@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 岡山県

秋梅雨が続く10月中旬、雨の間隙を突いてランチにお邪魔したのはセルフうどん「楽や」さん、今年の5月に中区湊から新築移転されました。住居兼用を思わせるしっかりした外観ですね。

DSC_1644-b

暖簾を潜るとお盆・角皿がありセルフレーンが始まります、最初に天ぷら・おにぎりコーナーがあり、その後レジ前でうどん種を告げます。レジ前で一旦停止、うどんが来たら会計を済ませ出汁を注ぐ順番になります。

DSC_1647
DSC_1650

今日はかけうどん 中(280円)・海老かき揚げ(150円)・いなり寿司(100円)の選択、ワンコインを僅かにオーバーです^^;

DSC_1653

出汁は鰹ベースで薄色ながらしっかりした味わい、麺は中サイズで綺麗な手打ち、コシはそこそこでモッチリ感はそれほどなく喉越し良い仕様になっています。薬味に出汁後の刻み昆布があるのは嬉しいですね。

DSC_1655
(。-ω-)ノll
DSC_1661-b

海老かき揚げ、小さめのガラエビですが海老の旨味がぎっしり詰まっています、カラッと強めに揚がっているのも嬉しいですね、香ばしい味わいを堪能できます。いなり寿司は少しこぶりなタイプ、揚げはすっきりした味わい、もう少し濃い目の味付けが好みです。

DSC_1657

美味しい出汁を飲み干して暫しまったり...毎日頂くならやはりラーメンよりうどんを選びます!!

(お店の情報)
楽や
086-277-7499

雨が降り続く10月中盤戦、最近人知れず閉店されるお店が増えてきました、お目当てのお店もしっかり閉店、ランチ難民になるところを中華料理「せい華」さんに救っていただきました。近隣には大箱の中華料理屋さんが他に二軒、中華激戦区であります。

DSC_1629

店内は昔ながらの中華料理屋さんの装飾、テーブル席オンリーなのでお一人様でも4人掛けテーブルに案内されました。

DSC_1631

注文はランチセットから「台湾ラーメン」と「台湾炒飯」を選択(780円)、ラーメン4種・炒飯3種なので12通りの組み合わせになります。待つこと6~7分で台湾ラーメン登場、少し遅れて炒飯もやって来ました。

DSC_1635

台湾ラーメンでは珍しい豚骨スープ、若干鶏ガラ醤油の風味も感じました。麺はツルツルの縮れ麺、コシはそれなりで喉越しの良いタイプ、ひき肉はそれほど多くなく逆に唐辛子はたっぷり^^; マイルドな豚骨スープなので台湾ラーメン本来のパンチは薄くなっています。

(。-ω-)ノll
DSC_1642

台湾炒飯、聞きなれない名称ですね、何を持って台湾炒飯なのか、定義は不明ですが、強力な火力で炒められた炒飯は若干しっとりながら中々の出来栄えです。

DSC_1639

具材はハム・卵・玉ねぎ・葱とシンプルながら塩加減が絶妙、ラーメンより炒飯の方がかなり好みの味わい、量もしっかり一人前ありますのでコスパ良好なセットですね^^

(お店の情報)
本格中華料理 せい華
086-261-2706

今日も朝からシトシト秋雨が...週間天気予報をみると何と一週間雨予報Σ(・口・) 甲羅干しを楽しみにしていたのですが仕方ありません、気を取り直して美味しいランチを食べにいきましょう。自宅からもほど近い「レチターレ・グレ」さん、以前は韓国料理のお店でした。

DSC_1626

内観は以前のお店からかなり変わっていますね、仕切りを取っ払いワンフロアーに、中央部にオシャレな棚が設置されています。

DSCF1475

注文は「メンチカツ定食(980円)」、待つこと10分弱で登場、定食ですがしっかりメインプレートは洋食の盛り付けになっています。スープじゃなく味噌汁なのが個人的には嬉しいです^^;

DSCF1477

メンチカツはオリジナルのデミグラスソースがしっかり掛かっています、濃厚な味わいでこのソースだけで御飯が美味しく頂けます。中は熱々ジューシー、肉汁が滴る美味しいミンチカツでした。茶碗は深さがあり見た目より量があります、味噌汁も出汁がしっかり取られていました。

DSCF1480

しっかり作られた洋食定食、デミグラスソース美味しいので次回はハンバーグを頂きに訪れましょう^^

(お店の情報)
レチターレ・グレ
086-246-7258

秋雨前線活性化、今日も朝から雨模様...時間の押した週末ランチに訪れたのは大野辻交差点にある「ジョリーパスタ」さん、会社からも比較的近い店舗さんですが今回初訪問です。

DSC_1624

店内はかなり広いですね、テーブル数がかなり多いので大人数でお邪魔しても大丈夫でしょう。12時過ぎると近隣のビジネスマンが沢山来られていました。

DSC_1614

注文は日替わりの「牛肉と野菜マリネの和風醤油ソースパスタ(626円)」、スープバーが無料で着きますのでコンソメスープを入れて待機状態、待つこと7~8分でやって来ました。

DSC_1617
DSC_1623

醤油ソースなので乾麺パスタが良い色に染まってます、見るからに和風ですね^^; 上には牛肉と野菜マリネがのっています、醤油は想像以上にしっかり効いて且つストレートな味わい、食べ進む内に白ご飯が欲しくなりました^^;

(お店の情報)
ジョリーパスタ 大野辻店
086-244-4890

友人と秋を味わいに訪れたのは天神町の「懐石 昇一楼」さん、京都で修行された大将が地元に戻られ出店、既に19年の歴史を誇られます。提灯の明かりに浮かび上がる外観は凛とした佇まいを感じさせます。

PA120464

店内はカウンターと個室に分かれます。二人と少人数なので茶室のある和室を確保くださいました。入り口側に床の間ありますが上座はやはり奥の席になるそうです。

PA120466

グラスビールで乾杯、秋の旬が次々と登場です。木の実吹寄せ、栗・銀杏・無花果・零余子・松の実・ずんだ・稲穂...実りの秋を素晴らしい細工で味わえます。栗は渋皮煮、外のイガイガは素麺細工ですので全て頂けます^^ 椀物にはしっかり松茸が入っていますね、鱧身との調和が素晴らしいです。

PA120475
PA120481

造りは鯛・鰆・ツバス、秋の鰆はしっかり身が締まって春とは違う味わいでした。焼き物、こちらにもしっかり松茸が入っています、岡山県新見市で収穫された松茸、今年は豊作のようですね。すだちを絞って爽やかに海老と一緒に頂きました。

PA120489
PA120491
PA120479
PA120496

里芋葉の上には見事な一品の数々が並んでいます、特に繊細な味わいの鯖寿司が美味しかったです。

PA120500
PA120502
PA120504

大きな釜が登場、幼いころの実家にはかまど(竈)があり、薪でご飯を炊いていたことが懐かしく思い出されます。今日は松茸ご飯です、松茸出汁がしっかり出て、これぞ秋の味わいですね。お酒を頂いても松茸ご飯は別腹、しっかり二杯頂きました。

PA120509
PA120511
PA120513

甘味・抹茶・デザートで締めくくりです!! 昇一楼さんは季節の素材を創意工夫で供されています、旬を味わう...懐石料理の醍醐味ですね、季節毎に伺いたくなります!

PA120521
PA120524


(お店の情報)
懐石 昇一楼 (カイセキショウイチロウ)
086-212-1022

↑このページのトップヘ