@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: カレー

お盆休みに突入...と言ってもカレンダー通りですが^^; 鈍った身体にスパイスを注入すべく訪れたのは中庄の「アラティ」さん、旧二号線より一本北を走る幹線道沿い、倉敷では評判の高いインドカレー屋さんです。

DSC_0195

11時30分頃の訪問、入客3割程度でしたがその後すぐに満席に...お盆の外食はやはり混み合いますね!!

DSC_0197

注文はランチBセット(950円)を注文、飲み物はフリードリンクになっていますのでサラダと一緒にラッシーを頂きます。若干薄めのラッシーですがさっぱりした味わいは食前ドリンクにもなります。

DSC_0202

暫くしてメインの登場、カレー2種・ナン・ライス・パパド・チキンティッカの構成、ナンは厚みがありもっちり食感、お腹の中で膨らみます。チキンティッカは香ばしい味わい、この味付けはインド料理ならでは!、是非習得したいです。

DSC_0206
DSC_0216

カレーは選択性、夏野菜とチキンのカレー&ポークカレー、辛さは今回激辛でお願いしました。辛さはそれほど強くありませんがスパイスはしっかり効いています、食べ終わる頃にはじんわり汗が滲んできました^^;

DSC_0210
DSC_0213
DSC_0218

食後には温かいチャイを頂きながらしばし待ったり...お腹がいい感じに膨らみましたのでもう少しのんびりして行きましょう(・∀・)

(お店の情報)
アラティ (ARATI)
086-463-2899

アスファルトから立ち上る熱気を身体全体で受け止めながらランチにやって来たのは磨屋町の「ビストロコペン」さん、洋食では有名な店舗さんです。ビルの一階ですが入り口が奥まっているので通りすがりで入店するのは難しいでしょう。

DSC_9881

店内は静かで落ち着いた雰囲気、手狭ですが却って居心地いい空間を演出します。お一人様でしたがテーブル席に案内されました。

DSC_9874-b

注文は平日限定メニュー「牛タンカレー(890円)」、最初に冷製スープとサラダが運ばれてきます。冷たいコーンスープ、この時期は嬉しいですね^^

DSC_9870

暫くして牛タンカレー登場、牛タンは四角い形状で入っています。ルーは標準的な日式タイプ、しっかり煮込まれて奥深い味わいですがスパイスはそれほどでもありません。

DSC_9877
DSC_9878

牛タンは一口サイズ、濃厚な味わいはタンならでは!ですね。煮込まれたルーと渾然一体になって食欲が湧きます、盛夏の時節でも最後まで美味しく頂けました^^

(お店の情報)
ビストロコペン
050-5890-3602

7月になって暑さも次元がアップしましたね、35℃近い気温の中をランチに訪れたのは北区蕃山町の「グリル森」さん、昼に美味しいカレーを供されると聞いて早速訪問、入り口は間口が狭く一瞬通り過ぎてしまいました^^;

DSC_9458
DSC_9457

扉を2つ潜って店内に...手前がテーブル席、奥がカウンターと厨房、狭いながらも居心地のいい空間を創造されています。お一人様なのでカウンター席の端っこに着きます。

DSC_9445

今日のカレーは「夏野菜とチキンのタイココナッツカレー(900円)」、まず最初にサラダがやって来ます。量はそれほど多くありませんが色味の良い配置、シェフのセンスを感じます!

DSC_9443

暫くしてココナッツカレー登場、ココナッツミルクの淡い色合いのルゥに鮮やかなししとうの緑が映えます^^; 甘みの中にスパイスをしっかり感じルゥ、チキンは塊が幾つか入っており食べ応えあります。

DSC_9450

チキンの皮は別にころもを付けて揚げてあり香ばしい味わい、味にアクセント与えています。夏野菜も各種入っており最後まで美味しく頂きました。

DSC_9455

夏バテしやすい時節ですが夏野菜とスパイスをしっかり摂って午後からもしっかり動きます...( ˘ω˘ )ボ~

(お店の情報)
グリル森
086-224-4915

気温35℃近辺まで上昇の岡山市内、鈍った身体に喝を入れるべくカレーを頂きにやって来ました。磨屋町の「アララカリー (ALARA CURRY)」さん、この4月にオープンされた店舗さん、以前はモツ鍋の一角さん、その前は中華そばときさん、その前はお弁当屋さん?...短期間でお店が変わる物件です^^;

DSC_9395-b

店内は一角さん時代から変わらずカウンター席オンリー、かなり狭い内観ですが不思議と居心地の良さを感じます。メニューはカレー3種にトッピングとビール等々、メニュー限定で営業されています!

DSC_9384
DSC_9394

注文はビーフとポークのあいがけ(1000円)、待つこと5分程度で着皿、ライスの前がポークカレーで周辺がビーフカレーの盛り付けになっています。

DSC_9385

ポークカレーは円やかさの中に豚肉の濃厚さとバルサミコの深みが感じられます、最初赤ワインの風味を強く感じたのですが、バルサミ酢の酸味と甘さでした。周辺のビーフカレーは和牛のすじ肉を煮込んでおり上品さのなかにビーフの旨味が溶け込んだ味わい、ポークと交互に味わうとその違いをしっかり楽しめました^^

DSC_9393

辛さは5段階、今回は中間の3辛でお願いしましたがバランスの取れた辛さですね、辛さに強い方は5辛でも全然大丈夫でしょう。オリジナルの日式カレーですが味に深みと幅があります、足し算した各種素材が高次元で調和、店主さんのセンスの良さを感じさせる美味しいカレーライスです^^

(お店の情報)
アララカリー (ALARA CURRY)
電話:不明

雨の中を休日ランチに訪れたのは備前市香登本の「ギャラリーしょうざん」さん、備前焼を展示販売されるギャラリーになりますが、その一角のカフェでご当地カレー「備前カレー」を頂けます。

DSC_9325

入り口を入ると沢山の備前焼が出迎えてくれます、土の芸術と呼ばれる備前焼、派手さはありませんが実用的で飽きがこないのが特徴であります。

DSC_9326
DSC_9330
DSC_9360

入り口左手側のカフェスペースに入りフルーツカレーを注文、待つこと10分少々で配膳。備前焼の楕円器で登場、白桃が2片上部にのっています^^;

DSC_9348
DSC_9341

ルーはネットリ感がある濃厚なタイプ、じゃがいもかと思いきやルーの中にも白桃が原型を留めて入っています。辛さはほとんどなく白桃の甘みがルーにも混ざり合っています。牛肉も入っており煮込まれたもも肉の美味しさを堪能しました。量は少なめ、男性には少し物足りないかな。

DSC_9354
DSC_9366

食後にはアイスクリームと珈琲を頂きながら暫しまったり...その後は備前焼の作品を眺めながら休日の午後をのんびり過ごしました^^

(お店の情報)
ギャラリーしょうざん
0869-66-7000

↑このページのトップヘ