@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 蕎麦

風の強い休日、今日は倉敷市児島のジーンズストリートまでやって来ました。ジーンズ好きな方が多数いらっしゃいますね、最近は海外の方も沢山見掛けるようになりました。まだ綺麗な外観、端正な佇まいは蕎麦屋さんの風情を醸し出しています。

DSCF1569

店内は奥に長い構造、丁度お昼時で賑わっています。入り口横の座敷席が空いていましたので上がらせて頂きます。

DSCF1583-b
DSCF1570

注文は「天ぷらざるそば(1050円)」、待つこと10分少々で配膳、蕎麦には刻み海苔、つけ汁には山葵・うずら卵・白ごま・青ネギが付いています。

DSCF1572

蕎麦は細身で綺麗に切り揃えられています、色は褐色ですね、江戸更科系ではありません。しっとり食感ですが喉越しの良い仕上がり、モッチリ感もあります。つけ汁はかなり甘め、味醂系の味わいです。

DSCF1575

天ぷらはカラッと揚がっており、軽めの仕上がり。海老・インゲン・人参・玉ねぎ・舞茸、サクサク食感で美味しく頂きました。

DSCF1581

ジーンズストリート近隣はそれほど飲食店多くありません、蕎麦を食べたくなったら池本さん一択でしょう!!

(お店の情報)
池本
086-472-2418

冬もそこまで来ていますね、晩秋が好きな私はベストシーズン、食欲も一番旺盛な時節です^^; 今日は新蕎麦を頂きましょう。和風家屋や紅葉した庭園が見事な「トラットリア自家製蕎麦 武野屋」さん、店名からも分かるように蕎麦とイタリア料理を融合させたメニューも豊富にラインナップされています。

DSCF2381
DSCF2380
DSCF2382-v
DSCF2383

店内もお洒落ですね、外観同様かなり凝った造り、オシャレな快適空間を創造されていますのでカップル・女性客が大半です。個室もあるそうなので、夜の会食にも使えます。

DSCF2389
DSCF2387

注文は「天ぷらせいろ(1380円)」、トマトソースやカルボナーラ蕎麦等、当店ならではのメニューもありましたがここは王道メニューで攻めましょう。

DSCF2400

蕎麦は自家製、挽きたて・打ちたて・茹でたての”3たて”に拘られているとのこと、蕎麦は細身ながらコシが強く、色味も濃い仕上がり、風味を良好で食感的には田舎そばを彷彿とさせます。
DSCF2402

天ぷらは揚げたて、ころもが薄くサクサク食感、蕎麦に合った仕上がりになっています。蕎麦湯は器での提供、熱々の内につけ汁を混ぜて頂きます、とろみ少なくあっさりタイプでした。

DSCF2400
DSCF2405

食後にはアイスクリーム&和菓子・お茶を頂きながら暫しまったり...立地と外観&内観の豪華さからすると価格は頑張られていると思います。

DSCF2407
DSCF2410

次回は変わり種のカルボナーラ蕎麦を頂きましょう^^

(お店の情報)
トラットリア自家製蕎麦 武野屋
050-5594-0864

二次会で訪れたのは西川沿いビルの5階にある「コンパス(Compass)」さん、蕎麦が食べられるBarと言うことで以前からBM、同僚と二人で伺ってきました。シックな電光灯が迎えてくれます。

DSC_2163

店内はカウンターと奥にテーブル席、オシャレなダイニングバーのイメージです。西川沿いなので窓の外には素敵な景色が広がります。

DSC_2147-b
DSC_2148

まずは芋焼酎ロックを原木しいたけフライをアテに頂きます。同僚と他愛のない話で盛り上がりながら酔いを増していきます。しいたけフライはシンプルに塩で頂きます、カラッと揚がって美味しいです。

DSC_2150
DSC_2154

マッカランのロックに切り替えます、シングルモルトのスコッチウイスキー、氷の溶け具合を見ながら楽しみます、ストレートな味わいはやはりロックが一番ですね。

DSC_2157
DSC_2152

〆蕎麦はシンプルにざるそばにしましょう、他に鴨南・カレー蕎麦もありました。蕎麦は内山下の真金堂さんのものでした、日々取り寄せられているのでしょう!

DSC_2159
DSC_2161

しっかり氷水で締められたざるそばは備前焼の器で登場、シャキッとした歯応え、ひんやりした喉越しは最高です、濃い目の出汁で最後まで美味しく頂きました...〆蕎麦って良いですね(・∀・)

(お店の情報)
コンパス (Compass)
086-232-0330

飛騨蕎麦を食べに連れて来てもらいました! 高山市からは少し距離がありますね、某観光地内の蕎麦屋さんです。建物は真新しく近隣の景観に溶け込む塗装を施されています。

DSC00777

店内は鍵の字型カウンターのみ、お客さんは全て観光客ですね。忙しい時間帯に突入しますので間を開けず詰めて座ります。

DSC00767-b

注文は「もりそばセット(1050円)」、大きな釜で大将が手早く茹でてくださいます。待つこと10分少々で配膳、蕎麦の他に舞茸ご飯と香の物が付いています。

DSC00773

そばは少し色が付いていますね、星も散見、殻曳きでしょうか。水分をたっぷり含んで瑞々しい食感、喉越しも良いです。つけ汁はあっさりタイプで西日本仕様に近い印象でした。舞茸ご飯は想定より軟らかい印象、舞茸風味はそれほど強くなく癖のない味わいでした。

DSC00771
DSC00776

食後にはそば湯を頂きながらしばしまったり...秋風を少し楽しんでから移動しましょう!!

(お店の情報)
手打ちそば処 乃むら (てうちそばどころ のむら)
05769-6-1508

朝晩は秋の気配をしっかり感じられるようになってきましたね、今日は美味しいお蕎麦を食べに「カレー工房 かどや」さんにやって来ました! カレー屋さんで蕎麦喰い...今までは奥様がカレーを提供されていましたがこの7月より週二日(金曜日・土曜日)、ご主人が蕎麦を打たれるようになりました。

DSC00364

店内はカレー時代と変わっていませんね、大きなテーブル2つで10席、ギャラリーもされていますのでオシャレな空間を創造されています。

DSC00347
DSC00346

注文は蕎麦(600円)とあなごめし(200円)、待つこと10分少々でやって来ました。綺麗な細身のそばですね、あなごめしには南瓜煮も付いています!!

DSC00355

今日は常陸産そば粉、いつもより太めに仕上げていますとのことですが、なかなか細身でこの時期にしては風味もそれなりに感じられます。喉越しも良く、鰹風味の少し濃い目のつけ汁との相性もバッチリです。

DSC00350
DSC00362

しっかり穴子風味がでた炊き込みごはんは秀逸な出来栄え、量は少なめですが蕎麦補完としては申し分ないでしょう。繊細で上品な味わいの南瓜と一緒に美味しく頂きました。

DSC00358

自ら勉強し色々食べ歩きされたご主人の腕前はかなりの本格派、そば粉は暫く色々試されるようで日々変化されるそうです。また訪れて違う味の蕎麦を堪能したいと思います^^

(お店の情報)
カレー工房 かどや (カレーコウボウ カドヤ)
086-251-2002

↑このページのトップヘ