@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 寿司(鮨)

如月中盤戦、年度末に向けての栄養補給で「鮨 縁」さんにやって来ました。約10年ぶりですね、一斉スタートのない時代、遅い時間帯にアラカルトで頂いた記憶があります。

en
DSC02066

店内は白木の一文字カウンター8席、オシャレな空間です、無駄なものは一切排除していますが内観にセンスがあります。大将の会話を楽しむなら中央付近に座るのがベストでしょう!

DSC_9653
DSC_9655
DSC01949-b

2ヶ月前の予約で席を確保、8名揃って一斉スタートです。前半はアテが続きます。鮎稚魚の茶碗蒸しは繊細な味わいですね、アオサの風味が加わって奥深さも演出です。次に登場はのれそれ、「伸るか反るか」の語源にもなっている穴子の稚魚です、スッキリした味わいです。タチウオは炙り仕様、加工していない天然海苔の濃い味わいでしっかり身を引き締めています。

DSC01886
DSC01889
DSC01899
DSC01883

ウニご飯は少量ですが味が濃いですね、北海道産バフンウニは独特の旨味があります。穴子の干物、人肌よりも低い温度で炙ってあり、旨味が凝縮されています、これは酒が進みますね。旬の牡蠣握りはまるまる太っています、火が通っており甘みが強く出ていました。

DSC01908
DSC01913
DSC01928
DSC01987

河豚の白子は四角い器で登場、餡掛け仕様で甘みの強い卵巣本来の味を引き締めます。早良の握りは朱色の器で登場、塩胡椒で全体が凝縮されて鰆身の美味さを引き出しています。石鯛はわさび和えで登場、天然わさびは辛くない上質な味わい、淡白な石鯛に良く合います。椀物はのどぐろ、焼きだと独特の脂が美味いですが汁だと繊細な出汁が溶け出してより上品な味になっています!

DSC01931
DSC01941
DSC01961
DSC01968

ここから握りの部が開始されます。
鯛・鰆・ハリイカ
DSC01972
DSC01976
DSC01984
DSC01981


小鯛・中トロ・ママカリ
DSC01990
DSC01994
DSC01996


ミル貝・車海老・鯖
DSC01999
DSC02002
DSC02013
DSC02026


キングサーモン・金目鯛・穴子
DSC02029
DSC02031
DSC02036

シャリは少なめ、ネタもシャリに合わせてコンパクトですが素材に合わせて一工夫されていますので満足感は高いですね。当店の握りは独特の酢飯が特徴です、この酢飯を求めて頻繁に通われる方も多いです。お酒と一緒に頂くなら適量ですがシャリが少なめなので、当日ご一緒された方はコースの後に4~5貫追加されていました。

握りの後はねぎとろ・巻き寿司・玉子焼きが供されて終了になります。焼海苔が特に秀逸ですね、パリッと感は当然ですが旨味が強くて美味しいです、この焼き海苔だけで良いアテになりそうです。

DSC02047
DSC02054
DSC02058

我が家近隣鮨屋ご出身の大将はまだお若く研究熱心ですね、切れの良い所作と清廉な接客で岡山でも有数の鮨屋さんに登り詰められました。予約はかなり取り難くなっていますが、季節を変えて再訪したいと思います。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
鮨 縁(エン)
 つるべマンション 1F
086-232-8168

秋晴れの霜月終盤、今日は津山の城東地区周辺を散策、ランチは地元の情報誌に掲載されていた「ゴハンドコロ ガリ」さんで頂きましょう。

DSCF3128

店内は古民家を綺麗に改装されて居心地いい空間になっていますね、奥には座敷席もあるようです。竹細工のバッグ類も販売されていました!

DSCF3132

注文はランチ(1408円)、メインを6種から選ぶ方式、私は鶏胸肉の和風ソース焼きを選択です。待つこと10分程で巻き寿司(サラダ巻き・細巻き・いなり寿司)とサラダがやってきました! これは二人分の内容になりますが何と細巻きはおかわりが出来るんです!!

DSCF3134
DSCF3147
DSCF3143

暫くしてメインプレートと巻き寿司・握り・味噌汁がやってきます。かなりのボリュームですね^^; メインの鶏胸肉は濃厚なソースが掛かって香ばしい味わい、奥には鶏の唐揚げとミニサイズのグラタン、ポテサラもありますね。巻き寿司1巻と握り2貫を一緒に頂くとお腹いっぱいになるボリュームでした!

