@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 東京都

同僚と盛夏の宵呑みに訪れたのは蒲田のニイハオ本店さん、別館さんはランチで一度訪れていますが本店さんは初訪問、京急蒲田駅から徒歩3~4分です。

DSC_0002

店内は別館さんよりかなり狭いですね、入り口すぐのカウンター席に同僚と並びで座ります。横はお一人様でビール付きの夕食を摂られていました。

DSC_0031

生ビールで乾杯、まずはしっかり羽根の付いた餃子をアテにキンキンに冷えた生中を堪能です^^ 羽根はしっかりしており、何だかいったんもめんを連想させますね! これも定番の空芯菜炒め、本場台湾で頂くのとは若干違い、しんなりした食感です。

DSC_0007
DSC_0012
DSC_0015

酢豚は少し変わっています、甘酸っぱい餡は掛かっておらずスッキリした味付け、肉本来を味わう仕様でしょうか。この辺りで焼酎湯割りに切り替えて、酔う速度を高めます^^; 玉子とトマト炒め、トマトを生のまま炒める発想は日本人にないと思いますが、意外と玉子に合いますね、夏向きの味わいでした。

DSC_0019
DSC_0024
DSC_0028

レバーと野菜の炒め、味付けはオイスターソースでしょうか、濃いめの味わいは白ご飯に合いそうです。〆は同僚が選択した高菜ピリ辛チャーハン、適度に水分が飛んでパラパラ仕様、高菜の辛味は全体に行き渡っていました。

DSC_0039
DSC_0043

蒲田地区の中華料理店はかなり制覇しました、ニイハオ本店さんの羽付餃子は形・味ともに高レベル、お薦めですよ!!

(お店の情報)
ニイハオ 本店 (你好 悠好)
03-3735-6799

近隣の打ち合わせを終えてランチに伺ったのは滝野川の「十八番」さん、JR板橋駅から徒歩数分の好立地、日焼けした日除け看板が素敵な昭和中華さんです。

DSC_0045

間口も狭いですが中もシンプルな構成、テーブル2つとカウンター6席、5~6人も入れば夏場は息苦しくなりそうです。中華料理店にしてはこざっぱり、隅々まで清掃が行き届いておられます!

DSC_0054
DSC_0050

注文はラーメン半チャーハン(750円)、厨房内で大将が手際よく作ってくださいます。待つこと7~8分で完成、カウンター越しに受け取ります。

DSC_0058

ラーメンはシンプルな中華系ですね、スープは鶏ガラ醤油で麺は中細ストレート、デフォで少し軟いです。チャーシューはかなり小さいサイズで一枚、他の具材はもやし・シナチク・白ネギ・わかめです。スープは寸胴で大量に仕込まれていましたので色々なメニューに使われるのでしょうね!

(。-ω-)ノll
DSC_0063

チャーハンの具材は微細なチャーシュー片とみじん切り人参、一瞬混ぜご飯かと思いましたが、大将がフライパンで炒っておられましたので紛うことなき炒飯です。具材はシンプルでもしっかりチャーハンの味はしますね、いいラーメンの伴になりました^^

DSC_0062

大将は少しお身体が不自由なご様子、いつまでもお元気で当店の伝統を守り続けて頂きたいですね!!

(お店の情報)
十八番
03-3916-2509

某東南アジア政府及び企業経営者の方々との打ち合わせを終えて、ランチに伺ったのは帝国ホテル17階の嘉門さん、付き合いのある華僑の方がAMEX経由で個室を確保されました。

DSC_9186
DSC_9148

最上階なので窓からの眺めも良いですね、当日は35℃予報でしたが室内は快適空間です。個室は10名収容、鉄板に向かって横一列に並びます。次の打ち合わせ時間が迫っていましたので約一時間でお願いしました。

DSC_9151-b

最初はグリーンピースの冷製スープ、濃厚な味わいながらしっかり冷えているので爽やかさも同時に味わえます。サラダにはしっかり焼かれたタンが入っており香ばしい味わいを楽しみます。

