145
DSC_1148
DSC_1151

「岡山で二番目に美味しい夜寿司」...とTV-CMが良く流れていましたね!! 残念ながら倉敷庄店さんは閉店になりましたが、田町本店さんは今も健在、久々に夜に訪れて呑んだくれましょう(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
夜寿司 津高店
086-294-1121

今日のランチは営業所からもほど近い青江の「おんまく寿司」さん、開店当時には”巨大回転寿司チェーン”として名を馳せましたね。本店は愛媛、西日本で6店の回転寿司を展開されています。

DSC_9042
DSC_9043

店内はかなり広いですね、視力悪いと席の端っこは見通せません^^; 席数は310席でカウンター席・テーブル席の構成、おひとり様なのでカウンター真ん中辺りに案内されました。

DSC_9045
DSC_9046

注文は海鮮丼(918円)、待つこと6~7分で配膳、メインの他にサラダ(ポテサラ・キャベツ)・ひじき和え・赤出汁の構成です。

DSC_9054

海鮮丼は具沢山、鮪赤身・蛸・カンパチ・鮭・烏賊・甘エビ・卵焼き・イクラ等々、ネタはどれも新鮮ですが全般薄いです!。ご飯は酢有り無しを選択可、今回は酢飯でお願いしました。醤油を一廻し、手に持って勢いよくかきこみました^^;

DSC_9062

食後には熱いお茶を頂きながら暫しまったり...当店は4月15日を持って14年の歴史に幕を下ろされます、前回訪問は開店直後...14年はあっという間ですね...

DSC_9050

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
おんまく寿司 青江店
086-803-3541

↑このページのトップヘ