@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 寿司(鮨)

秋雨の中を友人と宵呑みにやって来ました、西川沿いにひっそりと佇むいちえさん、間口が狭いので分かり難いですね。前回訪問は6~7年ほど前、ご無沙汰してました!

DSC_1968

4日ほど前に予約してカウンター席を確保、金曜日ということで早い時間帯は予約満席です。大将の他に若いスタッフさんが大勢、皆さん威勢が良いです^^

DSC_1930-b

一番搾りで乾杯、刺盛りを頂きましょう。新鮮な魚が5種、鱧と鯛が特に美味しかったです。季節のサラダは意表を突いて軽く茹でられていますね、素材を活かした和食サラダ、酒アテになります。

DSC_1928
DSC_1933
DSC_1939

元老院の水割りにチェンジ、最近はビールを沢山呑めなくなりました(;´д`) 新ごぼうと穴子のかき揚げ、若いスタッフさんが目の前で揚げてくれます、サクッと軽い食感ですが穴子の美味さが凝縮されています。イワシの香梅煮、いい感じで煮込まれ身がほろほろ、鰯の素材を活かしながら上品な味わいになっていました。

DSC_1942
DSC_1946
DSC_1935

山陰産みずがれいの一夜干し、干すことで濃厚な味わいになっていますね。マコガレイの煮付けもいいですが酒アテには干し物が好みです、赤兎馬ロックがどんどんなくなります^^;

DSC_1967
DSC_1948

この辺りで握り鮨を頂きましょう、通常のおまかせは10貫らしいのですがお腹が膨らんでいますので6貫でお願いしました。最初はアコウ、瀬戸内で獲れる高級魚、上品な味わいはさすがです。小鯛は皮付き、少し炙っていますので香ばしい味わいです。

DSC_1950
DSC_1951

烏賊は甘さが際立ちます、何も付けず素材の良さを楽しみます。鯵は少し厚みのあるネタになっています、軽くタレが付けてあり脂を少し抑えた味わいでした。お酒はウィスキーのロックにチェンジ、酔いを深めます。

DSC_1954
DSC_1956
DSC_1962

旬の秋刀魚、今年は水揚げが多いようですね。こちらもしっかり厚みがあり素材の良さを楽しめます。最後は雲丹、こちらもしっかり盛ってくれていますね^^; 甘みを楽しながら〆ました!

DSC_1957
DSC_1965

気軽に一品アテとお酒を楽しみながら握りも頂けるいちえさん、使い勝手は抜群ですね、また宵呑みに伺いましょう!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
いちえ
 アサノビル1F
086-231-0203

葉月最終盤でも猛暑は緩まず...ダルダルの身体に鮨で栄養補給です、やって来たのは西大寺の魚八寿しさん、郊外寿司店にしてはなかなか大きな店構えですね!

DSC_1751

店内は鍵の字型カウンターに窓際の小上がり席、とてもゆったりした作りになっています。慶弔の集まりも余裕でこなせそうです!!

DSC_1744

注文は魚八定食(864円)、待つこと10分弱で配膳、握り鮨・巻物・うどん・デザートの構成です。握りは4貫でネタは大きめ、シャリは若干軟らかいでしょうか、赤身とだし巻きが好みの味わい。胡瓜巻きは3貫でこぶりなサイズです。

DSC_1746
DSC_1750

ぶっかけうどんはハーフ、麺はそれほど特徴ありませんが具材は海老天・温泉卵・わかめ・花鰹となかなか豪華、甘辛いぶっかけ出汁を掛けて美味しく頂きました^^

DSC_1748

食後には大きな湯呑でお茶をのんびり頂きます...肌寒い晩秋が恋しいですね 旦_(-ω- ,,)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
魚八寿し
086-942-5677

やっと体調が戻って食欲も復活、今日は今新さんでランチを頂きましょう。自宅からもほど近い町寿司店の今新さん、お昼はお得な定食がラインナップされています。

DSC_8303

白木のしっかりしたカウンターが素敵な内観、冷蔵ショーケースにもネタが沢山入っていますね!。おひとり様なのでカウンター端っこに着きます。

DSC_8286

注文はすし定食(1080円)、大将がカウンター内で丁寧に握ってくださいます。待つこと15分ほどで配膳、寿司の他に天ぷら・小鉢・茶碗蒸しも付いて充実の内容ですね。

DSC_8288

寿司は握り3貫・巻物4つ・棒鮨2つの構成、どれもしっかり作っていますがトロ軍艦と棒鮨二種が好みの味わい、特に棒鮨は色合も綺麗で珠玉の出来栄えですね^^

DSC_8293

天ぷらは揚げたて、ししゃもが子持ちで特に美味しかったです。小鉢は大根煮とごぼう和え、茶碗蒸しは熱々で濃厚な味わい、脇役も素晴らしく最後まで美味しく頂きました!

