@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: ラーメン・つけ麺

久々のダントツさん、移転されて初訪問、茹でもやしが苦手なので中々足が遠のいていましたがマイレビさんの混ぜラーメンをみて足を運びました。ラーメン店3軒並びの珍しい光景だったんですが...豚肉麵 高はしさんの看板がなくなってますね Σ(・口・)

DSC_5933
DSC_5912

開店して10分ですが満席&待ちが6人、まぁ人気店なのでこれくらいなら仕方ないでしょうね。券売機で購入し、後ろの待ち椅子に座ってのんびりです。

DSC_5914
DSC_5932-b
DSC_5921

入店後15分で席に着け、着丼は20分後でした。なかなかダイナミックな風貌ですね、厚みのある円形チャーシュー・角切りチャーシュー・大蒜チップ・もやしで麺が全然見えません^^;

DSC_5923

麺は太麺で150g、タレは脂と醤油でバランスの良い仕上がり、黒胡椒を振ると大蒜チップの辛さが活きて絶妙な味わいになりますね。円形チャーシューは脂バランスが良く、角切りチャーシューは濃い目の味わいでどちらも美味しく頂きました^^

(。-ω-)ノll
DSC_5926-b

退店する12時過ぎには待ちが20名前後...ダントツファンの方々は足繁く通われるのでしょうね!!

(お店の情報)
ダントツラーメン 岡山一番店
086-222-2202

小学校の遠足で訪れて以来の池田動物園さん、数十年ぶりに動物たちを観にやって来ました。京山の斜面を切り開いて檻を設置した珍しい構造の動物園、気温がかなり低い休日...南国の動物たちは動きが止まっていましたΣ(・口・)

DSCF2491-b
DSCF2493
DSCF2524

一通り見学しお腹も空いたので園内の「ものしり食堂」さんでランチを頂きましょう。売店と食堂は一つの建屋、レジで食券を購入し食堂の窓口でスタッフさんに手渡し、出来たら引き取りに伺うセルフ方式です。

DSCF2495
DSCF2568

注文は「いけだラーメン(560円)」「チャーハン(610円)」、待つこと10分少々で出来上がり、身体が冷えたのでラーメンから頂きましょう!!

DSCF2584

スープは鶏ガラ醤油、スッキリした味わい...何だか幼少期に頂いた記憶のあるスープです。麺は中細ストレート、デフォで少し軟いです。チャーシューは脂身のない歯応えの良いものが2枚、他の具材はシナチクと青ネギ...動物園名付いていますが、それほど特徴は感じませんでした。

DSCF2586
DSC_5749-b

チャーハンも以前頂いたことのある懐かし味わい、パラパラで癖のない味わいはラーメンと一緒に頂くのに最適ですね。量は多くないのでセットで丁度良いくらいでした^^

DSCF2589

池田動物園は元岡山藩主池田詮政氏のお孫さんが昭和28に開園されました。岡山市民にとても馴染みのある地元動物園、色々運営は大変なご様子ですが末永く続いて欲しいですね!!

(お店の情報)
ものしり食堂
086-252-2131

今日もしっかり寒いですが晴天の岡山県南、風がなくなれば気温上昇しそうですね!。温かいラーメンを頂きに八軒屋の彩華さんまでやって来ました、鍵の字構造の外観がお洒落ですね、ラーメン屋さんには見えません!

DSC_5567

店内も外観同様お洒落です、お一人様なのでカウンターに着きましたがbar名称付くだけあってウィスキーが出てきてもおかしくない洗練度です!!

DSC_5553

注文は「やさい塩らーめん(760円)」、待つこと6~7分で着丼、健康的なビジュアルですね。スープは塩出汁ベースですが野菜(白菜・人参・ニラ)の甘みが出てかなり優しい味わい、和風チックになっていました。

DSC_5555

麺は中細ストレート、良い意味でインスタント系の旨味が凝縮された味わい、デフォで若干軟いでしょうか。脂バランスの良い軟らかいチャーシュー2枚と野菜がしっかり入っていました。

(。-ω-)ノll
DSC_5560-b

真冬で白菜の甘味がしっかり出ているので、野菜鍋風ラーメンになっていますね、白ご飯と合いそうです、ご馳走様でした^^

(お店の情報)
ラーメン&food’s bar Saika (彩華)
086-427-0070

寒風を突いて同僚とランチに訪れたのは辰巳の餐休さん、当店と高柳店はサンエイフーズさんの運営、他の餐休さんとは経営が違うようですね! 自宅からも近いのですが数年ぶりの訪問です。

DSC_5511

以前はえびめしやさんが営業されていた建物を居抜きで使われています。テーブル配置は以前とほとんど変わらないような気がします。

DSC_5532-b
謎の文言...
DSC_5529

注文は支那そば(700円)とチャーシューまぜご飯(165円)、待つこと6~7分で着丼。定番の組み合わせでしっかり栄養補給です^^

DSC_5518

支那そばのスープは綺麗な鶏ガラ醤油、鶏油浮かんでいますが癖のないあっさり仕様です。麺は細麺ストレート、デフォで少し硬め、コシも適度にあります。チャーシューは歯応えの良い中サイズが2枚、肩ロースなので脂身は少ないです。他の具材はシナチクと青ネギになります。

DSC_5523-b

チャーシューまぜご飯、チャーシューはかなり細かいですね、片というよりミンチ状態、温かいご飯に混ぜ込んでちょっと独特なチャーシュー丼になっていました^^;

DSC_5520

大雲寺始祖店直系の泉田本店さん・江崎総本店さんとは微妙に違う伝統の支那そば、食べ比べも面白いですね!!

(お店の情報)
支那そば 餐休 辰巳店
086-244-3939

相変わらず激寒の岡山県南、ラーメン比率が急上昇中、今日も熱いスープで身体を温めましょう。児島では大人気の幸楽そばさん、お昼時はいつも行列が出来ている名店さんをやっとこさ訪問です^^
3軒長屋構造の真ん中、入り乱れた駐車になる構造、早い時間帯で伺うのが正解でしょうね。

DSC_5292

店内はカウンターと小上がり席、カウンター席は肩が触れ合う距離感、通路もかなり狭く横向きじゃないとすれ違えません、この狭さも老舗の風情を醸し出しています。

DSC_5280

注文は中華そば(550円)、厨房で女性スタッフさんが丁寧に作ってくださいます。待つこと5分程度で着丼、昔ながらのオーソドックスな豚骨醤油スープです。老舗の岡山ラーメン各店よりは薄めですが、豚骨と鶏ガラ醤油のバランスが良いですね、甘み・旨味がしっかり出ていますがクドさはまったくなく、高次元でバランスが取れています。臭み・エグミもない昔ながらの美味しいスープです(*^^*)

DSC_5283

麺は中細ストレート、デフォでいい塩梅の硬さ。チャーシューは若干薄めですが肩ロースを思わせる歯応えの良いもの、旨味もしっかりです。シナチクは甘辛仕上げ、青ネギも適量入っています。

(。-ω-)ノll
DSC_5288-b

昔ながらの甘みのある豚骨醤油スープはゴクゴク飲めますね、白飯やおにぎりにも合うでしょう、行列店なのも納得です!!

(お店の情報)
幸楽そば
086-474-3919

↑このページのトップヘ