@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 東京都

同僚と宵呑みに伺ったのは東大井の「銭場精肉店」さん、大井町駅から至近距離、青物横丁駅からも歩ける距離にある溶岩焼きの店舗さん、後輩が予約を取ってくれました。

DSC_8360-b

名前からはコテコテの居酒屋風焼肉店を想像していたのですが、店内はかなりお洒落、スタッフさんも全員洗練された方ばかり、店内に煙が立ち込めることも皆無です。

DSC_8364

生ビールで乾杯後、五月雨式に肉とアテを注文します。肉は基本的にスタッフさんが焼いてくださいます。タレは塩・わさび・醤油・ポン酢が用意されており、部位別にお薦めを教えてくれます。

DSC_8369
DSC_8372
DSC_8368

タン(上&ネギ)は厚み違いが2種、薄い方はサッと焼いてネギ塩で、上タンはじっくり焼いてレモンを絞り、塩で頂きました。どちらも美味しいですね、個人的には厚みある方が好みでした。

DSC_8376
DSC_8384
DSC_8373
DSC_8389

小豆島玉ねぎ、大きなサイズをじっくり溶岩プレートで焼き上げます。塩で頂きましたが、甘みがしっかり出て良いアテになりました。アンチョビポテトフライ、アンチョビの味が濃厚に効いてビールに合う味わいでした。

DSC_8382
DSC_8392
DSC_8393
DSC_8397
DSC_8409

8種盛り合わせ、部位違い&豚肉が綺麗に盛り付けられています。焼き加減・タレをスタッフさんに指示頂いてどれも美味しく頂きました。〆は黒毛和牛ハンバーグ、手捏ねの100%和牛は肉肉しい味わい、オリジナルの自家製オニオンソースも絶品でした!!

DSC_8402
DSC_8411
DSC_8400
DSC_8405

煙がもうもうと立ち込める炭火焼肉もいいですが、じっくり色んな部位を食べ比べできる溶岩焼き、お洒落な雰囲気&気遣い抜群のスタッフさんが世話を焼いてくださる当店もお勧めです^^

(お店の情報)
銭場精肉店
03-6712-1129

今日は少し足を伸ばして以前よりBMしていた「中華そば とん兵衛」さんにやって来ました。西新宿五丁目駅から徒歩6~7分の立地、大きなビルが立ち並ぶ裏通り、当店の一角だけ昭和の風情が残っていました。

DSC_8356
DSC_8330

オープン少し前に入店、お母さんがのんびりTVを見ておられました。店内も激渋ですね、経年で物が少し増えすぎた感ありますが、小物たちもいい味を醸し出しています。

DSC_8335
DSC_8334

注文は「焼きそば(450円)」、お母さんが厨房でフライパンを振ってくださいます。待つこと6~7分で着皿、青のりと色鮮やかな紅しょうがものっています。

DSC_8347

麺は細めんでもっちりした食感、家庭的で素朴な味わい、ソース辛さは全くありません。おかずにもアテにもなる素晴らしい味わいでした。

(。-ω-)ノll
DSC_8348

店名にある中華そばは現在供されていません、この焼きそばをアテに宵呑み訪問がベストかと思われます^^

(お店の情報)
中華そば とん兵衛
03-3376-7781

門前仲町の「中華そば おはる」さん、満を持して訪問です。この辺りもどんどん昔の風情がなくなっていますが当店だけは昭和の風情を守り続けておられます^^ 川沿い立地の当店、民家風の建物にお約束のコカ・コーラ看板、激渋です!!