DSC_8297
DSC_8298

食後にはデザートを頂きながらしばしマッタリ...体調不良でガリガリになったのでしばらくはしっかり栄養補給です!!...(ガリガリになったのは嘘です...)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
今新
086-244-2389

美星町~井原市の用事を済ませての帰路、以前よりBMしていたお寿司屋さんでランチしましょう、昔ながらの風情を感じさせる宝来寿司さん、本陣通り沿いの立地です。

DSCF2778

店内は奥に長い構造、綺麗に改装されて現代風の作りになっていました。入り口近くのテーブル席に着き、メニューを眺めます。

DSCF2781-b

注文は握り鮨と汁物(合計1000円)、大将がカウンター奥の厨房で丁寧に握ってくださいます。10分少々で完成、すまし汁と一緒に登場です。

DSCF2784

握り鮨はお決まりの8貫、シャリは中サイズで酢の効き具合はかなり弱いです。ネタは大きめですが厚みはありません。コリッとした食感の烏賊とネタの大きな海老が好みの味わいでした。

DSCF2790

食後には熱いお茶を頂きながら暫しまったり...さて岡山まで一気に戻りましょう^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
宝来寿司
0866-82-0156

高温が続く4月終盤、暑気払いに友人と宵呑みに訪れたのは中央町の元(はじめ)さん、4~5年ぶりの訪問になります。周辺は飲み屋さんが軒を連ねる賑やかな地域です。

DSC_7451

店内は鍵の字カウンターメインの構成、入口横には個室もありますが今日は友人と二人カウンター端っこに着きます。カウンターはかなり大きな作り、二段構成になっており奥の一段高いカウンターに置かれた四角い備前焼に刺し身&握り鮨がサーブされます。

DSC_7461-b
DSC_7457
DSC_7455

三岳ロックで開始、最初のアテはヒラメとカレイの刺身、姿形が似た二種の刺身を同時に味わうのは初めてかもです^^ 鯛の刺身は二種、〆たてと二日間熟成させてもの、どちらも美味しいですが味に深みが出た熟成が気に入りました。ベイカの酢味噌和え、不要な箇所が全部取り除かれていますのでストレートにベイカを味わえます、丁寧な仕事ぶりですね。

DSC_7465
DSC_7469
DSC_7471

名物の焼印が入っただし巻き、見た目通り硬めの食感、ほんのり甘い味わいは癖になります。貝の刺身(名称失念!)は新鮮さが伝わる食感、食べる直前まで収縮していました^^; 初鰹は専用の醤油で頂きます、しっとりした食感の身には旬の旨味がたくさん詰まっていました。

DSC_7479
DSC_7475
DSC_7483

渡り蟹は食べやすいように解されています、瀬戸内海にもたくさん水揚げされる渡り蟹は馴染みの美味しさです。黄ニラがたくさん入った茶碗蒸し、旬の素材も多く入っており、好みの味わいでした。

DSC_7488
DSC_7492
DSC_7489

ここから握り鮨に切り替えて頂きます、最初はハリイカ、コリッとした食感で甘い味わいを堪能。大きめのボタンエビ、こちらも素材の甘味が素晴らしいですね。ヒラメ昆布締め、淡白な白身に昆布の旨味が加わって美味さ倍増です。

DSC_7497
DSC_7501
DSC_7503

マグロ漬け、適度に赤身を漬けて清廉な味わいをしっかり閉じ込めています。うにいくら丼はミニサイズですが、素晴らしい味わいですね、もっと量が欲しいとは思いますが、まぁミニで頂くほうが粋でしょうね^^ 

DSC_7511
DSC_7514

鯵は刺し身で頂いても脂が乗った美味さを堪能できます。鮨の〆は煮穴子、甘めのタレで軟らかい身を楽しみました。汁物はあおさなめこ汁、美味しい味噌汁で締めくくるとなんだか健康的な呑みが出来た気分になります^^

DSC_7518
DSC_7520
DSC_7526

声のよく通る大将の所作には無駄が一切ありませんね。迫力ある手業から出てくるアテはどれも逸品でした。鮨は若干小ぶりで酢飯は硬く仕上げてあります、カテゴリーは寿司になっていますが、個人的には懐石割烹メインの方がしっくり来るように感じました。

短時間で気持ちよく美味しい酒とアテを頂ける元(はじめ)さん、最後まで素晴らしい時間を過ごさせて頂きました(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
元 (ハジメ)
086-227-3377

↑このページのトップヘ