DSCF3170
DSCF3157
DSCF3160
DSCF3166

食後にはフリードリンクを頂きながら暫しまったり...旧出雲街道に面した城東町並み保存地区をもう少し探索しましょ^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
ゴハンドコロ ガリ (Gohandocoro ガリ)
0868-32-8803

雲ひとつない青空の中をランチに訪れたのは茶屋町の「桜ヶ丘」さん、2019年6月にオープンされた新店さんです。以前、”おふくろ茶屋”さんがあった場所になります。

DSC_6178

店内は奥に長い構造、厨房前にカウンター席と小上がり席が平行に列びます。13時頃の入店、先客2名さん、おひとり様なのでカウンター端っこに着きます。

DSC_6148
DSC_6153

ランチメニューは寿司御膳と海鮮のつけ丼(共に1500円)、寿司御膳を注文です。今日は大将おひとりで切り盛りされていますのでなかなか忙しいですね。待つこと15分程で全部揃いました! 値段は少し張りますが寿司定食としては申し分ないでしょう。握り6貫・鉄火巻2巻・卵焼きに上のお膳は天ぷら・焚物・茶碗蒸し・小鉢・味噌汁・デザートの構成です。

DSC_6164

握り、ネタはどれも新鮮ですね、適度なサイズでシャリも中盛りかな。鯖・漬・黄ニラが特に好みの味わいでした。天ぷらは揚げたて、焚物・ひじき煮もきちんと作られています。上質な内容に満足しました^^

DSC_6169
DSC_6172
DSC_6155
DSC_6159

食後には暫し大将と歓談、大きな鮨店で修行され茶屋町近辺の出店を狙われていたそうです。次回は宵呑みに訪れてお薦めの一品をアテに焼酎を頂きましょう!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
和のこころ 桜ヶ丘
090-2806-2826

しっとり薄曇りの神無月終盤、以前よりBMしていた西阿知の千成寿司さんでランチを頂きましょう。幹線道から少し中に入った住宅街の立地、駐車場はビルの一階と東側平面を確保されています。

DSC_5741
DSC_5745

店内には階段を使って入ります! 入り口正面のカウンター席と奥の小上がり席、三階には座敷があるのかな? 奥の小上がり席に着きます。

DSC_5712

注文は寿司定食(1540円)、待つこと10分弱でやって来ました。でっかい桶器に各種料理が格納、茶碗蒸しと澄しのアラ汁が付いています。

DSC_5716

握りは4貫、蝦蛄・海老・烏賊・マグロ漬け、ネタはそれほど厚くなくシャリは普通サイズ、巻き寿司は2巻ですがサイズ大きくて食べごたえありました。

DSC_5718

焚合せは海老と鰤煮付けが特に美味しいですね、酒が欲しくなります^^ 天ぷらは揚げたて、海老身がホクホクで美味しいです。刺し身は3種で鰆・カンパチ・鮭、しっとりの鰆が特に好みです!!

DSC_5730
DSC_5723
DSC_5726

ボリュームがあって食べごたえある寿司定食、寿司がご飯に変わるとお得な”昼定食(946円)”になります。次回はコスパ良好な昼定食狙いかな!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
千成寿司
086-465-2250

備中県民局からほど近い「寿司道場一代」さん、神無月中盤のランチでやって来ました。飲食店が軒を連ねる一角、一軒挟んで南側は笠岡ラーメンのしだはらさんになります!

DSC_5178

店内は奥に長い構造、厨房と並行するカウンター席だけの攻勢、少し遅い時間帯でしたので大将はカウンター席で寛がれていました^^

DSC_5186

注文は並にぎり(1250円)、大将が厨房で丁寧に握ってくださいます。待つこと10分弱でやって来ました!、横一列に並ぶ鮨板は珍しいですね^^;

DSC_5191

シャリは普通サイズ、ネタは大きめで厚みがしっかりありますね、山葵は多めですがこれは調整して貰えると思います。幅広の海老・甘みのある赤み・香ばしい焼き穴子が特に好みの味わいでした^^

DSC_5194
DSC_5196

滞在中はお話し好きの大将からその波乱万丈の半生をお聞きしました^^; 以前のお店で8年半、この場所で45年...次回は宵に訪れて、その続きを伺いましょう(*^^*)

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
寿司道場一代
0865-63-2827

↑このページのトップヘ