@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 東京都

外観が素晴らしい神田の「栄屋ミルクホール」さん、周りはビルの多い立地ですが当店の一角だけは時間の流れが止まったままの印象です。コカ・コーラ看板&白暖簾が当店の特徴ですが惚れ惚れするバランスの良さですね^^

DSC_5609

店内もテーブルと丸いすだけのシンプルな構成、昭和食堂さんに有りがちな雑多感は皆無、白い壁にはメニューボード&メニュー札が掛かっています。

DSC_5613

注文はラーメン(650円)とおにぎり(120円)、待つこと6~7分でやって来ました。ラーメンは鶏ガラ醤油スープ、野菜と昆布出汁も入っているそうです。昔ながらのあっさりした味わい、食堂系ラーメンですね。

DSC_5622
DSC_5625

麺は中細ストレート、デフォで若干軟いでしょうか。しっかりした歯応えのチャーシューは中サイズ、シナチクは太めで存在感有り、白ネギと小松菜もありました。今風のラーメンではありませんが、鶏ガラの旨さをしっかり味わえます!!

(。-ω-)ノll
DSC_5632

おにぎりは大きめですね、海苔はご飯を挟んで端をそのまま上に向けています。具材は鮭のほぐし身、シンプルながら味わい深いおにぎり、鶏ガラ醤油ラーメンに合います。お新香も二切れ付いていました!

DSC_5620

創業は昭和20年、終戦直後ですね。店名のミルクホールは牛乳を飲ませるお店だったことに由来するそうです。都内の昭和食堂・大衆食堂さんの中でも外観・内観のバランス良さはトップクラス、店主さんもまだお若いので平成の次も安泰でしょう(*^^*)

(お店の情報)
栄屋ミルクホール 
03-3252-1068

今日は午後からウェスティンホテルで打ち合わせ、丁度お昼時に恵比寿駅に到着しましたので以前よりBMしていた「こづち」さんでランチを頂きましょう。大きな文字でめし処...青暖簾&赤提灯もいい雰囲気です^^

DSC_5570

12時50分頃ですが満員御礼状態、回転率は割と良いので5分程まって席に着けました。カウンター席オンリー、隣とは肩が触れ合う距離感、それほど手を伸ばさなくても隣のおかずを突付けますね^^;

DSC_5572-b
DSC_5578-b

注文はとんかつ定食(850円)、調理場は6名で運用されています、業務分担がきちんと出来ているようで繁忙時間帯でも10分かからずにやって来ました...うーん、どんぶり飯ですね^^;

DSC_5580

とんかつは強めに揚がっており、ころもはきつね色、ロース肉は脂身少なく健康的な味わいです。サイズは大きめですが厚みはそれほどありません、練辛子と机上のソースで最後まで美味しく頂きました。

DSC_5583

13時を過ぎてもどんどんお客さん来られますね、退店時には6~7名並ばれていました。昔ながらの大衆食堂さんでここまで繁盛されているのは素晴らしいです、恵比寿に来た時は再訪して色々なメニューを頂きましょう^^

(お店の情報)
こづち
03-3444-3763

近隣の打ち合わせが早く済んだので以前よりBMしていた高円寺南の「七面鳥」さんまで移動、開店時間丁度に入店できました!。素敵な昭和中華の外観ですね、お約束のコカ・コーラ電灯看板とメニューボードが輝いています^^;

DSC_5021
DSC_5024

店内は白木風のコの字型カウンターとテーブル席、綺麗なカウンターは後年にリニューアルされていると思いますが、赤テーブルとパイプ椅子は当時のままでしょう。一番乗りかと思いきやカウンターでビールを嗜む先客さんがおられました^^;

-b
DSC_5026

注文は「焼飯(580円)」と「餃子(380円)」、厨房で高齢の大将が勢い良く中華鍋を振ってくださいます。強力な火力とシャカシャカ音は期待出来ますね、7~8分程度で完成、中華スープと一緒に持ってきてくださいます。

