@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 居酒屋

今日は風が強くて体感温度はかなり低いですね、ダウンジャンバーを着てランチ紀行です。せん福さんの後に入られた「あんさんぶる」さん、昨年の10月にオープンされたようです。

DSC_5160

店内は奥に長い構造、カウンターとテーブル席が平行に伸びます。内観はせん福さん時代とほとんど変わらないように思います。

DSC_5162

注文は「大山鶏から揚げ膳(800円)」、待つこと7~8分で配膳です。大ぶりのから揚げに小鉢が2つ、なかなか充実した内容になっています。

DSC_5166

鶏から、カラッと揚がって中は熱々ジューシー、下味を付けているので旨味が濃厚、何も付けなくても白ご飯ががっつり進みますね。大山鶏は脂のバランスが良いので旨味の中に甘みが感じられますよ。鶏からは5個もあるのでご飯大盛りでも良いでしょう。

DSC_5169
DSC_5171
DSC_5172

小鉢2品もかなりレベル高いですね、夜は居酒屋メインでしょうからアテの質が高いのも納得できます。次回は夜に伺って美味しいアテを焼酎を頂きましょう^^

(お店の情報)
あんさんぶる
086-227-6060

職場の同僚と宵呑みにやって来たのは営業所から至近の「旬鮮酒場 天狗」さん、通勤駅までの経路上にあるらしく後輩はちょくちょく利用しているようです。

DSC_4996

ビルの階段を降りていくと間口の広い外観が見えてきます、中もかなり広いですね。区切りのある小上がりもあり宴会利用も良さげです。

DSC_4999

芋焼酎で乾杯、アテを軽めに頼んで宵呑みの開始です。まずは彩り豊かなサラダの登場、2~3人前というだけあり量は多め、後輩はサラダを一番に食べるようにしているようです^^;

DSC_5001
DSC_5003

ごぼうチップは薄く切って揚げています、軽い食感でいいつまみになりますがもう少し厚いほうがいいかもです。串盛りは4種、サイズ大きめで食べ応えあります、この中では皮が一番良かったです。

DSC_5006
DSC_5009

海老唐揚げは想像より大きなサイズ、小エビじゃないですね。海外産かと思いますが旨味もしっかりでした。餃子は中サイズが5個、中身はしっかり詰まっていましたが特徴はそれほどありません。

DSC_5011
DSC_5013

だし巻きはボリュームあるサイズ、切れ目ないので箸で切って頂きます。自然な卵の甘みがあり美味しかったです。ホルモン炒め、しっかり野菜ありますが肉は少なめ、辛めの味付けは白ご飯が欲しくなります^^;

DSC_5015
DSC_5018

火曜日で広い店内は閑散としていましたがゆったり過ごす事が出来ました。外人スタッフさんの接客も良くちょい呑みには良い居酒屋さんですね!!

(お店の情報)
旬鮮酒場 天狗 浜松町南口店
03-3431-6250

とりの里さんで美味しい焼き鳥を頂いたあと、軽く飲みなおしという事で同じく奉還町の「あぶり酒家 ○△□」さんまでやって来ました。この辺りは奉還町でも東端になります!!

DSC_4466

何も知らず飛び込みで入店、各テーブルには排煙装置がありますね!。友人と二人、入口近くのテーブル席に着きます。

DSC_4445

ここでも焼酎湯割りを注文、今日は湯割り以外呑んでませんね^^; 突き出しは茹で里芋、味付けはシンプルで素材の良さを活かしています。肝煮を突きながら友人と話し込みます!!

DSC_4448
DSC_4451

あぶり焼き用の七輪がやって来ました、いい感じ炭火が入っていますね。あぶり素材はつくね・手羽先・蛤・ししゃも等々、値段の割には充実した内容になっていますね。

DSC_4453

醤油やポン酢もありましたがシンプルに岩塩で頂きましょう、友人が手慣れた手付きで振りかけてくれます。七輪で焼きながらお酒を頂く...なかなか風情ありますね、焼肉とは違った雰囲気で焼酎が進みます^^ 岩塩で身の引き締まった手羽先と蛤が特に美味しかったです!