DSC_8318
DSC_8319

店内はかなり手狭ですね、カウンター席背面はスペースがなく身体を横向きにして移動です。お昼時で満席、エアコンは勿論なく、私が着いた奥の席は大鍋の前...食べ終わるまでにいい汗がかけました^^;

DSC_8315
DSC_8304-b

注文は中華そば(550円)、待つこと10分少々で着丼です。期待を裏切らないシンプルな醤油ラーメン、スープは鶏脂も少なくストレートな味わいです。

DSC_8307

麺は食べ慣れた中細ストレート、デフォで良い塩梅の硬さ、チャーシューは脂身少なくしっかり歯応えのあるものが一枚、他の具材はシナチク・インゲン・白ネギ、シナチクは太くて食べ応えありました。

(。-ω-)ノll
DSC_8308

食後は暫し大将と歓談、かなり以前は練炭と釣り餌を売っていた建物になるとのこと...一瞬当時に想いがワープしました^^

DSC_8293


(お店の情報)
中華そば おはる
03-3641-4609

5月中盤戦、今日の最高気温は28℃予報、もう亀にも抜かそうな弱い足取りランチに伺ったのは「酒の音」さん、同僚お薦めの隠れ家店舗さんです。雑居ビルの二階、急な階段を二階まで登ると当店の入り口があります。
 
DSC_7816

店内はかなり狭いですね、右手側がテーブル席・左手がカウンター席、10名も座ればギューギュー詰めでしょう。同僚と3人でカウンター席に着きます。
 
DSC_7805

日替わりランチ(890円)は一種類、カウンター奥の厨房で優しそうな眼差しの大将がじっくり調理くださいます。10分弱で完成、今日のメインは「ハンバーグ&目玉焼き」、サブは「鶏の味噌焼き」です。
 
DSC_7810

ハンバーグはしっかり肉の味がする逸品、久々にガツガツ喉を鳴らしながら頂きます。小さいながらも厚みがあり150g表示は伊達ではありません、甘めのテリヤキソースも肉の味を引き立てます!
 
DSC_7815

鶏の味噌焼きも絶妙な味付け、炊立ての白飯ががっつり進みます。夜はBARになり、コースメニューもあるようです。肉にこだわりがある当店、ハンバークはお勧めですよ~(・∀・)

(お店の情報)
酒の音 (さけのね)
03-6722-0567
 

同僚4人で宵呑みに伺ったのは蒲田駅近くの「歓迎 本店」さん、直営の支店2店舗は昨年訪れていましたが本店さんはかなり久々です。
 
DSC_7779

20時前の訪問で満席、暫く待って円形テーブルに案内、相席で3組目に入ります、その後もずーっと満席状態、平日でも人気ありますね、店内全体が活気に満ち溢れています。
 
DSC_7781-b

まずは生ビールで乾杯、各自入り乱れて好きなものをガンガン注文します^^; 餃子はしっかり羽付、羽根に厚みがあり箸で持ち上げても羽根付きで食べられます。棒々鶏、少し甘めのタレが掛っています、私はピリ辛のほうが好みでしょうか。
 
DSC_7786
DSC_7783
DSC_7788

空芯菜炒めはしんなり食感、本場台湾のシャキシャキとは違いました。卵キクラゲ炒め、海老が大きいですね、味付も薄味で良かったです。酢豚は肉が大きいです、野菜も一片が大きく食べ応えありました。
 
DSC_7790
DSC_7792
DSC_7793

麻婆豆腐は安定感のある味わい、辛さはほどほど、苦手な方でも大丈夫な味付けです。カシューナッツ炒め、ピリ辛の方を選択、このナッツの食感は好みなんです^^ ネギチャーシュー炒め、かなり濃い味付け、価格も安くビールに最適です!!
 
DSC_7795
DSC_7797
DSC_7799

油淋鶏、これも一片のサイズが大きいですね、濃いめのタレが絶品です。春巻きは2人前、これもサイズが大きく終盤では一つ食べると満足です。

DSC_7801
DSC_7803

最後は卵炒飯で〆ます、画像撮り忘れましたが今回は酔うより先に満腹になりました^^;

(お店の情報)
歓迎 本店 (ホアンヨン)
03-3730-7811
 

↑このページのトップヘ