DSC_5031
DSC_5035

楕円形にこんもり盛られた焼飯、適度にパラパラで脂っぽさはありません。具材は卵・豚肉片・青葱とシンプル、炒飯ではなく焼飯の表示が似合う昔ながらの美味しい逸品です。中華スープは見た目よりかなり濃厚、鶏ガラの旨味がしっかり出ています。

DSC_5038

暫くして餃子の登場、しっかり焦げ目の付いた焼き仕様です。皮は適度に厚く、中の具材はキャベツメインであっさり仕上げ。焼き立てなので一口目は口内火傷注意です^^; たっぷりラー油を効かせたタレで最後まで美味しく頂きました。

DSC_5042

創業57年の歴史を誇る昭和中華の七面鳥さん、大将は高齢ですが息子さんが跡を継がれるようですね、平成の次も長く楽しめそうです^^

(お店の情報)
七面鳥
03-3311-5027

職場の同僚と宵呑みにやって来たのは営業所から至近の「旬鮮酒場 天狗」さん、通勤駅までの経路上にあるらしく後輩はちょくちょく利用しているようです。

DSC_4996

ビルの階段を降りていくと間口の広い外観が見えてきます、中もかなり広いですね。区切りのある小上がりもあり宴会利用も良さげです。

DSC_4999

芋焼酎で乾杯、アテを軽めに頼んで宵呑みの開始です。まずは彩り豊かなサラダの登場、2~3人前というだけあり量は多め、後輩はサラダを一番に食べるようにしているようです^^;

DSC_5001
DSC_5003

ごぼうチップは薄く切って揚げています、軽い食感でいいつまみになりますがもう少し厚いほうがいいかもです。串盛りは4種、サイズ大きめで食べ応えあります、この中では皮が一番良かったです。

DSC_5006
DSC_5009

海老唐揚げは想像より大きなサイズ、小エビじゃないですね。海外産かと思いますが旨味もしっかりでした。餃子は中サイズが5個、中身はしっかり詰まっていましたが特徴はそれほどありません。

DSC_5011
DSC_5013

だし巻きはボリュームあるサイズ、切れ目ないので箸で切って頂きます。自然な卵の甘みがあり美味しかったです。ホルモン炒め、しっかり野菜ありますが肉は少なめ、辛めの味付けは白ご飯が欲しくなります^^;

DSC_5015
DSC_5018

火曜日で広い店内は閑散としていましたがゆったり過ごす事が出来ました。外人スタッフさんの接客も良くちょい呑みには良い居酒屋さんですね!!

(お店の情報)
旬鮮酒場 天狗 浜松町南口店
03-3431-6250

今日は午後一で新宿の取引さんと打ち合わせ、近隣で美味しいラーメンを探すと「しろ八」さんがヒット、12時20分と微妙な時間帯でしたが入れ替わりで待つことなく席に付けました!

DSC_4995

鍵の字型カウンターだけのこじんまりした店内、入り口横の券売機で発券し席に着いてから食券を手渡します。男性お二人での切り盛り、お二方ともそこそこの年代で落ち着いた雰囲気をお持ちです!

DSC_4983

注文は「追鰹醤油ラーメン(730円)」、待つこと7~8分で着丼、赤い模様が非対称に入ったお洒落な丼です。スープは鶏ガラ醤油ベースに野菜の甘みと節が加わった独特の味わい、見た目よりすっきり感ありますが奥深さが感じられます。

DSC_4987

麺は中太ストレート、シャキッとした食感が印象的なツルツル麺、西日本ではあまり見かけない仕様です。チャーシューは横長で脂のバランスいいタイプが一枚、適度に濃厚で美味しいです。期間限定の青菜は小松菜を品種改良した江戸菜、シャキシャキ食感もありすっきりスープに合っていました。

DSC_4992

レベルの高いオリジナルスープの美味しいラーメン、都内のラーメンはやはり一味違いますね、ご馳走様でした^^

(お店の情報)
しろ八 (しろはち)
03-3341-0207

↑このページのトップヘ