@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 寿司(鮨)

神無月に入って朝晩は少し寒くなってきましたね、日中も曇天で肌寒い中をランチに訪れたのは南区青江の「海一」さん、前回訪問から約3週間になります。

DSC00215

地元誌に掲載され平日でもお客さんが多くなっています、事前に予約を入れてカウンター席を確保、開店と同時に入店ですがテーブルには予約札がかなり立っていました!!

DSC00213

今日は握りの数が多い「満腹にぎり(1600円)」を注文、がっつり頂きましょう^^ 大将と食べ歩きの話をしながらのんびり待ちます。暫くして配膳、握り13貫+だし巻き、あらのすまし汁・茶碗蒸し・サラダ・デザートの内容です。

DSC00191

シャリは普通サイズでネタは魚種で厚みに違いがあります。赤身・カンパチ・海老辺りが好みの味わい、ネタは9貫の特選にぎりセットの方が良いと思いますがガッツリ頂く時は満腹13貫が正解でしょう。

DSC00203

食欲の秋到来ですね、しっかり身体を動かしてしっかり頂きましょう^^

(お店の情報)
海一 (うみいち)
086-238-3991

湿度が落ちて秋晴れの週末、久々にランチでお邪魔したのは青江の「海一」さん、リーズナブル価格で握り寿司や海鮮丼を提供される人気店さんです。

DSC_0871

今日は大将と話をすべくカウンターに座ります。12時前後からどんどんお客さん来られ、すぐに満席に...平日でも予約したほうが良いですね。

DSC_0876

注文は「まぐろプレート(2000円)」、大将と他愛ない話をしながらのんびり待ちます。実直な大将ですが話の切り返しにセンスがあり会話が楽しいです^^; 待つこと10分少々でマグロ尽くし膳の登場です。

DSC_0896

本鮪中トロ2貫、赤身3貫、ミニ鉄火丼、マグロ刺の構成、綺麗な色味が新鮮さを物語ります。まずは醤油に山葵を溶かし鉄火丼に振りかけます、丼はミニサイズですがしっかり6切れのっていて鮪と白ご飯の調和を楽しめます。

DSC_0899

中トロは若干脂身少ないですがランチで頂くならこれくらいが良いでしょう、厚みがあり好みの味わいでした。

DSC_0911

赤身3貫とまぐろ刺、アラ汁、茶碗蒸しも付いて2000円ならお得感ありますね。どの切り身もサイズ大きいので鮪好きの方には特にお薦めです!!

(お店の情報)
海一 (うみいち)
086-238-3991

今年は超が付く酷暑とのことで戦々恐々の毎日、暑さに耐えれるようしっかり栄養補給ですね^^ ランチにやって来たのは築港栄町の「蛇の目」さん、看板のないお寿司屋さん、事前に場所を知っていないとまず見つからないでしょう。時節柄緑豊かな外観、ヘビ柄?の暖簾だけが目印です。

DSC_9814

店内もかなりの異空間、福助人形・般若面・石臼・たぬき等々、シュールな置物が満載、外の喧騒を忘れさせてくれる居心地の良さもあります。

DSC_9816

メニューは一種「握り(1500円)」、その日の仕入れでネタは毎日変わります。待つこと10分弱でやって来ました、汁物はなく上質な握りだけの構成です。

DSC_9817

シャリは大きめ、県内産優良米がふっくら炊かれています、水分大多めで人肌のぬくもりがあります。ネタもシャリに合わせて厚みがあります。握り7貫と穴子巻き2つの構成、甘みのある烏賊と香ばしく焼かれた穴子が特に好みの味わいでした。

DSC_9819

職人気質の大将、一見さんにはとっつきにくい雰囲気ありますが、食後には色んな話題で盛り上がりました。県内の老舗寿司店は激減しつつあります、スピード上げて訪問です!

(お店の情報)
蛇の目 (ジャノメ)
086-262-0714

今日の最高気温は35℃超の予報、せめてランチは涼しい場所で頂こうとやって来たのは「美津葉 酒蔵店」さん、JR金川駅から北500m近辺に位置します。外観は純和風の作り、見た目比較的新しく古い酒蔵のイメージはありません。

DSC_9788
DSC_9789

店内は若干薄暗く梁の張り出し等、酒蔵の雰囲気を醸し出しています。13時前でしたが店内は8割ほど埋まっており地元の方々で賑わっていました。

DSC_9783-b

注文は「寿司と天ぷら定食(1080円)」、待つこと10分弱で配膳、メイン2種の他にすまし汁と小鉢(ちくわ煮)が付いています。

DSC_9764

握り鮨は6貫、ネタは大きめでシャリは普通量でしょうか、この中では鰆とマグロが好みの味わい、サビはもう少し効いた方が良いですね。

DSC_9777

天ぷらは海老・レンコン・ししとう・椎茸・南京の5種、カラッと揚がっておりサクサク食感が美味さを倍加させます。量は少なめですが握り鮨の補完と考えれば適量になるのでしょう!!

DSC_9782

和食メニューが豊富に揃っている当店、次回は宵呑みで訪れたいです^^

(お店の情報)
美津葉 酒蔵店
0867-24-3280

少し湿度が高くなった6月中盤戦、表町界隈での買い物を済ませランチに立ち寄ったのは看板のない名店「伊澤」さん、夜は居酒屋飲みが出来る寿司屋さんですがお昼はお得な海鮮系の丼を供されます。店頭のてるてる坊主が梅雨の雰囲気を醸し出しています。

DSC_8849

店内はカウンターのみ、奥に長い構造、厨房と向い合せで座る形式になります。背中側は狭いので奥から詰めて座るのが良いですね。

DSC_8855

注文は「海鮮丼(1000円)」、普段は寡黙ですが笑うと愛嬌のある大将が丁寧に作ってくださいます。待つこと10分少々で着丼、色味の良い素敵な海鮮具材が一杯のっています!!

DSC_8861

小皿の濃口醤油に山葵を溶かし海鮮具材に掛けます、山葵は大好きなので全部溶かしました^^; どの具材も新鮮でプリプリした食感、口中で甘さが弾けます。

DSC_8865

特に甘エビと赤身が好みの味わい、最後まで美味しく頂きました!!

(お店の情報)
伊澤
086-227-0138

↑このページのトップヘ