DSC_4459
DSC_4463

23時近くになりましたので、名残惜しいですがこの辺りでお開きです。今宵は最初から最後まで焼酎湯割りオンリー、千鳥足で退店です。友人とは新年の再会を誓って別れます、楽しい二人忘年会、ありがとうございました!

(お店の情報)
あぶり酒家 ○△□ (あぶりしゅけ まるさんかくしかく)
086-254-7440

二次会で訪れたのは北区大淀中の「餃子や」さん、飲み屋さんが軒を連ねる場所...ではなく閑静な住宅街の立地、明るい提灯照明が誘蛾灯のように呑んだくれを誘惑します^^;

DSC_2446

店内は狭いながらもカウンター・テーブル・小上がりとフルラインナップ、奥に長い構造ですね。地元の方々で賑わう人気の居酒屋さん、餃子は看板メニューで4種品揃えされています。

DSC_2450

ハイボールで乾杯、抜群に美味い白菜漬けを頂きながら話に花が咲きます。名物の焼き餃子登場、パリッと綺麗に焼かれています、サイズは小ぶりで具材はニラメイン、シンプルなだけに大将のセンスが問われますが、これはレベルの高い焼き餃子、やはり注文必須の看板メニューでした(・∀・)

DSC_2458
DSC_2459
DSC_2464

焼きそば・水餃子も登場し、呑みも佳境に入ってきます。他愛のない会話で盛り上がりますが日頃の疲れがスーッと抜けていきます。

DSC_2468
DSC_2471

通常アテメニューも豊富なので御飯もの+好きなアテで〆るのも出来る餃子やさん、大将の人柄で一見さんも居心地いい店舗さんです。

(お店の情報)
餃子や
090-9715-6063

今日は大勢で宵呑みです、幹事さんが磨屋町のWASUKEさんを予約くださいました。焼肉 巨城里さんの左隣、大通りからも近い便利な立地です。

DSC_2091

店内はカウンターと座敷席、掘り炬燵式になっているので足は楽ちんですね。個室はなく、天井からの懸垂幕で仕切る形式、大きな声で話をすると全部筒抜けになります^^;

DSC_2143-b
DSC_2095

席だけ予約をしたので酒・料理は宴席での注文になります。今日は最初から芋焼酎を頂きましょう、三岳ロックをお願いします。アテは後輩に任せておこぼれを頂く形です。五月雨式に個々で注文すると大変なことになりました。料理名称の全把握は困難ですので、印象に残ったものを記述します。

DSC_2097
DSC_2102
DSC_2104
DSC_2107
DSC_2116
DSC_2099

カツオのたたき、身が厚く食べ応えありました。ガラエビの唐揚げ、昔に比べると値段が高騰していますので量はそれほど多くありませんが塩加減が絶妙。ママカリの酢漬け、ご当地アテの代表格ですね、酢はそれほどきつくなくあっさりした味わいでした。

DSC_2118
DSC_2121
DSC_2123
DSC_2125
DSC_2127
DSC_2109

その後肉系統のアテがどんどん出てきましたが、極少量頂きながらお酒メインで頂きます。色々な話で盛り上がりながら宴が進行していきました^^

DSC_2129
DSC_2131
DSC_2133
DSC_2135
DSC_2139
DSC_2140
DSC_2142

かなりの数のアテを注文し、焼酎も頻繁にお替わりましたが5000円/人以下、コスパ良いですね。若いスタッフさんの目配り・気配りもしっかりで居心地も良かったです。また身内の呑み会で伺いたいと思います、ご馳走様でした!!

(お店の情報)
活彩肴や WASUKE (ワスケ)
050-5872-8980

↑このページのトップヘ