DSC_9157
DSC_9153
DSC_9166

ステーキはミディアム、厚みがあるので肉汁が抜けませんね。岩塩と胡椒メインで頂きましたが甘みの強い肉を引き締める効果があります。専用タレ&山葵も試しましたが個人的には岩塩が一番好みでしょうか。

DSC_9160
DSC_9168
DSC_9170
DSC_9178
DSC_9181

最後はデザート&珈琲で締め括る予定でしたが時間が押してここで終了、慌ただしいランチとなりましたが美味しいステーキを堪能しました。

DSC_9185

普段利用するシーンの少ない高級ホテルですが落ち着いた雰囲気&丁寧な接客は良いですね、他にもレストランがありますので順番に訪れたいと思います^^

(お店の情報)
嘉門 (かもん)
03-3539-8116

同僚と宵呑みに伺ったのは東大井の「銭場精肉店」さん、大井町駅から至近距離、青物横丁駅からも歩ける距離にある溶岩焼きの店舗さん、後輩が予約を取ってくれました。

DSC_8360-b

名前からはコテコテの居酒屋風焼肉店を想像していたのですが、店内はかなりお洒落、スタッフさんも全員洗練された方ばかり、店内に煙が立ち込めることも皆無です。

DSC_8364

生ビールで乾杯後、五月雨式に肉とアテを注文します。肉は基本的にスタッフさんが焼いてくださいます。タレは塩・わさび・醤油・ポン酢が用意されており、部位別にお薦めを教えてくれます。

DSC_8369
DSC_8372
DSC_8368

タン(上&ネギ)は厚み違いが2種、薄い方はサッと焼いてネギ塩で、上タンはじっくり焼いてレモンを絞り、塩で頂きました。どちらも美味しいですね、個人的には厚みある方が好みでした。

DSC_8376
DSC_8384
DSC_8373
DSC_8389

小豆島玉ねぎ、大きなサイズをじっくり溶岩プレートで焼き上げます。塩で頂きましたが、甘みがしっかり出て良いアテになりました。アンチョビポテトフライ、アンチョビの味が濃厚に効いてビールに合う味わいでした。

DSC_8382
DSC_8392
DSC_8393
DSC_8397
DSC_8409

8種盛り合わせ、部位違い&豚肉が綺麗に盛り付けられています。焼き加減・タレをスタッフさんに指示頂いてどれも美味しく頂きました。〆は黒毛和牛ハンバーグ、手捏ねの100%和牛は肉肉しい味わい、オリジナルの自家製オニオンソースも絶品でした!!

DSC_8402
DSC_8411
DSC_8400
DSC_8405

煙がもうもうと立ち込める炭火焼肉もいいですが、じっくり色んな部位を食べ比べできる溶岩焼き、お洒落な雰囲気&気遣い抜群のスタッフさんが世話を焼いてくださる当店もお勧めです^^

(お店の情報)
銭場精肉店
03-6712-1129

今日は少し足を伸ばして以前よりBMしていた「中華そば とん兵衛」さんにやって来ました。西新宿五丁目駅から徒歩6~7分の立地、大きなビルが立ち並ぶ裏通り、当店の一角だけ昭和の風情が残っていました。

DSC_8356
DSC_8330

オープン少し前に入店、お母さんがのんびりTVを見ておられました。店内も激渋ですね、経年で物が少し増えすぎた感ありますが、小物たちもいい味を醸し出しています。

DSC_8335
DSC_8334

注文は「焼きそば(450円)」、お母さんが厨房でフライパンを振ってくださいます。待つこと6~7分で着皿、青のりと色鮮やかな紅しょうがものっています。

DSC_8347

麺は細めんでもっちりした食感、家庭的で素朴な味わい、ソース辛さは全くありません。おかずにもアテにもなる素晴らしい味わいでした。

(。-ω-)ノll
DSC_8348

店名にある中華そばは現在供されていません、この焼きそばをアテに宵呑み訪問がベストかと思われます^^

(お店の情報)
中華そば とん兵衛
03-3376-7781

↑このページのトップヘ