@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: ラーメン・つけ麺

久々の天下一品さん、岡山県内では児島店さんが古くから営業されていますのでチェーン店の中では皆さん馴染みある店舗さんでしょう。

DSC_0270

12時頃の訪問で店内は待ち行列ありましたが、オペレーションがしっかりしているのでスムーズに注文&着席できました!! 店舗運営の仕組みはかなり高レベルだと思います。

DSC_0272

注文は「チャーハン定食(900円)」、注文は待っている間に聞き取りされます。席に着いてから約7~8分でやって来ました。ラーメンはこってりを選択です。

DSC_0275

スープは基本の鶏ガラに野菜を煮込んで濃度を増したもの、粘度高いですが脂っぽさないので完汁出来ます。麺は中細ストレート、デフォでいい塩梅の硬さ。薄いチャーシューとシナチク・青ネギの構成、スープがインパクトあるので具材の印象は希薄になります。

(。-ω-)ノll
DSC_0278

炒飯はハーフサイズ、しっとり系で多少脂っぽさを感じました。ラーメンのお供には丁度いいサイズですね!!

DSC_0277

初期のスープはもっと粘度高かったとおもいますが、それでも唯一無二のスープ、美味しく頂きました^^

(お店の情報)
天下一品 岡山西川原店
086-272-0101

お盆が近くなり臨休のお店が増えてきました!。お目当ての3店舗に振られて、最後に広松さんに救って頂きました。第一ターゲットを外すと動揺して後はヘロヘロになることが多いです^^;

DSC_0138-b

13時半で2割程度の入客でしたがその後も途切れることがありません、伝統の豚骨醤油ラーメンはやはり人気ありますね。

DSC_0137
DSC_0117

注文は「中華そば定食(830円)」、待つこと6~7分で配膳、中華そばの他に揚げ物(鶏から・揚げシュウマイ)と白ご飯の組み合わせです。

DSC_0121

スープは豚骨醤油、玉松さんを発祥とする松系仙系の店舗さんですが、その中でも一番濃く、今回は蜂蜜の甘さより辛味を感じました。麺は中細ストレート、デフォでいい塩梅の硬さ、薄めのチャーシューはホロホロ崩れる軟らかさでこれもかなり煮詰めた濃厚さを感じます。

(。-ω-)ノll
DSC_0129

ご飯は炊きたて、鶏から&焼賣も揚げたて熱々、ラーメン定食としてはかなり纏まり良い内容ですね。

DSC_0131

松系仙系の広松さんは3店舗体制、東古松の本店さんと南輝店さんとの食べ比べも面白いでしょう!!

(お店の情報)
岡山県玉野市東紅陽台2-19-238
086-371-0029

台風襲来のウィークデー、雨に濡れず入店できる「ばくだん屋」さんを訪れました。一番街地下駐車場に駐めれば徒歩1~2分でたどり着けます。広島市内のお店は何度か訪問していますが、一番街店は初訪問です。

DSC_0067

12時40分頃の訪問で満席、暫く待って大テーブルに案内されます。つけ麺で有名当店ですが、中華そばを食べられている方が大半です^^;

DSC_0083-b

注文は「広島つけ麺 大(957円)」、待つこと10分弱でやって来ました。辛さは10レベルなので胡麻が浮かんだつけ汁(唐辛子&ラー油ベース)は赤色に染まってます^^; 大サイズなので茹でキャベツ・青ネギ・きゅうりの量も多いですね。

DSC_0075

辛さ10は辛いものが得意な方には丁度いい塩梅でしょうか、麺・野菜の美味さを引き出しつつ辛味を楽しめます。麺はデフォで少し硬め、白ごまが絡んでツルツル喉を通ります。野菜もしっかり摂れるのが広島つけ麺の特徴ですね。チャーシューは薄い円形タイプが2枚、特徴のあるものではありません。

DSC_0077
(。-ω-)ノll
DSC_0082

一定の速度で完食、巷のつけ麺とは一線を画す広島つけ麺ですが定期的に食べたくなる味わいです^^

(お店の情報)
ばくだん屋 岡山一番街店
086-801-9222

久々の訪問は表町の「中華そば鶴将」さん、ダラけた身体に喝を入れるため、鶴将さんの豆板醤入り味噌ラーメンを頂きにやって来ました。かれこれ5~6年ぶり、外観はほとんど変わってないですね!

DSC_9953

店内はカウンターと小上がり席、以前は居酒屋さんだったと記憶しています。12時少し前、大将はカウンター席に座ってのんびりされてました^^;

DSC_9939

注文は「中華そば 味噌味(750円)」、豆板醤とレモンを入れて頂きました、この2つのオプションは無料で当然”なし”も選択可能です。待つこと6~7分で着丼、豆板醤入り味噌スープは赤く染まっていますがそれほど濃い味わいではありません。基本の鶏ガラ醤油に味噌ダレと豆板醤を投入されていますので、想像の範囲内の濃さです。

DSC_9942

麺は中細ストレート、デフォで少し軟いでしょうか。チャーシューはかなり大きく厚みのあるものが一枚、何処の部位か判別不能ですが歯応えはさほどなく、合成肉を思わせる要素もあります。他の具材はゆで卵・シナチク・もやし・青ネギ・レモンスライスです。

(。-ω-)ノll
DSC_9950

今風の洗練されたラーメンではありませんが、ガッツリご飯と一緒に頂くには最良かもしれませんね!!

(お店の情報)
中華そば鶴将
086-234-8045

打ち合わせが長引き、遅いランチに訪れたのは谷万成の「すわき後楽中華そば 一宮店」さん。此方のお店は初訪問、すわきさんの中ではかなり新しい外観ですね。

DSC_9809

店内はカウンターとテーブル席、それほど席数は多くありません。13時30分頃の訪問でしたが、来店は途切れず続いていました。

DSC_9792-b

注文は「醤油ラーメン+セット餃子(1030円)」、単品の組み合わせとそれほど価格差ありません。待つこと6~7分で配膳、ラーメン定食の基本構成ですね^^;

DSC_9798

スープは醤油とんこつで癖のない味わい、ガツンとくる味ではありませんが岡山県人だと一番馴染んだスープでしょう。麺は中細ストレート、デフォで極わずかに軟らか目、チャーシューは脂身の少ない仕様が2枚、他の具材はシナチク・青ネギです。

(。-ω-)ノll
DSC_9804

餃子は皮が薄く全体的に軟らか食感、サイズも西日本でよく見かける一口サイズ、具材もそれほど多くありません。関東のムッチリでパンっと張った餃子が個人的には好みであります。

DSC_9801

今流行の洗練された中華そばではありませんが、幼い頃から食べ慣れた味は安定感あります^^

(お店の情報)
すわき後楽中華そば 一宮店
086-238-0141

↑このページのトップヘ